HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

2008年6月アーカイブ

ベルギー人クリスタルガラス作家ルイ・ルルーの企画展「ガラスのギリシャ神話展」が7月5日(土)から9月28日(日)まで、ルイ・ルルー美術館で開催されます。

ルイ・ルルー(Louis LELOUP)は1929年ベルギーのリエージュ近郊に生まれ、18歳からクリスタルガラスの名門、ヴァル・サン・ランベール製作所で修行しました。
そこで吹きガラスの技術を学び、さらに持ち備えた独特な感性との融合で観る人に感動を与える作品を作り続けています。彼の作品は世界中で広く評価されており、カンヌ映画祭のメディア賞のトロフィーに使用されたり、ヴァチカン庁文化芸術財の一つともなっています。

そんな彼の作品を集めた「ルイ・ルルー美術館」が京都府精華町にあります。今回開催される「ルイ・ルルー ガラスのギリシャ神話展」では、メドゥーサやイカロスなどギリシャ神話の題材をテーマに製作された作品が展示されます。

この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 このたびベルギーワロン地方のミネラルウォーター「ショーフォンテーン」が日本コカ・コーラ㈱より発売されることとなりました。
6月10日より関東地方のam/pm店舗にて販売されています。

ベルギーでは良く見かけるミネラルウォーターですが、今まで日本では手に入りませんでした。
私たちも心待ちにしていたベルギーの水です。是非一度お試しください!

来る6月21日(土)、イベント「タンタン・デー」を当局オフィスにて行います。
6月16日(月)からオフィスにタンタン関連のディスプレイを約一ヶ月間おこなう予定をしておりますが、それらの展示やDVDをご覧いただけるほか、焼きたてワッフルもご用意いたします。

ブリュッセルでマグリット美術館を作る計画がかねてよりありましたが、このたび「2009年春に開館」ということでようやく始動しました。

当美術館はベルギー王立美術館の管轄で、場所もすぐ隣り、ブリュッセルの王宮広場に面したアルテンロー邸内に作られることになります。マグリットの約170点もの作品が所蔵される予定。

詳細はこちらをご覧ください。

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局