HOME HOT NEWS 旅行地ガ

イド event tours sitemap
ベルギーについて | 都市別見どころガイド | テーマ別見どころガイド | おすすめモデルプラン
 
   
   
     
 
   アントワープはファッショナブル、ルーベンス・バロックの都、「フランダースの犬」の舞台。

【プラン1】 はじめてのアントワープ(1)

  アントワープ黄金時代−ルーベンスをたどるルーベンスの家〜聖ヤコブ教会(ルーベンスが埋葬されている教会)〜カルロス・ボロメウス教会(正面ファサードのデザインはルーベンスが関わった。)〜聖母大聖堂(ルーベンスの作品、「フランダースの犬」を象徴する聖堂)〜マルクト(ブラヴォーの噴水、市庁舎)〜プランタン・モレトゥス印刷博物館〜ロコッコスの家(初代アントワープ市長でルーベンスと親交があったニコラス・ロコッコクスの家)〜聖パウロ教会(ルーベンスをはじめ、ヴァン・ダイク等アントワープに縁の画家の作品がある。)

【プラン2】 はじめてのアントワープ(2)

  アントワープ黄金時代中央駅〜ダイヤモンド博物館(動物園も楽しい。)〜マイヤー・ヴァン・デンベルグ美術館(ブルーゲルの作品「狂女フリート」)〜グルーンプラーツ〜(聖母大聖堂−マルクト)〜肉屋のギルドハウス〜ステーン城海事博物館〜スヘルデ川の眺め〜(モード博物館)〜王立アントワープ美術館

【プラン3】 モードの町・ファッショナブル・アントワープ (1)

  注目のザウドZuid地区を中心に。グルーンプラーツ Groenplaats→カメンストラート Kammenstraat→ナショナルストラート Nationalestraat→モードナシー Modenatie→シント・アントニウスストラート St-Antoniusstraat→ヴォルクストラート Volkstraat→レオポルド・デ・ワレプラーツ Leopold de Waelplaats→アントワープ王立美術館→ヴラームスカーイ Vlaamsekaai→クローステルストラート Kloosterstraat→ステーンハウェルヴェスト Steenhouwersvest→プランタン・モレトゥス博物館→レインデルスストラート Reyndersstraat→ナショナールストラート

【プラン4】 ファショナブル・アントワープ (2)

  中央駅から人気のショッピングストリートを行く。
アントワープ中央駅→デ・ケイザーレイDe Keyserlei→メールMeir→ワッパーWapper→ルーベンスの家→ブーラ劇場Bourla→ハイデヴェッテルストラートHuidevettersstraat→コルト・ガスタイスストラートKorte Gasthuisstraat

【プラン5】 「フランダースの犬」をホーボーケンに訪ねて

アントワープ中央駅地下鉄ホームまたはグルーンプラーツ駅からトラム4番〜ホーボーケンHoboken-Berknrodelei下車〜徒歩でホーボーケン区の聖母教会〜ネロとパトラッシュ像〜ホーボーケン情報センター〜風車〜ドン・ボスコ教会(Don Boscokerk)前の停留所からトラム12番〜アントワープ中心に戻る
★ポイント★ アントワープは「アントワープ・6人衆」に始まったアントワープファッションで近年特に注目を浴びるファッション都市。豊かな歴史に裏打ちされた文化都市でもあります。貸し自転車を利用して町を歩くのもおすすめ。2004年はルーベンス年。ルーベンス関連の展覧会情報はこちら
 
永遠の美の古都・ブルージュ

【プラン1】 はじめてのブルージュの1日

  徒歩でマルクト〜ブルグ広場〜聖血礼拝堂〜運河巡りのボート〜ダイバー運河に沿ってグルーニング美術館〜メムリンク美術館〜ストラフェ・ヘンドリック・ビール醸造所(1546年創業。食事、ビールを飲むだけでも良い)〜ベギン会院〜愛の湖

【プラン2】 はじめてのブルージュ(2)

  ブルゴーニュ公国の栄華1日マルクト(鐘楼)〜ブルグ広場〜市庁舎(ゴシックの間)〜グルートフーズ博物館〜聖母教会(シャルル勇胆公とマリー・ド・ブルゴーニュの墓がある)〜救世主大聖堂(ブルージュ最古の教会12-15世紀)

【プラン3】 静かなブルージュ散策

  聖ワルブルガ教会(壮麗なバロック様式)〜聖アンナ教会〜エルサレム教会(15世紀の建築。エルサレムの聖墓教会に倣っている。)〜レースセンター(ボビンレースのコレクション。午後は作るところが見学できる)〜十字の門(市を取り囲む城壁後には数基の風車が残る)〜ヒードー・へゼル博物館(偉大なフランダースの詩人ヒードー・へゼルの生家)- 〜聖セバスティアーン射手ギルド(由緒有る誇り高き大弓射手のギルドの館)〜民族博物館〜ファン・アイク広場

【プラン4】 ブルージュ近郊を楽しむ

  ダムの町へ行く1日:遊覧船でダム往復または貸し自転車で。北海沿岸を楽しむ1日:ブルージュ‐鉄道〜クノック駅下車〜市バス〜ズウィン(野鳥が生息する干潟の自然保護区。)〜市バス‐クノック〜海岸線に沿ってい走るトラム〜オステンド-オステンド駅から鉄道〜ブルージュ駅下車
★ポイント★ 美術館、博物館、レース。
 
「大人のブリュッセル」4つのプラン-ブリュッセル滞在を楽しむ

【プラン1】 はじめてのブリュッセル

  徒歩で巡る。グランプラス〜楽器博物館(アール・ヌーヴォー建築。館内には様々な楽器の展示。また入館時にヘッドフォンを貸してくれ展示の楽器が奏でる音楽を聴ける。(最上階のティールームはお勧め)〜王立美術館(フランドル絵画から近代マグリットまで)〜サブロン広場(軽い昼食またはティー:ヴィタメールのサロン・ド・テ)

【プラン2】 ブリュッセル・歴史の歩みを知る

  ブリュッセル中央駅メトロ1B線Bizet行〜Saint-Guidon駅下車〜徒歩〜エラスムスの家〜徒歩すぐ〜ベギン会院(最少規模のベギン会院)〜メトロ1B線Saint-Guidon駅〜Merode駅下車〜サンカントネール記念門・王立美術歴史博物館〜メトロ1B/1A Merode駅〜Louise駅下車〜トラム91/92に乗換え〜3つ目の停留所Janson下車〜徒歩〜オルタ美術館〜トラムでJanson〜Louise下車-ブリュッセル中心に戻る。ポイントエラスムスの家哲学者エラスムスが1521年この家に滞在した。ルネサンス〜カール5世時代、そして人文主義運動の流れを展示品から辿ることができる。また当時の裕福な邸宅、暮らしぶりもうかがうことができる。アンデルレヒトのベギン会院(エラスムスの家と共通券で見学できる)見学。ベギン会院での暮らしがどのようだったか垣間見る事ができる。オルタ美術館:世界遺産。アールヌーヴォー建築とインテリアLouise広場周辺にはグッチ、エルメス、ヴィトン等の各ブランド、高級感あるショップが集中している。

【プラン3】 ブリュッセルの町の起源が、今はお洒落な地区-ブリュッセルに馴染んで過す一日

  ダンサール・サンジェリ地区を行く:サンジェリ・ホール(元屋内市場)-Church of Notre-Dame aux Riches Clarie〜 "de Markten(デ・マルケテン)"元ヴァル・サン・ランベールクリスタルの本部<ここからダンサール(Danseart)通りを行くとファショナブルな店がたくさん。>〜アンスパック(Anspach)の噴水と魚市場(元ブリュッセル港のドック-)〜Galerie Meert Rihoux:アールヌーヴォーの建物にあるアートギャラリー-ベギン会院とEglise Saint-Jean-Baptiste教会〜トゥール・ノワール(Tour Noir黒い塔−1250年の市の城壁と塔が残っている)〜サン・カトリーヌ教会と広場(おいしい魚貝類のレストランと魚屋が集まっている。)ポイントショッピング、カフェでのお茶、レストランなどブリュッセルに住み着いたように楽しむ。ルートから外れてファショナブルなダンサール通りもじっくり。

【プラン4】 中心から離れて優雅な邸宅を訪ねる1日

  ド・ブルッケール駅De Brouckereでプレメトロ3番線〜終点チャーチルChurchill駅〜徒歩〜ダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館とその庭園〜市内中心へ。裕福な銀行家ヴェン・ビューレンが自分の邸宅として建てた。現在は美術館としてその邸宅及びハートのモチーフがチャーミングな庭園が公開されている。邸内はアール・デコの内装が中心。絵画のコレクションも有名。
★ポイント★ アール・ヌーヴォー、アール・デコ。移動にはSTIBの1日乗車券が便利でお得です。
チョコレート・お菓子お店:サブロン広場(ヴィタメール、マルコリーニ)、ギャラリーサンチュベール(ノイハウス本店)、グランプラス(ゴディバ、ダンドワ、ノイハウス)。
 
     運河と美しい町並み、周辺には古城と水辺のある風景が広がる。

【プラン1】 はじめてのゲント 歴史と芸術ゲントの繁栄

  聖バーフ大聖堂(「神秘の子羊」)〜鐘楼〜シント・ミヒエル橋〜グラスレイ(両河岸に並ぶギルドハウス)〜運河巡りのボート乗船〜フランドル伯の城〜アレインハウス(博物館だが建物も必見)

【プラン2】 日曜日の過し方

  午前:市巡りタウンクライヤー(触れ役−町にお触れを布告する職業でギルド。ゲントに今でも受け継がれている。)と共に日曜日開催される5つの市を巡り歩く無料で楽しいツアー。予約の必要も無し。
 [催行日]
5月−9月毎 日曜日 10:30出発 花市近くのKouter集合
 [市] 花市/動物市/蚤の市/小鳥市/工芸品市

午後の水辺の旅:レイエ川をたどるボートクルーズ:ゲント市内からシントマルテンスラーテムまでの往復。美しいゲント郊外ののどかな水辺の風景が楽しめる。
 [時間] 13:30-18:30
 [催行日]5月 毎火・日/6月 毎火・木・日/7月−8月 月・水・土・日/9月 火・日
 [料金] 9ユーロ
 http://www.benelux-rederij.com