「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

メイン

March 10, 2008

観光局企画ツアー② 「ベルギーのライフスタイルを感じる旅」

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル企画ツアー 第2弾
「プロモーション・マネージャーと行く!ベルギーのライフスタイルを感じる旅」
2008年6月20~28日

コンセプトは"ベルギーのライフスタイルを知る"。
ベルギーに行くたびにいつも、ベルギーの人たちは人生を楽しんでいるように目に映ります。
そんなベルギー人のライフスタイルを垣間見ることができるような旅を提案したいと思い、このツアーを企画しました。

応募は締め切らせていただきました。ありがとうございました。

frahan.jpg veves.jpg durbuy2.jpg beer.jpg
(写真左から:ロシュオーの村からの眺め、ヴェーヴ城、デュルビュイの街角、テラスでビールを・・)

~ワロン地方で自然を感じる~
自然に囲まれたワロン地方は、時間がゆっくりと流れているかのよう。
点在する小さな町や村を訪れてそれを感じていただけるのでは。
思わず深呼吸したくなってしまうような自然豊かな場所で、日本での忙しさを忘れ、リフレッシュしてください!

~まだまだ知られていないブリュッセルを巡る!~
なかなかじっくりと訪れることのないブリュッセルの町ですが、今回はゆっくりと滞在し、アンティーク市や蚤の市、
ファッション地区のダンサール通り界隈など、ブリュッセルっ子たちが集う今のブリュッセルをお見せします。
そして夜はビアカフェでの一杯がおすすめです!

jeudeballe.jpg speculoos.jpg dansaert.JPG gaufre2.JPG
(写真左から:ジュ・ド・バル広場の蚤の市、伝統菓子スペキュロース、ファッション地区ダンサール通り、ワッフル)


日程

スケジュール

宿泊
1日目
6月20日(金)
成田空港発
ヨーロッパ内にて乗り継ぎ、ブリュッセルへ
ブリュッセル泊
2日目
6月21日(土)
AM:ブリュッセル市内観光
昼食:レストラン
PM:ダンサール通りなど"現代のブリュッセル"を感じる場所へ
夕食:レストラン
ブリュッセル泊
3日目
6月23日(日)
AM:サブロン広場のアンティークなどを見学
昼食:レストラン
PM:フォロン・ミュージアム見学
ブリュッセル泊
4日目
6月24日(月)
AM:モンスへ
市内観光およびゴッホの家見学
昼食:レストラン
PM:アンヌヴォワの庭園を見学後ディナンへ
ディナン観光
夕食:レストラン
ディナン泊
5日目
6月25日(火)
AM:ヴェーヴ城(外観)やセルCellesなど小さな美しい村を見学
昼食:レストラン
PM:デュルビュイへ
デュルビュイ観光
夕食:ホテルまたはレストラン
デュルビュイ泊
6日目
6月26日(水)
AM:トルニーへ
その後オルヴァル修道院を見学
昼食:オルヴァルにて
PM:ブイヨンへ
ブイヨン城など見学
夕食:ホテル
ブイヨン泊
7日目
6月27日(木)
AM:スモワ川と小さな村が一望できるロシュオーRochehautへ
その後"本の村"ルデュを見学
昼食:レストラン
PM:ブリュッセルへ
自由行動
夕食:レストラン
ブリュッセル泊
8日目
6月27日(金)
ブリュッセル発
ヨーロッパ内にて乗り継ぎ
機中泊
9日目
6月28日(土)
成田空港着

料金:368,000円 (旅行代金に空港税・燃油サーチャージは含まれません)

ツアーに参加ご希望の方は、下記より手配会社ベルギートラベルセンターのウェブサイトをご覧ください。企画ツアーに関してのさらに詳しい情報を掲載いたしております。
eco2_9.jpeg

ツアー申込書

旅行に関しての詳しい情報につきましては追ってベルギートラベルセンターよりご連絡差し上げます。

*ツアーの内容についてご質問の方は観光局(opt@belgium-travel.jp)までお問い合わせください*

投稿者 Damien66 : 9:42 PM | コメント (0) | トラックバック

観光局企画ツアー① 「心のエコ」ツアー

2008年1月1日から、ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルが新たにスタートいたしました。
それを記念し「心のエコ」をテーマに、特別ツアーを企画いたしました。
ベルギーの首都ブリュッセル&森、水、アート、村々、自然の魅力あふれるワロン地方の旅に、是非ご参加ください!

