「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« カレンダーの風景4月 | メイン | 画家の名前のパン »

April 12, 2009

古本の村ルデュで見つけたもの


ブリュッセルから南下すること120km、ワロン地方ルクセンブルク州にルデュ(Redu)という小さな村があります。
ルデュは村の活性化のために、古本屋を集めて村おこしにとても成功した場所です。

古本屋さんはそれぞれ料理・音楽・海・漫画・ミステリー小説などなどといった具合に得意分野があります。

漫画専門の本屋さんで見つけたものたちです。

タンタンの本?
tintin_lp.JPG

答えは、レコードです。
tintin_record.JPG

2話分が収録されています。残念ながら、家にレコードプレーヤーがなく、まだ聞いていません・・。
tintin_lpura.JPG


そして、この本。ベルギーの女の子たちがみんな読む本だそうです。
redulivre.JPG

なんと裏表紙に、タンタンの漫画本の広告が!イラストがとてもかわいいです。

tintin_livreura.JPG


開くとこんな感じです。本の裏表紙に広告を載せるというのは初めて見ました。
tintin_livre.JPG

この本を見つけたとき「掘り出し物を見つけた!」という気分でした。
というのも、タンタンの本やレコードは比較的金額が高めですが、この本はタンタンの本ではないので、割と安かったのでちょっとラッキーでした。

ルデュはゆっくりと古本探しを楽しめる、とてものどかな村です。
http://www.redu-villagedulivre.be/

毎年イースターの時期、ちょうど今週末に「Fête du Livre de Redu ルデュの本の祭り」が、また8月には夜の古本市「Nuit du Livre 本の夜」が開催されます。
各古本屋さんが、村の通りに本を出して行われるこの古本市には、毎年多くの人が訪れます。
お祭り気分の中で本を探すなんて、いつもとちょっと違った本が目に留まるかもしれませんね。

投稿者 opttokyo : April 12, 2009 2:29 PM

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved