HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

姫路市立美術館「ベルギー美術の変貌」


himeji_expo.JPG姫路市立美術館
コレクションシリーズ 象徴派から現代まで
「ベルギー美術の変貌」
10月31日(土)~12月13日(日)


姫路市立美術館では、収集に3つの方針を掲げています。
第一は郷土ゆかりの作品、第二は国内の名品、第三はベルギーを中心とする海外の美術作品です。
ベルギー美術のコレクションは、姫路市がベルギーのシャルルロワ市と姉妹都市提携を結んだことがきっかけで収集が始まりましたが、現在では様々な切り口でベルギー美術を紹介できる質・量になってきました。


今回のコレクションでは、19世紀以降のベルギー美術の諸相に着目し、独自の変貌を遂げたベルギー美術の魅力に迫ります。
幻想的な世紀末絵画から、社会の現実を描き出す表現主義、無意識の世界を表現するシュルレアリスム、そして現代の美術に至る作品群は、私たちを魅了し、時にスピリチュアルな刺激を与えてくれることでしょう。

「ベルギー美術の変貌」
2009年10月31日(土)~12月13日(日)
姫路市立美術館 企画展示室にて

開館時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(※11月23日は開館、24日は休館)
観覧料:一般500(400)円、大学・高校生300(200)円、中学・小学生200(100)円
     ※( )内は20名以上の団体料金
ウェブサイト:www.city,himeji.lg.jp/art/

<会期中のイベント>
映画上映会
■11月7日(土)、11月28日(土)午後1時~、午後3時~
 上映作品:Magritte
 監督:アドリアン・マーベン
 シュルレアリスムの巨匠ルネ・マグリットのイメージの源泉や生涯についてまとめた映像作品。
 ※英語での上映。上映時に簡単な内容説明あり。
■会場:美術館2階講堂 ■参加方法:各回開始30分前から整理券を配布。先着80名。企画展の観覧券が必要(半券可)。

ギャラリートーク
■11月14日(土)午後2時~
 解説:当館学芸員 
■会場:企画展示室
■先着20名

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局