「局長と行く!ベルギー"心のエコ"ツアー」
2008年6月6~14日

応募は締め切らせていただきました。ありがとうございました。

bru.jpg folon.JPG crupet.jpg maison_gogh.JPG
(写真左から:テラスでくつろぐ人たち、フォロン・ミュージアム、小さな村の風景、モンス近郊ゴッホの家)

"心のエコ"とは...
日々の生活の中で疲れた心身を自然の中でゆっくりのんびりして癒す、ということ。

ワロン地方には森や川、丘などの豊かな自然があり、そしてその中に小さな村々が点在しています。
そんな自然いっぱいの中にあるホテルに宿泊して、朝寝坊してゆっくり朝ごはんをとり、ホテルの周りの自然の中を
散歩したりホテルでのんびり過ごしたり...。
いろいろな場所を忙しく見て回る旅ではなく、アート、文化を感じながら、もっとのんびりした滞在を楽しんでほしいもの。
ワロン地方を旅して心身ともにリフレッシュしてまた日常に戻る、それが私たちの考える"心のエコ"。

~新しいブリュッセル~
一般のパッケージツアーではなかなか見られない、モードやアンティークなどブリュッセルの「今」をご紹介します。
ブリュッセルモードのキーワードは「多様性」と「シンプル」。最近、特に注目を集めるダンサール通り周辺は
グランプラスからも程近く、若いブリュッセロワ(ブリュッセルの住民)が集まり、活気に溢れています。

~ロハスを体感、ワロン地方~
ワロン地方は美しい森や川といった自然に囲まれ、伝統的かつシンプルなライフスタイルを大切にする小さな村々が
点在しています。心があったかくなる、ベルギー・ワロン地方のグリーンな歩き方を紹介します。

ツアーのポイント
①3ヶ所の5ツ星ホテルにて2連泊
②スパにて温泉やエステを楽しむ
③シャトーホテルでベルギーの美食を堪能
④ブリュッセルの注目スポットを紹介
~モード、緑あふれるブリュッセル、アンティーク~

manoir.jpeg gastronomie.jpg torgny.JPG
(写真左から:宿泊ホテル"マノワール・ド・レビオル"、グルメを満喫・・・、トルニー村)



日程

スケジュール

宿泊
1日目
6月6日(金)
成田空港発
ヨーロッパ内にて乗り継ぎ、ブリュッセルへ
ラ・ユルプ泊
ドルチェ・ラ・ユルプ
2日目
6月7日(土)
AM:ブリュッセル市内観光およびアンティーク市、蚤の市などを見学
昼食:レストラン
PM:フォロン・ミュージアム見学
夕食:ホテルにて
ラ・ユルプ泊
ドルチェ・ラ・ユルプ
3日目
6月8日(日)
AM:モンスへ
モンス市内観光
昼食:レストラン
PM:ゴッホの家見学
アンヌヴォワ城の庭園やクリュペ村などを見学
夕食:ホテル
マルシュ・アン・ファメンヌ泊
シャトー・ダッソンヴィル
4日目
6月9日(月)
AM:トルニーへ移動、村を散策
オルヴァル修道院へ
昼食:修道院でつくられているビールとチーズ
PM:ブイヨン観光
夕食:ホテル
マルシュ・アン・ファメンヌ泊
シャトー・ダッソンヴィル
5日目
6月10日(火)
AM:モダーヴ城見学
その後デュルビュイへ
デュルビュイ観光
昼食:レストラン
スパ市内観光後ホテルへ
夕食:ホテル
スパ泊
マノワール・ド・レビオル
6日目
6月11日(水)
スパにて終日自由行動
OP:エステ、ゴルフなど
夕食:ホテル
スパ泊
マノワール・ド・レビオル
7日目
6月12日(木)
AM:ブリュッセルへ
昼食:レストラン
PM:ファッション地区ダンサール通りなどを散策後自由行動
夕食:レストラン
ブリュッセル泊
8日目
6月13日(金)
ブリュッセル発
ヨーロッパ内にて乗り継ぎ
機中泊
9日目
6月14日(土)
成田空港着

料金:386,000円 (旅行代金に空港税・燃油サーチャージは含まれません)

ツアーに参加ご希望の方は、下記より手配会社ベルギートラベルセンターのウェブサイトをご覧ください。
当企画ツアーに関しての詳しい情報を掲載いたしております。
eco_9.jpeg

*ツアーの内容についてのご質問は観光局(opt@belgium-travel.jp)までお問い合わせください*

投稿者 Damien66 : 9:41 PM | コメント (0) | トラックバック

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved