本文へスキップ

ページ本文

« ル・メリディアンに宿泊付きベルギーの祭りを訪れるパッケージ | メイン | フランダースの商品企画に「オンライン・セールスガイド」がアップ »

2007年04月20日配信

月例サロンを開催

salon_1.jpg 当ベルギー観光局の平河町へのオフィス移転1周年を記念して旅行業界人とプレス、およびメルマガ会員(限定)を対象に新しい形のプロモーション活動として、月に一度、ベルギーの食材を通してベルギーに対して親しんで頂こうと、オープンハウス形式でインフォーマルな月例サロン「ベルギー・アフター5サロン」が催されることになった。
 毎回ベルギーの食材を通してベルギーの魅力をさまざまな角度から紹介、デスティネーション・ベルギーに対して親近感を深めてもらうことを目的にする。各回50名前後、サロントーク、旬のモノ(食材、ドリンクなど)とテーマにアットホームな雰囲気の中で参加者同士のネットワーキングも目的にしている。

 初回にあたる3月の「月例サロン」は桜ほころぶ3月29日の夕方から開かれ、食材はベルギーの主食であるポテト(フリッツ)とベルギー特産の野菜アンディーブと白ビール(ヒューガルデン)。サロントークは「フリッツは美味い」と題してドゥルクールさんからベルギーのポテトについて知らなかったポテトの世界を学んだ。試食・試飲しながら、楽しくネットワーキング、サロントークに春の夕べを過ごした。
 次回2回目のサロンは4月26日(木)午後5時からの予定。本邦初公開のベルギーのワインの試飲と旬の食材ホワイトアスパラガスをサカナにブリュッセルのモードをテーマにサロントークが行われる予定。

3月のサロンのテーマ「ポテト(フリッツ)」についてはこちら

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan  All Rights Reserved.