本文へスキップ

ページ本文

« 毎年開催のワロン地方の代表的カーニバル | メイン | 日本語案内版でさらなる観光客誘致にいどむディナン市 »

2005年10月20日配信

2006年観光イヤーテーマ 

ワロン・ブリュッセル観光局本部OPT(Office de Promotion du Tourisme Wallonie-Bruxelles)は、2006年の首都ブリュッセルの観光イヤーテーマに「ブリュッセル・モード」を、ベルギー南部のフランス語圏ワロン地方観光テーマには「美しいワロンの村々」をそれぞれ決定した。プログラムなどの詳細に関しては、追って発表する。

「ブリュッセル・モード」 
ベルギー・ファッションの中でも特に近年国際的評価を得ているブリュッセルのモード界に注目し、ファッションをテーマとした展示会、イベント、ファッションショーなど様々な企画を開催予定。主なプログラムはこちら www.modobruxellae.be

「美しいワロンの村々」 
ベルギー南部のワロン地方には美しい景観はもちろんのこと、その地方の伝統と歴史を残していることから、「最も美しい村」と指定される22の村が点在する。魅力的な美しい村々とこの地ならではの美食をテーマに様々なプログラムを展開する。ワロン地方の最も美しい村々はこちら www.beauxvillages.be

「フランダース海岸地方の2大アートイベント」
2006年フランダース地方では、これらの北海沿岸地域を会場とする2大アートイベントを展開する。フランダースの北海側は東にクノック・ヘイスト、西はデ・パンヌまで67kmの海岸が広がり、多くの芸術家を惹きつける魅力に溢れ、インスピレーションを与えてきた。

<ボーフォール2006> 2006年4月1日〜10月1日(会場:北海沿岸各都市)
2003年に開催された第1回に引き続く。会場を屋外に設置し、質の高い芸術を展開する現代美術イベント。

<アンソールと海岸地方における前衛芸術> 2006年9月16日〜2007年3月(会場:オステンド近代美術館)
ベルギーを代表する画家アンソールの出身地であるオステンドの近代美術館を会場に、アンソールと海岸地方における前衛芸術に焦点をあてた美術展。アンソールの代表作品の他、美術史上で大きな役割を果たした芸術家達の作品も展示予定。詳しくはこちら http://www.ensoraanzee.be/

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan  All Rights Reserved.