「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« ワロンの写真展いよいよスタート | メイン | フォロンの作品いろいろ »

April 11, 2008

フォロン・ポスター展 4月15日~5月6日 たばこと塩の博物館にて

la mer.jpg ベルギーを代表する現代アーティスト、ジャン=ミシェル・フォロンのポスター展が、4月15日(火)~5月6日(火)まで、タバコと塩の博物館で開催されます。
ブリュッセル生まれのフォロンは、2005年にモナコで亡くなるまで、絵画、版画、彫刻やポスター、ステンドグラスなど多岐にわたる作品を残してきました。彼はヨーロッパをはじめ、世界中で活躍し、アメリカでは雑誌「The New Yorker」の表紙を長年手がけ、日本でも数回展覧会を開いています。
独特な柔らかいタッチでありながらメッセージ性の強いフォロンの作品は、人の心をあたたかくしてくれます。。

今年2008年は、ベルギーでは"フォロン・イヤー"。「Folon2008」と題しベルギー各地で展覧会など、様々なイベントが催されます。今回のポスター展も一連のイベントに合わせて開催されるものです。

日本でフォロンの作品を見ることのできる数少ない機会です。
「詩と夢の旅人」フォロンの語りかけを、是非あなたの目で直接感じてください。

彼が制作活動のなかで大切にしていたのが、自分の世界を通して"人権"や"平和"を訴えることでした。晩年にはユニセフ親善大使に任命されるなど、人権に対する意識が非常に強く、「人権宣言」に関する作品も手がけています。フォロンの作品には鳥をモチーフにしたものが多くありますが、そこには自由や平和への希求が込められています。

ベルギーでは今年は「フォロン・イヤー」
フォロン・イヤーである今年2008年は、彼のミュージアムのあるラ・ユルプ(La Hulpe)を中心に、ベルギー各地、主に南部のワロン地方でフォロンの展示会「Voyage au pays de Folon(フォロンの足跡を辿って)」が開催されます。
ラ・ユルプのフォロン・ミュージアムは緑豊かな公園の中にある農場を改築したもので、素朴で飾らない建物の中でフォロンの作品やアトリエを再現した部屋などを見ることができます。心から安らげる世界の中で、人と自然のぬくもりを感じることができるはずです。

皆さんもフォロンの足跡を辿って、ベルギーを旅してみてはいかがですか?


IMG_1472.JPG

フォロンポスター展
場所:タバコと塩の博物館 1階エントランスホール
   東京都渋谷区神南1-16-8 
   Tel:03-3476-2041
アクセス:渋谷駅から徒歩10分
会期:2008年4月15日(火)~5月6日(火・祝)
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(5月5日は開館)
入館料:大人100円、小・中・高校生50円

主催:ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
    たばこと塩の博物館
協力:フォロン財団
   株式会社 オーバル
後援:在日ベルギー大使館
   ベルギー王国ワロン地方政府 貿易・外国投資振興庁 AWEX

フォロンの作品をご覧になりたい方はこちら

投稿者 Damien66 : April 11, 2008 9:36 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.belgium-travel.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/28

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved