HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

2009年8月アーカイブ


bru_noel.jpg毎年各地で開催されるクリスマス・マーケット。
ヨーロッパの人たちにとってクリスマスは特別なもの。

25日当日は通常家族と過ごしますが、12月に入ると町はクリスマス一色に染まります。お店のウィンドウにはクリスマスデコレーションが施され、たくさん並ぶクリスマス・マーケットの小屋では、ホットワインを飲んだりカキを食べたり、ショッピングをしたり、そしてスケートリンクや移動遊園地なども開催され、思い思いの楽しみ方をしています。

日が短い冬のヨーロッパですが、クリスマスの時期は暗くなってからが楽しい時間。ヨーロッパのあたたかい冬を訪れてみてはいかがでしょう。


tournai_panorama.jpg  ベルギー最古の町と言われるトゥルネーは今でも街のあちらこちらに歴史を感じさせる建物が多く残されています。

トゥルネーはかつてフランク王国の首都という歴史を持ち、メロヴィング朝の初代国王クロヴィスが生まれた町でもあり、メロヴィング朝をフランスの発祥と考えるとすると、トゥルネーはフランスにとっても非常に重要な町と言えるでしょう。

15~16世紀にはタペストリー、18世紀には磁器の生産で栄え、また町にはエスコー川が流れ、交通上も重要な場所だったのです。

トゥルネーの見どころをおすすめのルートとともにご紹介します。


2009年8月27日

旅行博2009開催


jata_logo.gif海外旅行のための情報を一堂に集めた、アジア最大級の旅行関連イベント「旅行博」。
今年は9月19・20日に開催します!

会場では、世界150の国と地域の一番ホットな情報を、来場の方々に体験して頂くために多彩なプログラムとブース展開で演出。

19日(土)には旅番組でお馴染みの関口知宏さん、20日(日)には「深夜特急」シリーズの著者沢木耕太郎さんがスペシャルゲストとしてトークショーを行うなど、盛りだくさんのイベントです。

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルもブースを出展します。
20日(日)にはベルギービールのセミナーをステージBにて行います。
みなさまのお越しをお待ちしています!


sphinx_bunkamura.jpg 東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて9月3日から展覧会「ベルギー幻想美術館 クノップフからデルヴォー、マグリットまで」が開催されます。

ベルギー近代美術の中でも魅力的な光彩を放つ画家達、ロップス、クノップフ、デルヴォー、マグリット、そしてアンソールなどの名品から構成されており、作品は兵庫県の姫路市立美術館に所蔵されているものです。

姫路市はベルギーのシャルルロワ市と姉妹都市にもなっている、ベルギーとはとても縁が深い町です。

常に時代の最先端を行く個性派の美術を送り出してきた「美術王国ベルギー」の、幻想絵画を堪能できる絶好の機会です!

フェリシアン・ロップス
《スフィンクス》
1884年 エリオグラヴュール・紙
姫路市立美術館蔵


toyotamaho_durbuy.JPG9月1日からLaLaTVで放送される「旅に恋して」でベルギー編が放送されます。
旅人は女優のとよた真帆さん。

ベルギーを初めて訪れるとよたさんでしたが、取材終了後は大のベルギーファンになったそう。
一体どんな旅になったのでしょうか?

絵も描かれるという彼女がベルギーを旅しながら、日々の印象や思い出を絵で表現してくださいます。
シックで少し大人っぽい、それでいて気取らないベルギーの旅をお楽しみください!

(写真:デュルビュイの街を眼下に見下ろすビューポイントから)


pamphlet01.JPGワロン・ブリュッセルガイドブックの最新版が間もなく完成します!
オールカラー16ページ。

ブリュッセルはエリアごとの見どころやおすすめのショップを地図とともに掲載。このパンフレットを見ながらブリュッセルの街歩きが楽しめます。
ワロン地方は各州ごとに町や見どころ、エリアごとのグルメ・お土産情報などを紹介。

これがあればベルギーを楽しく旅できる一冊になっていると思います。9月初旬から資料請求していただけます。お楽しみに!


brusselscard1.JPGブリュッセルカードをご存知ですか?
 
市内30箇所の美術館に入館できるほか、ブリュッセル市内のメトロ・トラム・バスの利用も可能な、ブリュッセル市内の観光に、とっても便利でお得なカード。
チケット購入時の時間を省いて効率よく観光でき、またレストランやバーでの割り引きも受けられます。

カードは24時間・48時間・72時間と3つのタイプがあり、滞在期間に応じて選ぶことができます。

ブリュッセルカードで楽しく効率よくブリュッセル観光を楽しみましょう!



maredsous2.JPG今回のグルメの話題は「修道院」。

中世ヨーロッパにキリスト教が広まると、その布教のために修道院が次々に造られました。
修道院にあまり縁のない私たちでも楽しめるものがあります。それは「ビール」。数多くの修道院がベルギーにはありますが、今回はマレッツ修道院をご紹介します。

マレッツで造られるビールは"アビィビール"という種類に属します。
その定義は「修道院からライセンスを得て一般のビール会社が造るビール、また現存していない修道院や聖人の名前を付けたビール」。

かつてビールは生水よりも安全な飲み物であり、栄養価が高いため「液体のパン」と言われるほどでした。修道士たちは民衆にビールを施しつつ、布教活動をしていたそうです。


行けばハッピーになるかも?!ベルギーにもそんな場所があります。
ご利益があるかどうかは保証できませんが、知っていたら訪れてみたい、ちょっとしたラッキースポットをご紹介します。


8月3日から、アルクのコミュニティサイト「地球人マラソン」でベルギーのコミュニティが始まりました。
ベルギーについていろいろな紹介をしたり、"シティズン"となってコミュニティに参加する方々からの質問にお答えしたり、といった内容となっています。

ぜひ一度アクセスしてみてください!
http://alcom.alc.co.jp/communities/571

また、ベルギー大使館ワロン地域政府 貿易・外国投資振興庁代表のクレール・ギスレンさんの、ベルギーについてのインタビュー(英語)もお聞きいただけます。
http://alcom.alc.co.jp/communities/571/guide



ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局