「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« 「白い貴婦人」ダム・ブランシュ | メイン | 春の風物詩、ホワイトアスパラガス »

March 13, 2009

ベルギーのランドセル(?)

桜の開花予想もされ(東京は3月24日と聞きましたが)、すっかり春めいてきましたね。ブリュッセルにも日本から贈られた桜(cerisier du Japon)があり、日本よりやや遅れてきれいな花を咲かせてくれます。

春と聞いて小学校の入学式を思い出す人も多いのではないでしょうか?小さい子供がランドセルを背負って通学する姿はほほえましいですよね。ベルギーでは9月に入学、進級するので、桜を見て出会いと別れの季節だなぁなどと思ったりはしません。小学生もランドセルはなく、自由にバッグを選ぶことができます。

 そんな自由に選べるバッグの中でベルギーの若者に絶大な人気があるのが、キプリングのバッグです。サルのマスコットが特徴的なブランドで、学生の5人に1人はキプリングのバッグを使用しているのではないでしょうか。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に多くの学生が使っています。教室内を見回せばバッグについた可愛らしいサルが何匹も目に付きます。

「キプリング」はジャングルブックの原作者の名前がついた、ベルギー生まれのカジュアルブランドです。キプリングのバッグは軽くて丈夫、デザインや色も多くあります。日本より大型のファイルを使うベルギーの学生には必需品のようです。

キプリングのオフィシャルページからマスコットのコレクションを見ることができます。日本でも東京を中心に18店舗を展開する人気ブランドなので、是非お店のほうものぞいてみて下さい。

 キプリング オフィシャルページ

青山本店

東京都港区北青山3-5-15

03-5771-5820

 

投稿者 opttokyo : March 13, 2009 11:00 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.belgium-travel.jp/admin/mt/mt-tb.cgi/119

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved