HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

参加者緊急募集!開局1周年記念パーティ 特別ゲストに映画監督のダルデンヌ兄弟


ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルでは当観光局の発足1周年を記念して、「ベルギーアートの夕べ」と題し、ベルギーのアートに触れるパーティを開催します。
今回特別ゲストとして2度のカンヌ映画祭パルムドール大賞受賞者であるワロン地方リエージュ出身のダルデンヌ監督兄弟をお迎えしてベルギーの映画事情や来年1月に日本公開予定の新作映画『ロルナの祈り』をご紹介します。

また、来年新たにオープンするブリュッセルのマグリット美術館や、漫画「タンタンの冒険」の作者エルジェのミュージアムの話題など、ベルギーアートあふれるイベント内容となっています。
今回は特別にベルギー観光局ワロン・ブリュッセル開局一周年を記念して一般の皆様のご参加も50名様を限定募集致します。お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

 

日時:2008年11月25日(火)18:30-20:30
定員:先着限定50名様
金額:10,000円(お一人様)
会場:目黒雅叙園4F 飛鳥の間 (正餐)
交通:JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線目黒駅より徒歩5分

応募方法:お名前、ご住所、電話番号、E-mailアドレス、参加希望人数を明記の上、タイトルを「1周年記念パーティ参加希望」としE-mailにてopt@belgium-travel.jpまでお送り下さい。折り返しお振込先等をお知らせいたします。

 

【特別ゲスト】
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
Jean-Pierre & Luc DARDENNE

 

〔略歴〕
兄ジャン=ピエール 1951年、弟リュック 1954年ベルギー・リエージュ生まれ。当時のリエージュは工業地帯であり、労働闘争のメッカでもあった。ブリュッセルに移り映画を勉強した二人は労働者階級の団地に住み込み、土地整備や都市計画の問題を描くドキュメンタリー作品を74年から制作しはじめる。その後もレジスタンス運動、ゼネスト、ポーランド移民といった様々な題材のドキュメンタリー映画を撮り続ける。99年『ロゼッタ』でカンヌ国際映画祭パルムドール大賞を受賞。2005年『ある子供』で史上5組目となる2度目のパルムドール大賞受賞者となる。いまや名実共に他の追随を許さない、21世紀を代表する世界の巨匠監督である。

 

主な受賞暦
カンヌ国際映画祭 パルムドール大賞/主演女優賞 『ロゼッタ』1999年
カンヌ国際映画祭 主演男優賞 『息子のまなざし』2002年
カンヌ国際映画祭 パルムドール大賞 『ある子供』2005年
カンヌ国際映画祭 最優秀脚本賞 『ロルナの祈り』2008年

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局