本文へスキップ

ページ本文

« 2006年度ベルギー宿泊・訪問数統計 | メイン | アレシンスキー展〜”AからYまで” »

2007年07月20日配信

ベルギー研修旅行レポート

study_tour.jpg  去る5月4日〜10日の7日間、フィンランド航空と共催でベルギー研修旅行を実施した。ご参加頂いたのはフィンランド航空担当者と取材のため同行したトラベルビジョン、そして旅行会社12社の合計14名。交流を持ちつつも、それぞれの旅行商品のための視察を確実に行うという、短いながらも充実した研修を目指した。
 今回の研修旅行のテーマは、「大人のOFFタイム イン ベルギー〜花・自然と歴史を感じる旅。一歩先のベルギーへ」。優雅でのんびりとした、それでいて気取らないベルギーの魅力を盛り込んだ商品造成を目指し、既存パッケージツアーに含まれる町から一歩踏み込んだ新たな観光の素材を発見し確認する研修となった。

 研修中に提出されたアンケートによると、宿泊場所についてなどの問題点は残るものの、デスティネーションとして発展途上である「トングレン」や「トルニー」「ブイヨン」といった小さな町に注目が集まった。 加え、それぞれの町ごとの名物料理、ブルージュからダムまでのボートクルーズなど、すぐに商品に反映できる部分も確認することができた。更に充実した、また新しい切り口のベルギーパッケージツアーの造成を期待したい。
map_studytour.jpg
◆特出すべき新たな素材
・ワイン醸造所<ワインカステール/トングレン>
フォロンミュージアム/ラ・ユルプ
・小さな町、村<フランダース地方/ダム,シント・マルテンス・ラーテム,トングレン  ワロン地方/トルニー,ブイヨン,クリュペ>
ブリュッセル・ファッション<注目を集めるブリュッセルのファッショナブル地区)/ブリュッセル>
・ホテル<Relais Ravestein/ブルージュ、Auberge du Pecheur/シント・マルテンス・ラーテム、Hotel Panorama/ブイヨン、Manoir de Lebioles/スパ>



研修旅行日程


 

スケジュール

宿泊

1 フィンランド航空にて成田空港発
ヘルシンキ乗換、ブリュッセルへ
着後、ブルージュへ移動
ブルージュ泊
2 ブルージュ→オステンド→ダム→ブルージュ→
オーイドンク→シント・マルテンス・ラーテム
シント・マルテンス・ラーテム泊
3 アントワープ→トングレン→スパ スパ泊
4 スパ→デュルビュイ→アべー・ラ・ヌーヴ→
トルニー→オルヴァル→ブイヨン
ブイヨン泊
5 ブイヨン→コルビオン→ディナン→
ラ・ユルプ→ブリュッセル
ブリュッセル泊
6 フィンランド航空にてブリュッセル発
ヘルシンキ乗換、中部国際空港へ
機中泊
7 中部国際空港着  

トラベルビジョン:現地レポート

≪掲載内容に関するお問い合わせ≫ editor@belgium-travel.jp
このニュースレターの記事はご自由にご転載下さい。なお、ご使用の場合は掲載誌(紙)一部お送りください。
Copyright(C) 2006Belgian Tourist Office Wallonia Brussels, Japan  All Rights Reserved.