HotNews

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルからの最新情報

07unique belgiumの最近のブログ記事

あっという間に2016年も残すところあと少しとなりました。
新しいサイトのオープンとオープン記念キャンペーンのお知らせです。

ベルギー全体の、イマのナマの情報を、タイムリーにお伝えすべく新サイトを作ってしまいました!
belgium-live2.jpg

そして、オープン記念キャンペーンとして 吉村和敏さん著

「ベルギーの最も美しい村全路破の旅」 プレゼントキャンペーン

を行います。
どうぞ皆さまふるってご応募ください!!

 

 

13_JPG[2].jpg

 

14_JPG[1].jpg

 

15_JPG[1].jpg

 

16_JPG[1].jpg

 

この7月1日にユネスコの世界遺産として登録された

ワロン地方の4つの炭鉱跡ですが、うち3つはエノー州にあり、

残りの1つ、ブレニー・ミーヌはリエージュ州にあります。

ブレニー・ミーヌは、19~20世紀当時は

ベルギー内で一、二を争うほどの石炭の産地でした。

現在は炭鉱跡を見学するツアーが組まれています(有料)。

 

見学ツアーなどの詳細はこちらから(英語、フランス語 ほか)。

http://www.blegnymine.be/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BL3.jpg

 

BL.jpg

 

BL2.jpg

 

BL4.jpg

 

エノー州ラ・ルーヴィエール市郊外のボワ・デュ・ルックは

炭鉱労働者用の住宅群で、

その起源は1685年にまでさかのぼります。

19世紀半ばより炭鉱労働者の生活の場として使用され、

1950年代閉鎖されましたが、

住宅の一部は公開されており、

当時の生活の様子をうかがい知ることができます。

 

詳しくはこちらから(英語、フランス語、オランダ語のみ)。

http://www.ecomuseeboisduluc.be/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GH1_OK.jpg 

  GH2_OK.jpg 

 GH3.jpg

 

 

この7月1日に世界遺産に登録された、

エノー州のモンス市郊外に位置するグラン・オルニュ。

ここは、炭鉱、附属工場、労働者と経営者の住宅約440戸からなり、

ある意味ひとつの都市を形づくっていたともいえる場所です。

 

エノー州のモンス、ラ・ルーヴィエール、シャルルロワに広がる一帯は、

19世紀に炭鉱が栄えていたことから"黒い地方"とよばれています。

すぐ近くにある中央運河のボートリフトも

石炭の運搬を目的として築かれた設備です。

 

詳しくはこちらから。

http://www.belgium-travel.jp/wallonia/mons.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BC1_OK.jpg 

 

BC2.jpg 

 

BC3.jpg      

 

10_JPG[2].jpg 

 

エノー州のシャルルロワ市郊外、

マーシネルにあるかつての炭坑跡、カジエの森。

ここはかつて主要エネルギーであった石炭を産出し、

シャルルロワの産業と繁栄をささえました。

現在は、産業博物館、ガラス博物館などがあります。

 

詳しくはこちらから。

http://www.belgium-travel.jp/wallonia/charleroi.html

 

 

 

 

 

 

_1_JPG[1].jpg

(世界遺産 グラン・オルニュ)

 

2012年7月1日、ワロン地方の4つの炭鉱跡

(グラン・オルニュ、カジエの森、ボワ・デュ・ルック、ブレニー・ミーヌ)が

ユネスコの世界遺産に登録されました。

 

ベルギー南部のワロン地方はかつて石炭の一大生産地として、

19世紀から20世紀のベルギーの近代産業の隆盛を支えました。

ワロン地方の炭鉱産業は、

現在のベルギーの礎といっても過言ではないでしょう。

今回、登録された世界遺産は、

どれも当時の炭鉱・石炭産業の様子と、

それを支えた炭鉱労働者の生活などが、

現代によくわかる形で保存、

継承されていることが評価されました。

 

また、当時、イタリアからもたくさんの労働者が炭鉱へとやってきました。

そのなごりからワロン地方は今でも"パスタ料理がおいしい"といわれ、

ワロンの人々の明るい性格は、

当時からのラテン気質の継承ともいわれています。

 

 

詳しくはこちらから(英語、フランス語、オランダ語のみ)。

http://www.sitesminiersmajeursdewallonie.be/

 

 


行けばハッピーになるかも?!ベルギーにもそんな場所があります。
ご利益があるかどうかは保証できませんが、知っていたら訪れてみたい、ちょっとしたラッキースポットをご紹介します。


chien_unique.JPG今回から始まる新企画「ユニーク・ベルギー」。
"ユニーク(唯一つの)ベルギー"と題し、ベルギーでならではの習慣や食事、言い回しなど、ベルギー独特のものを取り上げていきます。
周りの人にも教えて、「へぇー」と言わせましょう!

第1回目のテーマは「ベルギー人はフランス人より合理的?!」です。

ベルギーでフランス語が話されていることは、多くの方がご存知かと思います。でもフランスで話されているフランス語とベルギーのフランス語はまったく同じなのでしょうか?実は少し違うんです。

ベルギーに行く時、知っておいたほうが良いフランス語をご紹介します。

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局