「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« 2008年クリスマス情報 | メイン | タンタンの奥深さを知りました »

June 5, 2008

TBS「知っとこ」でモンスの祭り"ル・ドゥドゥ"が登場 6/7(土)

doudou.jpg 6月7日(土)放送のTBSの番組「知っとこ」の中のコーナー「新婚さんの朝ごはん」でベルギー西部にある古都モンスの町が紹介されます。
今回の見どころはモンスで毎年開催される祭り「ル・ドゥドゥ」。ユネスコの無形遺産にも登録されているお祭りです。
普段比較的穏やかなこの町ですが、この日をモンスの人たちは心待ちにしています。町にはモンスの人はもちろんベルギーあるいはヨーロッパ各地から訪れた人たちで活気に満ち溢れます。

番組ではまた、毎回その町に住む新婚さんも紹介。今回はモンスでレストランを夫婦で経営するお二人が登場。料理人の作るモンスの名物料理をご覧いただけます。

chardor.jpg 「ル・ドゥドゥ」の祭りでは、聖ウォードリュー参事会教会からモンスの町の守護聖人、聖ウォードリューの聖遺物箱を"黄金の馬車"と呼ばれる山車に載せられ町を練り歩きます。特に、教会へ戻る坂は一気に駆け上がらなければ町に災いが起こる、と言われているため、担いでいる人たちは止まることが許されません。
その後モンス市庁舎のある広場で「リュムソン」と呼ばれる、ドラゴンが登場する戦いの場面が繰り広げられます。広場には砂が敷かれ、中央にドラゴンの大きな人形が登場しますが、このドラゴンに付けられたフサフサとした尻尾を1本でも手に入れることができたら、幸せが訪れるという言い伝えがあるため、ドラゴンの周りにはとにかく大勢の人が集まり、我先にと尻尾を奪い合います。

canal_centre.jpgそして、モンス近郊のもう一つの世界遺産「サントル運河のボートリフト」も紹介。ここはムーズ川とエスコー川2つの川の高低差を解消するために作られた70メートルの"船のエレベーター"。機械は使わず、水の動力だけで船を70メートル上下させるというものです。
100年以上前に作られた産業遺産が、非常に良い状態で保存されていることから1998年世界遺産に登録されました。

あまり紹介されてこなかったベルギー西部ですが、意外と世界遺産が多い地域なのです。
少し早起きして、番組をお楽しみください!

放送局:TBS(全国ネット)
番組名:「知っとこ」内コーナー"新婚さんの朝ごはん"
放送日時:2008年6月7日(土)
      午前7時30分~9時25分
「新婚さんの朝ごはん」のコーナーは、9時ごろから。

知っとこ公式ホームページ:http://www.mbs.jp/shittoko/

投稿者 Damien66 : June 5, 2008 9:19 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.belgium-travel.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/13

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved