本文へスキップ

ページ本文

« 2007年イヤーテーマ、トップイベント | メイン | トラベルセミナー&ワークショップ成功裡に終了 »

2006年10月20日配信

冬のハイライト、クリスマス・マーケット

christmas_brussels.jpg 12月の声を聞くと、ベルギー国内の各町では一斉にクリスマス・マーケットが花開く。クリスマスの祭りの始まりは12月6日の聖ニコラの日から。マジパンや固いお菓子クラージェ(klasjes)、聖ニコラをかたどった固いジンジャープレッドの一種、スペキュロース(speculoos)が店先を飾る。この時期、日曜日でも買い物が可能となる。

 ブリュッセルでは恒例のヨーロッパのクリスマスマーケットが聖カトリーヌ広場で12月から新年まで繰り広げられる。月−金までは午前11時から夜8時、土日は夜10時まで。 馬小屋からクリスマスデコレーションに飾られるグランプラス広場は必見の場となる。
 リエージュでは12月一杯、クリスマスデコレーションに彩られた155個の木製の小屋がクリスマス村を作り上げる。ブルージュではクリスマスマーケットとカリヨンコンサートが同時に催され、アントワープでもクリスマスマーケットと市内各所の教会でコンサートやデコレーションが見もの。

chocolat.JPG  聖ニコラとは3〜4世紀頃の聖人の名前。12月6日がその聖ニコラの命日で、本来12月6日が聖ニコラの祭りの日。昔3人の子供達が道に迷い、助けを求めに入った肉屋でその主人に殺されてしまう。しかし聖ニコラが7年後にその肉屋を訪れ、その3人の子供達を生き返らせ、それ以来聖ニコラは子供の聖人になったとか。
 聖ニコラのお祭りに欠かせないのが様々なお菓子。子供達に聖ニコラを型どったベルギーの伝統的なビスケット「スペキュローズ」をあげるのが慣わしで、この時期お菓子屋さんには聖ニコラのスペキュローズやアーモンドペーストから作る「マジパン」が店頭に並び、冬のベルギーの町を楽しく華かにする。お菓子や聖ニコラからのプレゼントに子供達の目が輝く待ちにまった季節。

ブリュッセルのクリスマスイベント Plaisir d'hiver はこちら

各都市のクリスマスマーケットの日程はこちら

〈写真上:クリスマス時期のグランプラス、下:きれいに飾り付けられたチョコレート屋のウインドウ)

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan  All Rights Reserved.