ワロン地方 liege,spa,Durbuy レンタカーで巡るワロンの村々
ワロン地方の小さな村や古城巡りはレンタカーが便利。その小さな村には 一流レストランやシャトーホテルなどがあり、旅に彩りを添えてくれる。
Plan1 アルデンヌの自然と城を満喫する旅 4泊5日
Plan2 デュルビュイから小さな村と古城巡り 2泊3日
スパを基点にくつろぎのドライブ 2泊3日
map
マップを拡大

Plan3 スパを起点にくつろぎのドライブ2泊3日
自然 アート グルメ
   
コース
1日目スパ周辺をドライブ
歩き方ガイド
Point !
スパは、古くから知られる温泉保養地。「スパ」という言葉が一般化したのはこの町から。まずは、テルム・ド・スパで旅の疲れを癒そう。1868年開業だが最近ロイヤル広場に面した丘の上に場所を移し、新装オープンした。本格的な鉱泉療法や美容コースなどのメニューの他、プールやジャグジーといった多彩な施設を誇る。
Point !
スパの郊外は、城や湖などが点在し、絶好のドライブルート。車で20分のスタブロでは、スタブロ修道院へ。
 
2日目自然の中をウォーキング
歩き方ガイド
Point !
オートファーニュ湿原自然公園は、氷河によって造られた4500haの広大な湿原で、1957年に自然保護区に指定された。ベルギーの標高最高地点(694m)があり、天気が良ければドイツやオランダが眺められる。スパの町で昼食を調達してピクニックを楽しむのもいいだろう。
Point !
ラインハルトシュタイン城は、ワルシュ川の渓谷に立ち、特に素朴で趣のある礼拝堂が美しい。さらに足を伸ばして、ジュエ城へ。水濠に格子紋様のファサードを映す姿が印象的だ。
 
3日目アルデンヌの森に遊ぶ
歩き方ガイド
Point !
“素顔のヨーロッパ”を垣間見ることができる町。リエージュでは食べ歩きが楽しい。ブーダンソーセージや肉団子料理ブレのほか、ワッフル、レーズン入のクレープなどがリエージュ名物。また、日曜日にはムーズ川沿いにラ・バット市が立つ。
Point !
ワロン美術館、ピカソ、ゴーギャン、モネなどを展示する現代美術館も見逃せない。
Point !
ヴァル・サン・ランベール・クリスタル工房は、13世紀の修道院を利用した工房と美術館だ。独特の透かし彫りと色の美しさで世界的に有名なクリスタルだ。カット見学のスタジオ、展示室のほか、市価より割安なショップを併設している。
スパ オートファーニュ湿原 スタブロ
ページトップへ>
ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia
〒102-0084
東京都千代田区二番町7-3
二番町ビル3階
TEL:  (03)3237-7101(代)

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia

Hot News

データ読み込み中…