本文へスキップ

ページ本文

2007年04月20日配信

フランダースの商品企画に「オンライン・セールスガイド」がアップ

travelvision.jpg ベルギー観光局は2001年よりフランダース観光局本部と共に推進しているフランダース・プロモーション"Tastes of Flanders(テイスト・オブ・フランダース)"を2007年度も続行されることになった。
 その企画第一弾として、トラベルビジョンウェブサイト内に「オンライン・セールスガイド」ともいうべきプロモーションWebサイトを立ち上げた。
 Webサイトでは、「花と水辺」「ライフスタイル」などのテーマごとに、古都周辺の美しい自然溢れる小さな村々に注目した素材とプランを提案。アントワープ、ブルージュなど古都を中心としたツアーとは趣きを変え、新しい奥行きのあるフランダース地方の魅力を探り、「豊かな旅」をテーマとしたベルギーのみのツアーの造成を目指す。プロモーションWebサイトの公開期間は4月10日から2ヶ月間。
アドレス:http://www.travelvision.jp/html/tokusyu/belgium/2007flanders/

この記事のURL

月例サロンを開催

salon_1.jpg 当ベルギー観光局の平河町へのオフィス移転1周年を記念して旅行業界人とプレス、およびメルマガ会員(限定)を対象に新しい形のプロモーション活動として、月に一度、ベルギーの食材を通してベルギーに対して親しんで頂こうと、オープンハウス形式でインフォーマルな月例サロン「ベルギー・アフター5サロン」が催されることになった。
 毎回ベルギーの食材を通してベルギーの魅力をさまざまな角度から紹介、デスティネーション・ベルギーに対して親近感を深めてもらうことを目的にする。各回50名前後、サロントーク、旬のモノ(食材、ドリンクなど)とテーマにアットホームな雰囲気の中で参加者同士のネットワーキングも目的にしている。

>>more

この記事のURL

ル・メリディアンに宿泊付きベルギーの祭りを訪れるパッケージ

meridien.jpg mons_gp.jpg 






 ブリュッセルの中心に位置するホテル、ル・メリディアン・ブリュッセルモンス地域観光局が、ユネスコ世界無形遺産に登録される3つの伝統的お祭りを見学するツアーを共同企画。ブリュッセルでは中央駅の正面にあるル・メリディアンに宿泊し、そこから列車にてモンスまで列車で移動し、モンスの地域で行われるお祭りを見に行くというもの。

>>more

この記事のURL

ヘックス城の一般公開 6月8〜10日

バラやキッチンガーデンを公開hex.jpg  
 年2回6月と9月に一般公開となるヘックス城の庭園が今年も6月8日から10日までの3日間公開される。
ヘックス城は、リンブルグ州の南部、リエージュとマーストリヒトの間のヘールスのヘックス村にある18世紀に建てられたリエージュ司教候の古城。草原と森の起伏ある美しい自然環境に、12.5エーカーのフォーマル・ガーデン(デザインに幾何学模様を取り込んだ、整形式庭園)、150エーカーの英国式庭園に数多くの花や植物が栽培されている。また今回新たに“ラ・マルヌLa Marne”というバラが紹介され、庭に植えられることになっている。

>>more

この記事のURL

これから夏に向けてのイベント

 これから夏に向かってベルギー各地でイベントやお祭りが行われる。毎年開催されるもの、数年に一度のものなどがあるが、今年はブルージュで5年に一度の「ゴールデンツリー」が開催される年にあたる。また毎年ブリュッセルのグランプラスで開催される「オメガング」など、ツアーあるいは個人旅行で訪れ、旅のアクセントとなる要素として提案したい。

>>more

この記事のURL

エリザベート王妃コンクール

 1951年に始まったこのコンクールはピアノ、声楽、ヴァイオリン部門が3年周期に開催されるというユニークなもの。ピアノ部門とヴァイオリン部門の前年には、コンクールの課題曲として発表される協奏曲の審査が行われる。第15回目を迎えるピアノ部門の見所は、本選で披露される課題曲で、ベルギーの作曲家、クリス・デフォールトがコンクールのために作曲した新曲”Dedicatio VI”が発表される。
2008年は声楽部門、2009年にはヴァイオリン部門が予定。

日程

プログラム

会場
一次予選 5/7〜5/12 時間:15:00〜、20:00〜 -Semi Final出場者24人が選ばれます ブリュッセル王立音楽院
本選 5/14〜5/19 時間:15:00〜、20:00〜 指揮:ポール・グッドウィン、ワロン王立室内楽オーケストラ ブリュッセル王立音楽院
最終審査 5/28〜6/2 時間:20:00〜 指揮:ギルバート・ヴァルガ、ベルギー国立オーケストラ パレ・デ・ボザール
7位以下のファイナリストコンサート 6/6〜8,13〜15 時間:12:00〜 パレ・デ・ボザール
4〜6位受賞者コンサート  6/13 時間:20:00〜 指揮:ユール・レヴィ、フランダース・ラジオ・オーケストラ パレ・デ・ボザール
1〜3位受賞者コンサート 6/18 時間:20:00〜 指揮:パスカル・ロフェ、リエージュ・フィルハーモニー・オーケストラ パレ・デ・ボザール

チケット
第一次審査と本選:ブリュッセル王立音楽院にて、開始30分前より発売。

最終審査:BOZAR ticket office(チケット予約)
      月曜〜金曜:11.00 〜 19.00

オンライン予約はこちら

エリザベート王妃国際音楽コンクールの詳細はこちら

>>more

この記事のURL

ゲントにマリオットホテルがオープン

ghent_marriott.jpg 先月3月20日、ゲントにマリオットホテルが新しくオープンした。ゲントの町の中心となるレイエ川の運河沿いコーレンレイにあり、ゲント市内の観光スポットやショッピングスポットにも徒歩圏内の好立地。ゲント部屋数は合計150室で、うち12室がスイート。また10室がホテルの前を流れる運河を望め、美しい景色も楽しめる。ホテル内全てに高速インターネットも完備されており、観光・ビジネスなどさまざまな目的での利用が可能。
 外観はギルドハウス風、内部はモダンという作りで、歴史的であり、また同時に現在は学生など若者が多く暮らす現代的な町でもあるゲントの雰囲気を感じられるホテル。

>>more

この記事のURL

スモール・ラクシャリー・ホテルズ

logo.jpg スモール・ラクシャリー・ホテルスSmall Luxury Hotelsは世界65カ国、400以上のホテルが加盟する小規模ホテルのチェーン。スパでの至福なひと時、田園地帯のヴィラで過ごす魅力的な時間、世俗から離れたビーチリゾート、静かな隠れ家的ホテルでのリラクゼーションなど、小規模なホテルだからこそ可能な質の高いサービスを提供する。小ぢんまりとした雰囲気で、旅の時間を贅沢にのんびりと過ごすのにおすすめ。

>>more

この記事のURL

BISES誌”ベルギー・ワロン地方の花の村を巡る”

 毎号奇数月16日ベネッセコーポレーションより発行の「BISES〜ビズ」春号で、ベルギーで花の村を巡る旅を紹介。
ワロン地方でも花の村として名高い、フランス国境にほど近いトルニーなど小さな村々が特集されているほか、ベルギーでの旅の楽しみの一つ、シャトーホテルでの滞在も紹介。これから新緑の季節を迎えるベルギーの、花と緑のある暮らしに触れてみては。

>>more

この記事のURL

新着資料

資料名

内容

言語
ツーリストアトラクション2007 美術館、古城、アトラクションを紹介。
英語
ワロン地方キャンピングガイド2007 キャンプ場の選び方、キャンピングサイトを紹介。 仏・蘭・独・英語
ワロン地方ゲストハウスガイド ファームステイ、ゲストハウス、休暇村を紹介。 英語
ワロン地方の森と自然 2007年のイヤーテーマ森と自然のガイド。 仏語
ワロン地方の森と自然・マップ ベルギー南部に広がる森と自然保護区の分布地図。 英・西語
ワロン地方エスカパード2007 家族旅行のプランをテーマ別に紹介。 英語
スパホテル&レストランガイド2007 リーエージュ州・スパ周辺の宿泊施設を紹介 英・独語
ブイヨンシティガイド2007 スモワ川流域の観光スポット、ホテル、レジャーを紹介。 仏・蘭・独・英語
リュクサンブール州ガイド デュルビュイをはじめとするリュクサンブール州の見所を紹介。 英語
ワロン地方グルメガイド2007 料理自慢のレストランオーベルジュを紹介。 仏語
ブリュッセル・エスカパード2007 季節、テーマごとの滞在型ブリュッセルのガイド 英語
ブリュッセルガイド&マップ ブリュッセル近郊を含むモニュメント、見所、アクティビティーを紹介。 英語
ブリュッセルホテルガイド インデックス付きで、エリア別・予算別の検索可能 英語
ルーヴェンガイド2007 ルーヴェン近郊を含むテーマ別ガイド。ホテル・レストランの情報も紹介。 英語
ブルージュシティガイド2007 市内ウォーキングコースの案内や、運河めぐりなどのアトラクション情報。 英語
ブルージュホテルガイド2007 インデックス付きで、設備、料金などの詳細を紹介。 英語
オステンド・マガジン2007 ストーリー感覚でオステンドの見所を紹介。 英語
オステンド・ホテル2007 シティマップ付きでホテル、アパートメントを紹介。 英語

新着資料ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
部数の多い場合は、原則として宅急便着払いとさせて頂きます。尚、資料によっては部数の都合上、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

この記事のURL

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan.  All Rights Reserved.