本文へスキップ

ページ本文

« 2006年観光イヤーテーマ  | メイン | 東京・名古屋・大阪で「感謝の集い」を開催 »

2005年10月20日配信

日本語案内版でさらなる観光客誘致にいどむディナン市

Pirlot_Dinant.jpg 日本語案内版でさらなる観光客誘致にいどむディナン市
城砦や中世の街並みの美しさで知られるベルギー南部のディナン市が、このほど観光施設の紹介や案内板で日本語表示をはじめた。ベルギーの公用語の仏語、蘭語、独語に加え、世界共通語としての英語表示に次ぐ4番目の言語標記となる。

ディナンには年間に約2万人の日本人観光客が訪れるため、日本語での説明を加えた約60の紹介パネルや案内板が新たに設置された。「日本から数多くの観光客を迎えたいという地元の熱意をわかってほしい」とディナン市長のフルノー氏は語り、ディナン市における日本マーケットの重要性を強調した。

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan  All Rights Reserved.