ベルギー観光局ワロン地方

●ベルギー美術の流れ

時代 アーティスト/エリア 主な作品

ロマネスク
(11~12世紀)


  上智の座の聖母(彫刻)(トンゲレン)
 

サント・ジェルトリュード参事会教会 (ニヴェル)

  聖母大聖堂 〈2000年ユネスコ世界遺産登録〉(トゥルネー)
  ニコラ・ド・ヴェルダンの聖遺物箱(トゥルネー)
  ユゴー・ドワニーの宝物(ナミュール)
  フランドル伯の居城(ゲント)
  ルニエ・ド・ユイの洗礼盤〈聖バルトロマイ教会〉(リエージュ)
  聖母大聖堂内陣(トゥルネー)

ゴシック
(13~15世紀)

  市庁舎(ブリュッセル)
  市庁舎(ルーヴェン)
 

聖母大聖堂〈アントワープ )

ヤン・ファン・アイク Jan Van Eyck
(ゲント ?~1441年)
『神秘の子羊』(ゲント、聖バーフ大聖堂)
ロベール・カンパン Robert Campin
(ヴァランシエンヌ 1378年~トゥルネー 1444年)

『受胎告知』(ブリュッセル、ベルギー王立美術館)

ファン・デル・ウェイデン Van der Weyden
(トゥルネー1399年頃~ブリュッセル1464年)
『聖母子像』(トゥルネー美術館)
ペトルス・クリストゥス Petrus Christus
(ゲント近郊バールル1410年頃~ブルージュ1473年頃)
『ピエタ像』(ブリュッセル、ベルギー王立美術館)


北方ルネサンス

ディーリック・バウツ Dierick Bouts
(ハールレム1415年~ルーヴェン1475年)
『最後の晩餐』(ルーヴェン、聖ペトロ参事会教会)
ハンス・メムリンク Hans Memling
(セリゲンスタット1433年頃~ブルージュ1494年)
『聖女ウルスラの聖遺物箱』(ブルージュ、メムリンク美術館)
ファン・デル・フース Van der Goes
(ゲント?1440年頃~ブリュッセル近郊アウデルヘム1482年)
『聖母の死』(ブルージュ、グルーニング美術館)
ヘラルト・ダヴィット Gerard David
(オウデワーテル1460年頃~ブルージュ1523年)
『キリストの変容』(ブルージュ、聖母教会)

ルネサンス
(16世紀)
カンタン・マサイス Quentin Metsys
(ルーヴェン1466年頃~アントワープ1530年)
『聖女アンナの祭壇画』(ルーヴェン、聖ペトロ参事会教会)
ブリューゲル父 Bruegel
(ブレダ近郊?1525年~ブリュッセル1569年)
『イカロスの墜落』(ブリュッセル、ベルギー王立美術館)

バロック
(17世紀)
  鐘楼Beffroi 〈1999年ユネスコ世界遺産登録〉(モンス)
  グラン・プラス〈1998年ユネスコ世界遺産登録〉(ブルリュッセル)
ペトルス・パウルス・ルーベンス Petrus Paulus Rubens 
(シーヘン1577年~アントワープ1640年)
『キリスト降架』(アントワープ、聖母大聖堂)
ヤーコプ・ヨルダーンス Jacob Jordaens
(アントワープ1593年~アントワープ1678年)
『サテュロスと農民』
(ブリュッセル、ベルギー王立美術館)
アンソニー・ヴァン・ダイク Anthony Van Dyck
(アントワープ1599年~ロンドン1641年)
『十字架を担うキリスト』
(アントワープ、聖パウロ教会)
ヤン・ブリューゲル Jan Bruegel 
(ブリュッセル1568年~アントワープ1625年)
『花瓶の花』

18世紀以降
ピエール・ジョゼフ・ルドゥテ Pierre-Joseph Redouté
(サン・チュベール1759年~パリ1840年)
『薔薇図譜』
コンスタンタン・ムニエ Constantin Meunier
(エッテルベーク1831年~ブリュッセル1905年)
『ボリナージュのキャバレー』
フェリシアン・ロップス Felicien Rops
(ナミュール1833年~コルベイユ1898年)
『立った若い女』
(ナミュール、フェリシアン・ロップス美術館)
ジェイムズ・アンソール James Ensor
(オステンド1860年~オステンド1949年)
『仮面の中の自画像』
コンスタン・ペルメーク
Constant Permeke
(アントワープ1886年~オステンド1952年)
『煙草を吸う人』
ヴァン・ゴッホ Van Gogh
 (アントワープ、モンスに滞在)
 
象徴主義 フェルナン・クノップフ Fernand Khnopff 
(フレンベルヘン1858年~ブリュッセル1921年)
『愛撫』

アールヌーヴォー、アールデコ
ポール・アンカール Paul Hankar
(フラムリー1859年~ブリュッセル1901年)
『アンカール邸』
Demeure Hankar
『シャンベルラニ邸』
Demeure Ciamberlani
ヴィクトル・オルタ Victor Horta 
(ゲント1861年~ブリュッセル1947年)
『オルタ邸』Maison Horta
『ヴァン・エートヴェルド邸』
Hotel Van Eetvelde
『ソルヴェイ邸』Hotel Solvay
『タッセル邸』Maison Tassel (以上の4軒は2000年ユネスコ世界遺産登録)
漫画博物館
アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド Henri Van de Verde
(アントワープ1863年~チューリッヒ1957年)
『ヴァン・ド・ヴェルド邸』 Maison Van de Velde
『オトレ邸』(内装)Demeure Otlet
アノン邸 Hotel Hannon
コーシー邸
Maison Cauchie
サン・シール邸
Hotel Saint-Cyr
ストックレー邸
Maison Stocklet
旧オールドイングランド
Old England (楽器博物館)
旧ウィールマンス邸 Demeure Wielemans (アートメディア文化センター)

シュルレアリスム

ポール・デルヴォー
Paul Delvaux
 (ユイ近郊アンテイト1897年~ヴルヌ1994年)

『森の中の駅』
(シント・イデスバルド、ポール・デルヴォー美術館)

ルネ・マグリット
René Magritte 
(レシーヌ1898年~ブリュッセル1967年)

『光の帝国』(ブリュッセル、ベルギー王立美術館)
抽 象 ヴィクトル・セルヴランクス Victor Servranckx
(ディーヘム1897年~ヴィルヴォールド1965年)
『作品20』

ポスター、イラスト
ジャン・ミシェル・フォロン Jean-Michel Folon
(ブリュッセル1934年~2005年)
『白い鳥』(フォロン基金)
モダン・アート パナマレンコ Panamarenko
(アントワープ1940年~)

『ヴェルティ・ヴォルテックス』

[top]

ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia