本文へスキップ

ページ本文

2007年07月20日配信

ベルギー研修旅行レポート

study_tour.jpg  去る5月4日〜10日の7日間、フィンランド航空と共催でベルギー研修旅行を実施した。ご参加頂いたのはフィンランド航空担当者と取材のため同行したトラベルビジョン、そして旅行会社12社の合計14名。交流を持ちつつも、それぞれの旅行商品のための視察を確実に行うという、短いながらも充実した研修を目指した。
 今回の研修旅行のテーマは、「大人のOFFタイム イン ベルギー〜花・自然と歴史を感じる旅。一歩先のベルギーへ」。優雅でのんびりとした、それでいて気取らないベルギーの魅力を盛り込んだ商品造成を目指し、既存パッケージツアーに含まれる町から一歩踏み込んだ新たな観光の素材を発見し確認する研修となった。

>>more

この記事のURL

2006年度ベルギー宿泊・訪問数統計

当局本部の統計によると、2006年度訪ベルギー日本人旅行者の宿泊数は206,399泊で前年比-3.4%、到着数では110,076人で前年比-1.7%となった。

地方別では、宿泊数はフランダース地方-1.6%、ブリュッセル-5.7%、ワロン地方+2.7%、一方到着数では、フランダース地方-0.7%、ブリュッセル-3.5%、ワロン地方+6.9%という結果となった。

この記事のURL

ベルギーのアンティーク・マーケット

antique2.jpg ベルギー各地で主に週末アンティーク・マーケットが開催される。ヨーロッパの他の国々と比べ、ベルギーはまだまだ穴場で、それを狙って店を出す人、買いに来る人も多いとのこと。高価なものから手頃なものまでさまざま。一味ちがったベルギーでのショッピングの楽しみとして提案したい。



>>more

この記事のURL

2007〜2008のクリスマス情報

grand_place.jpg  クリスマス・マーケットの日程が各都市より発表された。詳細は下記の通り。屋台小屋をはじめ、スケートリンクなどが設けられ、にぎやかなヨーロッパのクリスマスを体験できる。オフ期ツアーの見どころとして組み込みたい。


>>more

この記事のURL

モンス 「ゴッホの家」が一般公開を再開

MAISON VAN GOH.JPGモンス近郊のキュエム村にある「ゴッホの家」は2005年から改装のためクローズしていたが、一般公開を再開した。また隣にはツーリストインフォメーションセンターも完成。
 ここはゴッホが画家になる前、1879年から1880年までの約1年間過ごした場所。当時炭坑地帯だったこの地域の炭坑夫たちへの伝道師として滞在した。彼自身も貧困と苦悩にあえぎながら、伝道の合間に鉱夫たちの質素な生活を描き、画家としての礎を築いた。

>>more

この記事のURL

”ルーベンス―天才のアトリエ展”

rubens.jpg 今秋、ルーベンスの作品を集めた"Rubens L'Atlier du Génie"展が約4ヶ月にわたり、ブリュッセルのベルギー王立美術館にて開催される。
 展覧会は6つのセクションに分けられており、ルーベンス工房で制作された油絵、装飾画、祭壇画などの作品約50点。ルーヴル美術館やプラド美術館、メトロポリタン美術館のコレクションから貸し出されたルーベンス自らの作品約60点が王立美術館で公開される。
 17世紀の絵画では、複数の画家が共同で一つの作品を仕上げた。今回の展覧会ではヤン・ブリューゲルやコルネリス・デ・フォスなどの、ルーベンス工房で活躍したアントワープの画家たちとルーベンスの共作が注目を集めると予想されている。ルーベンスが創りあげた工房の黄金時代(1614年〜1640年)を物語る貴重な絵画が集められた。

>>more

この記事のURL

新たにオープンのホテル

ブリュッセルの中心部、観光やビジネスに便利なロケーションに新規ホテルが2軒オープンした。

パシフィック・ホテル Pacific Hotel

ブリュッセルのトレンディー地区ダンサール通りにオープンしたプチホテル。3ツ星。賑やかな通りに面した小さなエントランスから6階建ての建物にはいると、入り口からは想像できないような居心地のよい客室が待っている。全12室(うち1室はメゾネットタイプ)。ポエティックな雰囲気のインテリアはMia Ziaデザイン。特に浴室のデザインは素晴らしく快適なバスタイムが過ごせる。室料は平日169〜199ユーロ、週末139〜169ユーロ。全室TV、無線ラン完備。会議室なし。取材旅行などに最適。
 1階のバーとレストランは誰でも利用可。ランチメニュー15ユーロ。

Pacific Hotel
57 Rue Antoine Dansaert, 1000 Brussels
TEL: +32(0)2 213 00 80
http://www.hotelcafepacific.com


ル・ビーマノス Le be Manos
タリス、ユーロスターなどの国際列車発着駅であるブリュッセル南駅近くにオープンした5ツ星ホテル。シャルルロワ通りにある2軒のManosホテルと同系列だが、新ホテルはコンテンポラリーなコンセプトで建てられたブリュッセル初のデザインホテル。白と黒を用いたデラックスな客室デザインはすべて特別注文によるもの。斬新でありながら、快適でゆとりある空間を感じる客室。5ツ星クラスならではのサービスも充実。モノトーンを基調としたレストランではベルギー料理が味わえる。ミーティングルーム2室、ミニ・フィットネスセンター(サウナ、マッサージ、スチームサウナ)、ブリュッセルの街並みを見晴らすテラス、カクテル・バー。
全60室。室料は275〜315ユーロと5ツ星ホテルにしてはお手ごろ価格。

Le be Manos
23 Square de l'aviation, 1070 Brussels
TEL: +32(0)2 520 65 65
FAX: +32(0)2 520 67 67
http://www.bemanos.com


>>more

この記事のURL

BISES誌”バラの館のオープンガーデン”

Bises-summer.jpg 今月発行のBises盛夏号で、フランダース地方のオープンガーデンの館が特集された。17ページの大特集で、取材は当局協力のもと昨年6月に行われた。

年に2回だけ一般公開される伯爵の城館ヘックス城、ブルージュ近郊でたったひとりで1.000種類を超えるバラの世話をし庭をこよなく愛する女性のプライベートガーデン、ベルギーが誇るバラ育種家のナーセリーなどを美しい写真とともに紹介。自然を愛するベルギー人の表情がうかがえる。

>>more

この記事のURL

人気TV番組「世界の車窓から」でベルギーを紹介

テレビ朝日で毎日放送されている人気番組「世界の車窓から」で来る8月10日よりベルギーが紹介される。
今年4月から5月にかけて、当局協力のもと現地取材されたもの。
列車の旅はもちろんのこと、グルメやベルギーの人々の表情など、ベルギーでの楽しみをすみずみまでくまなく紹介する。

放送局:テレビ朝日
放送日:2007年8月10日(金)から約4週間
放送時間:
月〜金 23:10〜11:15
土 22:51〜10:57
日 22:54〜11:00

「世界の車窓から」オフィシャルウェブサイト:http://www.tv-asahi.co.jp/train/

この記事のURL

新着資料

資料名

内容

言語
リエージュ州ガイド2007 テーマごとの見所を紹介。アトラクション情報をまとめたブックレット付き。
英語
ブリュッセル空港ガイド 空港の各施設、交通機関の案内。フロアマップ付き。 英語

新着資料ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
部数の多い場合は、原則として宅急便着払いとさせて頂きます。尚、資料によっては部数の都合上、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

この記事のURL

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan.  All Rights Reserved.