「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« カレンダーの風景 2月 | メイン | カフェ、Le Cirioがブリュッセルの遺産に認定予定 »

February 9, 2009

ベルギーの「フリスク」

先日ベルギー在住のガイドの方が来日し、お土産に「フリスクFrisk」をいただきました。
食べると口がスーッとする、あのフリスクです。
そのガイドの方は、今では日本でベルギーの様々なものが売られているので「お土産に困る」とおっしゃっていました。
チョコレート、ビール、クッキー・・・、お土産になりそうなものは確かに今やたくさん日本に入ってきています。
悩んだ挙句、お土産に持ってきたのが「フリスク」だった、というわけです。

でもこのフリスク、ただものではありません!

その形に注目。
frisk3.JPG
日本のものよりケースが厚め。約1,5センチ。
青いのがペパーミント、赤いのがチェリーミントです。

そして上部を押すと、

 
frisk2.JPG
一粒だけひょっこり出てきます!!

frisk1.JPG
こんな感じ。

普段フリスクはあまり食べないのですが、これを見た時はちょっとした感動でした。
でも後で、"一見すごい技術のようで、意外にシンプル"ということに気がつきました・・・。

現在日本で売られているフリスクは"原産国 オランダ"となっていますが、ベルギーで売られているものは、
いまだにベルギーで作られているようです。
これをくださったガイドの方に、日本のはケースをスライドさせるとフリスクが出てくる、という話をしていたら、
それは「古いバージョンだ」とのこと。。

興味のある方は、ベルギーに行ったらスーパーで是非探してみてください!

投稿者 opttokyo : February 9, 2009 10:23 AM

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved