「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« グルメカレンダー 2月 | メイン | 東大でベルギービールを飲んできました »

February 7, 2010

偶然の再会


今日、ある人とうれしい偶然の再会をしました。

たまたま実家のある横浜をうろついていて、ふと「もうバレンタインだし、チョ  コレート売り場でものぞてこようかな」と思い立ち、横浜そごうへ行きました。


横浜そごうの催事場では、ベルギーはもちろんフランス・スイス・ハンガリー・イタリア・日本・・・、さまざまな国のチョコレートが所狭しと並んでいて、バレンタインデーのちょうど一週間前の今日は、かなりの人で賑わっていました。

催事場の前に置いてあったチラシを見ると、以前ブリュッセルで知り合って当局のパンフレットにも載せたショコラティエ、フレデリック・ブロンデル(Frederic Blondeel)の名前を見つけました。
さらに立て看板の今日(2月7日)そごうの売り場に来るショコラティエの名前の中にも彼の名前が!
まさに今日フレデリックが来る予定になっていたのです!!

フレデリックの来場予定時間は4時半。時計を見ると3時過ぎ。1時間半ほど時間をつぶし再び行くと、いました!

ひっきりなしに訪れるお客さんが一瞬いなくなったのを見計らって、声をかけ20分ほど話すことができました。ブリュッセルで知り合ったショコラティエと約1年ぶりに偶然横浜で再会できるなんて、とにかく感動でした。

これがフレデリック本人。
frederic.jpg

他のベルギーチョコレートに比べ、値段をリーズナブルに設定している彼のチョコレートは売れ行きは上々だそう。

chocolat_sample.jpg

私も父親用に彼がお勧めしてくれたガナッシュの詰め合わせと濃厚な板チョコを購入。


frederic_chocolat.jpg

2月11日(木)にまたそごうの売り場に来るそうなので、横浜でチョコレートを探す予定の方、是非遊びに行ってみてください!

投稿者 opttokyo : February 7, 2010 11:37 PM

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved