本文へスキップ

ページ本文

2006年07月20日配信

トラベルセミナー開催9月19日(火)-21日(木)、東京・名古屋・大阪で

seminar01.gif 「大人のOFFタイム・イン・ベルギー」
未だ知られていない魅力あふれるベルギー南部、ワロン地方の旅を提案してみませんか?
 ベルギー本国からデレゲーションを迎えて、当観光局がベルギー・ワロン地域観光局本部と共にトラベルセミナー・ワークショップを東京、名古屋、大阪で開催いたします。

>>more

この記事のURL

今注目のベルギー最南端の「花の村」トルニーを訪ねるおすすめコース提案 

torgny_0139_2.jpg 首都ブリュッセルから東南へ距離にしておよそ200キロ、ベルギー最南端の村トルニー(Torgny) は最近注目されている小さな美しい村だ。ベルギーの「最も美しい村」の一つでもある。フランス国境は目と鼻の先。小さなシール川(la Chiers)で国境を接している。村の中心からだらだら坂を下りながら徒歩で10分ほど。村には民宿も数多く、ゆったりと時の流れるのを忘れるようなのんびりとしたこの村は「住んでみたい」と思わせる空気がただよう。

>>more

この記事のURL

2006/7年のクリスマス情報

grand_place.jpg 冬のビッグイベント、クリスマスマーケットは、各町で開催されるが、それぞれに趣向を凝らしたテーマを設けたり、スケートリンクなどのイベントを併催したりする。静かな冬の夜と賑やかなクリスマスイベントの両方を存分に楽しむことができる。オフ期のツアーに組み込みたい。

>>more

この記事のURL

メルマガ・ブログB-Weblog創刊一周年記念キャンペーン

b-weblog_logo.jpg 最新の現地観光情報を分かりやすい語り口で紹介する当局の情報発信ツールメルマガ・ブログB-Weblogを創刊して丁度一周年を迎える。購読登録者数は創刊時に比べて大幅に伸び、8000名を越える。1周年を記念して記念キャンペーンが行われる予定。キャンペーンの内容の発表は次回のメルマガ7・8合併号上で、配信日は7月31日。

この記事のURL

ベルギー王立美術館展9月12日から東京・国立西洋美術館で

pamphlet.jpg 来る2006年9月12日(火)から12月10日(日)まで、国立西洋美術館において「ベルギー王立美術館展」が開催される。ブリュッセルのベルギー王立美術館は古典美術館と近代美術館から構成されるベルギー最大の規模を誇る美術館で、今回100点を越す作品が日本に出品される。

>>more

この記事のURL

2005年日本人訪ベルギー旅行者数データ

ベルギー統計によれば2005年の訪ベルギー日本人旅行者宿泊総数は213,696泊で前年度比 -11.7%となった。宿泊数から割り出した到着数は111,985人で同様に-11.5%となった。2001−2005年対比ではー3.9%。到着数では−5.4%。

この記事のURL

ブリュッセル・モード 2006〜今後開催のブリュッセルのファッションイベント〜

mode_logo.jpg ブリュッセルの今年のイヤーテーマは「モード」。それにともないブリュッセルでは数々のモード関連のイベントが開催される。ブリュッセルで幅広く、多様な才能に溢れたブリュッセルのファッションを通じて、ブリュッセルの新たな魅力を発見していただきたい。

>>more

この記事のURL

ホテルパッケージプラン 「モード&デザイン」

 ブリュッセルのホテルが今年のブリュッセル・モードの年に合わせて特別パッケージプランを提供する。いずれもグランプラスまで徒歩圏内、あるいはショッピングに最適なルイーズ通りにある好立地の5つ星ホテルで、ブリュッセルファッションのイベントと合わせてブリュッセルでの快適な滞在を楽しむのに是非おすすめしたい。

>>more

この記事のURL

BSフジ「欧州列車の旅」でベルギーを紹介

 去る7月9日(日)と16日(日)に、今年5月に当局協力のもと現地取材されたBSフジ「欧州列車の旅」でベルギー編が放送された。前半では北部のフランダース地方を、後半では南部のワロン地方をご紹介。列車で訪れるからこそ味わうことのできる、ベルギーの楽しみ方やベルギー各地の見所を紹介する。

>>more

この記事のURL

新着資料

資料名

内容

言語
ワロン地方ガイド 緑豊かな見所を写真を中心にまとめた資料
英語
ブルージュレストランガイド
2006-2007
予算やキャパシティ、内装の雰囲気など
蘭・仏・独・英
リエージュ州ガイド
ESCAPES
見所や歴史を美しい写真とともに紹介
英語
リエージュ州
グループ用ガイド
グループならではの見所やツアープランなど

英語


新着資料ご希望の方は、こちらからお申し込みください。部数の多い場合は、原則として宅急便着払いとさせて頂きます。尚、資料によっては部数の都合上、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

この記事のURL

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan.  All Rights Reserved.