「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« リエージュにトラム、2015年に開通予定 | メイン | 快挙!「おくりびと」がオスカー受賞!! »

February 13, 2009

フリッツを作ろう!

                                 IMG_0660.JPGフリッツ(フライドポテト)はベルギーで生まれた代表的な料理。街にはフリッツスタンドが立ち、子供から大人まで広く人気があります。一家に一台フリッツを揚げるためのフライヤーがあるほどです。

そんなフリッツですが、とてもシンプルに見えて意外と奥が深い。ベルギー人はフリッツにこだわりが強く、人によって油を代えたり、揚げる温度が違ったりと、一度フリッツ談義が始まるとなかなか決着がつきません。。

今日は私がベルギーの友人から教わったレシピを紹介したいと思います。成功すれば、外はサクッと中はホクホクの美味しいベルギーフリッツができるはずです。このレシピに異論のあるベルギー人もいるかと思いますが、一例だと思って勘弁して下さい(笑)

フリッツ(フライドポテト)2~3人前

男爵イモ                  500g

ラード(なければサラダ油)       1リットル

①ジャガイモは皮をむき、1cm角、長さ7、8cmに切る。油は160℃に温めておく。

②油に少しずつジャガイモを入れ、火が通るまで6~7分揚げる。芯まで火が通ったら、網に上げ荒熱をとる。(いっぺんに大量のジャガイモを入れると油の温度が下がってしまうので、数回に分けて揚げる方が良い。)

③油を190℃まで上げ、荒熱をとったジャガイモを再び揚げる。きつね色になるまで2~3分。

④全体に塩をまぶし、好みでマヨネーズを添えて完成。

ポイントは二度揚げです。高温で揚げなおすことで、正面がサクッと仕上がります。

ベルギーではフリッツにマヨネーズなどのソースをつけて食べるのが一般的です。フリッツスタンドでは様々なソースから好みのものを選べ、「サムライ」や「バンザイ」といった名前の少し辛味が効いたソースもあります。気をつけていただきたいのは「ピリピリ」ソース。かなり辛いです。。初めて食べた時、これは「ピリピリ」じゃなくて「ビリビリ」だ...と思ったほどです。

私がオリジナルで作ったもので気に入ってるのは、マヨネーズに柚子胡椒を加えたソース。少しさっぱりして、日本人の口に合います。ベルギー人にも好評だった柚子胡椒ソース、お勧めです。是非お試し下さい。。

 写真は(C)八木実枝子

投稿者 opttokyo : February 13, 2009 11:22 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.belgium-travel.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/104

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved