HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

ベルギー人はフランス人より合理的?!


chien_unique.JPG今回から始まる新企画「ユニーク・ベルギー」。
"ユニーク(唯一つの)ベルギー"と題し、ベルギーでならではの習慣や食事、言い回しなど、ベルギー独特のものを取り上げていきます。
周りの人にも教えて、「へぇー」と言わせましょう!

第1回目のテーマは「ベルギー人はフランス人より合理的?!」です。

ベルギーでフランス語が話されていることは、多くの方がご存知かと思います。でもフランスで話されているフランス語とベルギーのフランス語はまったく同じなのでしょうか?実は少し違うんです。

ベルギーに行く時、知っておいたほうが良いフランス語をご紹介します。


~数の数え方の違い~

日本語では1、2、3、4、5・・・・70、80、90、100・・・、それぞれ数字を表す言葉がきちんとあります。
ところがフランス語では70~99までの言い方が、日本語あるいは英語とはまったく違った表現をします。

70=60+10 (soixante dix ソワソント・ディス)
80=4×20 (quatre-vingts キャトル・ヴァン)
90=4×20+10 (quatre-vingt dix キャトル・ヴァン・ディス)

71、82、93などを言う場合は上の式にある一番右側の数字を増やす、あるいは1ずつ足していきます。つまり71の場合は「60+11」、82は「4×20+2」、93は「4×20+13」。
かなりややこしいです。

フランス語を習う時、多くの人がつまづくポイントではないでしょうか。
なぜこのような数え方になったのかは諸説あるようなので、ここでは省略しますが、とにかくこれが本場フランスでの数の数え方。

それがベルギーでは、
70=septante (セプタント)
80=quatre-vingts (フランスと同じ)
90=nonante (ノノント)
となります。

80は同じですが、70と90についてはそれぞれ固有の言い方があるのです。こちらのほうがよっぽど覚えやすいと思います。スイスでもこの言い方を使うようです。

ベルギーでは60+10(70)や、4×20+10(90)の表現を使うと、普段使わないためすぐに理解してもらえません。おまけに若干いやな顔をされる時があります。
また、逆にベルギーの表現をフランスで使うことも、あまりお勧めしません。

時々ベルギーで、この数の数え方についてちょっとした議論になることがあります。
私は個人的にフランスでフランス語を学んだこともあって、どうしてもセプタントやノノントという言い方に抵抗があり、ベルギーである日「60+10 soixante dix」とフランスでの表現をつい使ってしまいました。すると「セプタントseptanteでしょ!」と言い直されたのです。「でも私はフランスでフランス語を学んだから・・・」と反論した時に言われた一言。

「じゃあ君はベルギーとフランス、どちらの言い方が合理的だと思う?」

考えるまでもなく、答えは「ベルギー」です。そう答えた時、相手が私に勝ち誇ったような顔になったことは言うまでもありません。
それ以来何となく敗北感を感じつつも、ベルギーではなるべくベルギーの数の言い方を使うようになったのでした・・・。
(局員M)

コメント(1)

はじめまして
NHKラジオのフランス語講座で、ベルギー独自の70を表す表現があることを知り、検索の結果、こちらのサイトを拝見いたしました。
とても興味深く、楽しく読ませていただきました。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

コメントする

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局