HOME HOT NEWS 旅行地ガ

イド event tours sitemap
ベルギーについて | 都市別見どころガイド | テーマ別見どころガイド | おすすめモデルプラン
文学を巡る
フラマン語
ヤーコプ・ファン・マールラント Jacob Van Maerlant (?1225年頃〜ダム1300年頃)
シャルル・ド・コステ Charles de Coster (ミュンヘン1827年〜イクセル1879年)
代表作:『ティル・オイレンシュピーゲルとラム・ゴーザグの冒険』
ヘンドリック・コンシャンス Hendrik Conscience (アントワープ1812年〜ブリュッセル1883年)
代表作:『フランデレンの獅子』
ヒド・へゼル Guido Gezelle (ブルージュ1830年〜ブルージュ1899年)
代表作: 『墓場の花』
カミーユ・ルモニエ Camille Lemonnier (イクセル1844年〜ブリュッセル1913年)
代表作:『ある男』
ジョルジュ・ローデンバック Georges Rodenbach (トゥルネー1855年〜パリ1898年)
代表作:『死都ブリュージュ』
エミール・ヴェルハーレン Emile Verhaeren (アントワープ近郊シント・アマンス1855年〜ルーアン1916年)
代表作:『フランドル全土』
モーリス・メーテルリンク Maurice Maeterlinck (ゲント1862年〜ニース1949年)
代表作:『青い鳥』(1911年ノーベル文学賞)
カレル・ファン・デ・ウステイン Karel Van de Woestijne (ゲント1878年〜ゲント1929年)
代表作:『黄金の影』
ジャン・レー Jean Ray (ゲント1887年〜ゲント1964年)
代表作:『幽霊の書』
ポール・ファン・オステイエン Paul Van Ostaijen(アントワープ1896年〜ナミュール1928年)
代表作:『ミュージック・ホール』
シャルル・プリニエ Charles Plisnier (エノー州グラン1896年〜ブリュッセル1952年)
代表作:『結婚』(1937年ゴンクール賞)
アンリ・ミショー Henri Michaux (ナミュール1899年〜パリ1984年)
代表作:『アジアにおける一野蛮人』
スザンヌ・リラール Susanne Lilar (ゲント1901〜ブリュッセル1992年)
代表作:『愛の思想』
マルグリット・ユルスナール Marguerite Yourcenar (ブリュッセル1903年〜イール・デ・モン・デゼール1987年)
代表作:『ハドリアヌス帝の回想』(1951年フェミナ賞)
ジョルジュ・シムノン Georges Simenon (リエージュ1903年〜ローザンヌ1989年)
代表作:『メグレ警視シリーズ』
スタニスラス・アンドレ・ステーマン Stanislas-Andre Steeman (リエージュ1908年〜マントン1970年)
代表作:『六死人』(1931年冒険小説大賞)
ユゴー・クラウス Hugo Claus (ブルージュ1929〜)
代表作:『かも猟』
ジャクリーヌ・アルプマン Jacqueline Harpman (ブリュッセル1929年〜)
代表作:『オルランダ』(1996年メディシス賞)
ピエール・メルテンス Pierre Mertens (ブリュッセル1939年〜)
代表作:『眩暈』(1987年メディシス賞)
アメリー・ノートン Amelie Nothomb (神戸1967年〜)
代表作:『畏れ慄いて』(1999年アカデミー・フランセーズ文学賞)
ベルギーにゆかりのある国外の文人たち
ヴィクトル・ユゴー Victor Hugo
アルチュール・ランボー Arthur Rimbaud
ポール・ヴェルレーヌ Paul Verlaine
ギヨーム・アポリネール Guillaume Apollinaire
アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas
ブロンテ姉妹 Les Soeurs Bronte
ヴォルテール Voltaire
シャルル・ボードレール Charles Baudelaire
ポール・クローデル Paul Claudel
ジャン・コクトー Jean Cocteau
エラスムス Erasmus
バイロン卿 Lord Byron
ベルギーにゆかりのある文学作品
ウィーダ Ouida 『フランダースの犬』(アントワープ、ホーボーケン Hobokenが舞台)
アガサ・クリスティ Agatha Christie 『ポワロの事件簿』

ページトップへ