ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方|アートと文化・シネマ・演劇・オペラ・バレエ・舞台

●劇場


ワロン地方

ワロン王立オペラ劇場 L'Opera Royal Wallonie

ベルギー観光局ワロン地方|シネマ・演劇・オペラ・バレエ・舞台 l ワロン王立オペラ劇場
(c)O.T.Liege
Marc Verpoorten
リエージュにある王立のオペラ劇場。
オペラ・演劇・コンサートなどが行われる。子供向けの演劇の上演もある。
Rue des Dominicains 1,B-4000 Liege
Tel : +32 (0)4 221 47 22 Fax : +32 (0)4 221 02 01
www.operaliege.be

ナミュール王立劇場 Theatre Royal de Namur

ベルギー観光局ワロン地方|シネマ・演劇・オペラ・バレエ・舞台|ナミュール王立劇場
(c)OPT_Joseph Jeanmart
1868年に建てられた歴史ある劇場。様々な公演が行われている。
ナミュール王立劇場の公演には劇場で行われるものだけでなく、教会でのコンサートやナミュールの城砦内の広場でのジンガロ・サーカスなどがある。
Place du Theatre 2、B-5000,Namur
Tel:+32 (0)81 25 61 61 Fax:+32 (0)81 25 61 60
http://www.theatredenamur.be

モンス王立劇場 Theatre Royal de Mons

1843年オープンした劇場。オペラやコンサート、演劇などが行われる。
劇場はネオクラシック様式の建築で、モンス出身の建築家シュリーによって建てられた。
2005年には入り口ロビーの改修、バーの拡張などが行われた。
1Grand-Place, B-7000 Mons  Tel: +32 (0)65/39.59.39


●コンクール

「アドルフ・サックス」国際サックスコンクール Le Concours International Adolphe Sax

開催地:ディナン
4年に1度開催されるサックスのコンクール。次回は2014年の予定。
http://sax.dinant.be


●映画

ダルデンヌ兄弟

ベルギー観光局ワロン地方|シネマ・演劇・オペラ・バレエ・舞台
カンヌ映画祭で2度のパルムドールを受賞した世界の名匠。
2008年11月来日。

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
Jean-Pierre & LucDARDENNE

兄のジャン=ピエールは1951年4月21日、弟のリュックは1954年3月10日にベルギーのリエージュ近郊で生まれる。当時のリエージュは工業地帯で、労働闘争のメッカでもあった。 その後ふたりはブリュッセルへ移り、土地整備や都市計画の問題を描くドキュメンタリー作品を制作し始める。75年にはドキュメンタリー制作会社「デリーヴDerive」を設立し、レジスタンス活動、ゼネスト、ポーランド移民といった、様々な題材のドキュメンタリー作品を作り続けた。 そして三作目の長編劇映画「イゴールの約束」で、彼らの名が世界中に広まることとなる。この作品はカンヌ国際映画祭国際芸術映画評論連盟賞をはじめ、多くの賞を獲得するなど絶賛を得た。続く第四作「ロゼッタ」ではカンヌ国際映画祭パルムドール大賞、第五作「息子のまなざし」でも主演男優賞とエキュメニック賞特別賞をW受賞する。第六作の「ある子供」では史上5組目となる2度目のパルムドール大賞受賞者となった。

今回上映される「ロルナの祈り」では2008年のカンヌ国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、4作連続主要賞受賞の快挙を成し遂げた。ダルデンヌ兄弟は名実共にいまや他の追随をゆるさない、21世紀を代表する世界の巨匠監督である。

1986年 「ファルシュ」(Falsch)
1986年 ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品
   カンヌ国際映画祭ある視点正式出品
1992年 「あなたを想う」(Jepenseavous)
1992年 ナミュール国際映画祭観客賞・金のバイヤール(最優秀女優)賞(ファビアンヌ・バーブ)
1996年 『イゴールの約束』(LaPromesse)
1996年 カンヌ国際映画祭国際芸術映画評論連盟賞
ナミュール国際映画祭作品賞・金のバイヤール(最優秀男優)賞(オリヴィエ・グルメ)・観客賞
ジュネーヴ国際映画祭プレス審査員賞(ジェレミー・レニエ)
バリャドリード国際映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞
1997年 ベルギー映画ジャーナリスト協会
フランクフルト国際映画祭国際批評家賞
フランス映画批評家組合カヴェンス賞
セザール賞外国語映画賞ノミネート
ロサンゼルス批評家協会外国語映画賞
全米批評家協会外国語映画賞
ファジル国際映画祭グランプリ
1999年 『ロゼッタ』(Rosetta)
1999年 カンヌ国際映画祭パルムドール大賞・主演女優賞(エミリー・ドゥケンヌ)
2000年 セザール賞新人女優賞ノミネート(エミリー・ドゥケンヌ)
2002年 『息子のまなざし』(LeFils)
2002年 カンヌ国際映画祭主演男優賞(オリヴィエ・グルメ)・エキュメニック賞特別賞
ファジル国際映画祭グランプリ・主演男優賞(オリヴィエ・グルメ)
ベルギー・アカデミー最優秀作品賞・監督賞・主演男優賞(オリヴィエ・グルメ)
サンフランシスコ批評家協会外国語映画賞
リュミエール賞最優秀フランス語圏映画賞
2005年 『ある子供』(L’Enfant)
2005年 カンヌ映画祭パルムドール大賞
2006年 スウェーデン映画賞最優秀外国語映画賞
  ジョセフ・プラトー映画賞最優秀作品賞・監督賞・脚本賞・最優秀主演男優賞(ジェレミー・レニエ)・最優秀主演女優賞(デプラ・フランソワ)
    リュミエール賞最優秀フランス語圏映画賞
    トロント映画批評家協会最優秀監督賞・最優秀外国語映画賞
    バルディビア国際映画祭最優秀作品賞
2008年 『ロルナの祈り』(LeSilencedeLorna)
2008年  カンヌ映画祭最優秀脚本賞
※ 『』は劇場公開作、「」は映画祭・特集上映で上映、()は原題

[top]

ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia