「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« March 2009 | メイン | May 2009 »

April 28, 2009

写真は財産です

424event1.JPG4月24日(金)に丸の内カフェにて、「プロカメラマンに教わる一眼レフ写真術」と題し、カメラをテーマに当局主催のイベントを開催しました。

約50名の方々にご参加いただき、既に一眼レフを使っている方、まだ持っていないけれどこれから購入したい方などさまざまでしたが、みなさん真剣にセミナーを聞いていらっしゃいました。




セミナーは、まず当局のダミアンがベルギーについて説明したあと、プロカメラマンの高山浩数さんが
旅行中のさまざまなシチュエーションでの写真の撮り方を伝授してくださいました。

簡単にまとめると、

<風景>
太陽の位置を確認。真上から光が差す時間帯に写真を撮ることは極力避け、光が斜めに差す朝と夕方に
写真を撮ると立体的な写真に。
お城など大きな建物などは、全体と部分的の両方で撮影しておく。

<夜景>
暗い場所での撮影は手振れが起こりやすいので、カメラの感度を上げ、なるべく手振れが
影響しないようにする。三脚を使うのがベスト。

<人物>
人物を被写体にすると、ついつい真ん中に人物を写してしまいがち。動きのある写真にするには、
人物は真ん中でないほうが良いが、撮影時にそこまで考えるのは難しいので、あとで画像をトリミング。

<料理>
レストランは薄暗いことが多いが、なるべく光の多い場所で撮影。特にお皿の後ろ側が明るくなるようにすると、
手前はくっきり、後ろがぼけた素敵な写真に。
ストロボはNG!

424event2.JPGそれ以外にも、
・最高のサイズ・画素数で撮る。
・撮った写真はすぐにパソコンに落とし、さらに外付けハードディスクなどに
バックアップをとる
・画像はできたらRAWデータで撮る。
*RAWデータとは、何も手を加えない状態の画像。
JPGとは、カメラの中の現像所で処理がなされた状態。その後写真に手を加えることができないが、RAWで撮影し保存しておけば、今後新たな画像ソフトが開発された際にも対応できる。
その代わり、大きな容量が必要となるため、メディア(SDカードなど)は多めに必要
などなど、ちょっと覚えておくと便利なさまざまなアドバイスをくださいました。

高山さんが説明の中でおっしゃった「撮った写真は自分の財産」という言葉がとても印象的でした。
旅行へ行ったら、そこで出会ったもの、人、食べたもの、風景、さまざまなものが自分の経験となり財産となります。
その時経験したものをなるべくそのままの状態で写真に残すことができたら、あとで写真を眺めた時に
旅行中の情景が鮮やかに蘇ってくることでしょう。

カメラに関する語彙は結構難しいので、頭で覚えるだけではなかなか・・・、という方もいるのでは。
普段からたくさん写真を撮って、体で覚えるのが一番の近道かもしれません!

投稿者 opttokyo : 2:02 PM | コメント (3)

April 20, 2009

画家の名前のパン

brueghel.JPGベルギーのスーパーマーケットのパン売り場で不思議な名前のパンを見つけました。
その名も「ブリューゲルBrueghel」。
写真がそのパンです。

どういうパンなのかウェブで調べても全く情報が見つかりませんでした。
ブリューゲルは農民の生活をよく描いていた画家なので、当時の作り方を再現したパンなのでしょうか??

わりと大きいパンで、このスーパーでは一つ1.85ユーロで売られていました。
次回ベルギーに行く時、どのようなパンなのか確かめてみたいと思います。。

投稿者 opttokyo : 5:49 PM | コメント (1)

April 12, 2009

古本の村ルデュで見つけたもの


ブリュッセルから南下すること120km、ワロン地方ルクセンブルク州にルデュ(Redu)という小さな村があります。
ルデュは村の活性化のために、古本屋を集めて村おこしにとても成功した場所です。

古本屋さんはそれぞれ料理・音楽・海・漫画・ミステリー小説などなどといった具合に得意分野があります。

漫画専門の本屋さんで見つけたものたちです。

タンタンの本?
tintin_lp.JPG

答えは、レコードです。
tintin_record.JPG

2話分が収録されています。残念ながら、家にレコードプレーヤーがなく、まだ聞いていません・・。
tintin_lpura.JPG


そして、この本。ベルギーの女の子たちがみんな読む本だそうです。
redulivre.JPG

なんと裏表紙に、タンタンの漫画本の広告が!イラストがとてもかわいいです。

tintin_livreura.JPG


開くとこんな感じです。本の裏表紙に広告を載せるというのは初めて見ました。
tintin_livre.JPG

この本を見つけたとき「掘り出し物を見つけた!」という気分でした。
というのも、タンタンの本やレコードは比較的金額が高めですが、この本はタンタンの本ではないので、割と安かったのでちょっとラッキーでした。

ルデュはゆっくりと古本探しを楽しめる、とてものどかな村です。
http://www.redu-villagedulivre.be/

毎年イースターの時期、ちょうど今週末に「Fête du Livre de Redu ルデュの本の祭り」が、また8月には夜の古本市「Nuit du Livre 本の夜」が開催されます。
各古本屋さんが、村の通りに本を出して行われるこの古本市には、毎年多くの人が訪れます。
お祭り気分の中で本を探すなんて、いつもとちょっと違った本が目に留まるかもしれませんね。

投稿者 opttokyo : 2:29 PM | コメント (0)

April 3, 2009

カレンダーの風景4月

3月は一瞬あたたかくなったかと思えば、寒くなったりしていたので、みなさま風邪など引いていないでしょうか。

4月入ってようやく桜も咲き、新入生や新社会人を迎えるかのように春めいてきました。
暖かくなるとなんだか外に出たくなりますね。


太陽の光がまぶしくなってくると、ヨーロッパではみんな外に繰り出します。
特にベルギーを含む長い冬を経験する北部ヨーロッパの人達にとって、太陽は特別な存在。
少しでも日の光を浴びようと、外に出ます。
ちょっとくらい寒くても太陽が少しでも顔を出していれば、カフェのテラスは満席。みんな家族や友達同士でビールを飲みつつ、週末ひとときを楽しみます。

旅行中に歩きすぎて疲れたら、カフェに入ってちょっと一息入れてみてはいかがでしょう。
それまで歩いていた街が少し違って見えるかもしれません。

2009_04.png

投稿者 opttokyo : 5:30 PM | コメント (1)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved