「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« サッカー国内リーグ リエージュが優勝 | メイン | カレンダーの風景 6月 »

May 29, 2009

ホワイトアスパラガスを堪能してきました


whiteaspara_1.jpg先日、都内でホワイトアスパラガス三昧をしてきました。

ホワイトアスパラガスと言えば、ベルギーをはじめ北部ヨーロッパで今頃出回っている旬の食材。
神田にあるベルギー料理店「シャン・ドゥ・ソレイユ」さんで、5月いっぱい"ホワイトアスパラガスコース"を行っているとのことで、すべりこみセーフで行ってきました。

日本で「ホワイトアスパラ」というと、どうしてもまだ缶詰の、時々サラダなどに乗っているものを想像しがちですが、きちんとお料理としていただくホワイトアスパラガスは、直径2センチくらい、長さは20センチ以上あり、まったく違います。


アペリティフに、白ビール「ヴェデット・エクストラホワイト」を一杯。

アミューズは、角切りにしたトマトとパテを和えたもの。
amuse.jpg

次に前菜一皿目。
「ズワイガニとホワイトアスパラガスのサラダ仕立て ほのかなカレー風味マヨネーズソース」
今回いただいたホワイトアスパラガスは、ペルー産のもの。
horsdoeuvre_1.jpg

前菜二皿目。
「ホワイトアスパラガスのムスリーヌソース パイ添え」
まろやかなソースに、みずみずしいホワイトアスパラ。美味でした~。
aspara_pie1.jpg aspara_pie_beer.jpg

一緒にお食事をしたベルギービール関係の方は、トラピストビールの一つ"ウェストマールトリペル"とともに。
私は"グーデンカロルス ホップシンヨール"(右)という、4種類のホップを使ったビールにチャレンジ。
苦味が強めのビール。アルコール度数8,0%。
もう一名が飲んだのは同じ醸造所の"グーデンカロルス トリプル"(左)。アルコール度数9%。
IMGP5137.jpg

 そしてメインは「子羊のロースト ベルギーエシャロットソース ホワイトアスパラガスのムニエル添え」
agneau_1.jpg

まさかデザートまでホワイトアスパラガス?と思われるかもしれませんが、そのまさかです。
「ホワイトアスパラガスのアイスクリーム&ベルギーワッフル はちみつソース」
aspara_dessert.jpg

シェフご自慢の一品。ホワイトアスパラガスを細かくし、ミルクで煮込むのだそうです。
ナッツを思わせるような、それでいてやっぱりアスパラガス、という香りと味わい。意外にいけます。
ワッフルはサクサクのブリュッセル風。

この時期ベルギーへ行ったらホワイトアスパラガスを毎日のように食べるくらい好きなので、
今年は日本で、それもコースすべてホワイトアスパラガスという贅沢な体験ができとても幸せなひとときでした。

ホワイトアスパラガスコースは今週いっぱいですが、ベルギー仕込みのシェフがつくるこちらのレストランのお料理はどれも美味しいものばかり。是非一度足を運んでみてください。

シャン・ドゥ・ソレイユ
千代田区内神田1-10-6
TEL:03-5281-0333

投稿者 opttokyo : May 29, 2009 9:53 AM

コメント

美味しそうな写真ですね。
小姑みたいですが、訂正を少し。
アミューズには、写真のようなトマトサラダは入りません。
この盛り付け方だと前菜のサラダになります。
子羊のロースト以外はデザートもアミューズになります。
ややこしいですが、スープやパンだけ(ロシア風サンドや
カナッペはアミューズの類)だとあまりアミューズとはいいません。人によってはメインの肉や魚料理もアミューズの範疇に
入れることもあります。フルコースの形を取らない居酒屋の
一品料理のようなもの、が現在の西欧料理のアミューズらしいです。

投稿者 Lisie : January 19, 2010 12:42 AM

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved