「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« Art Différencié 開催中です | メイン | グルメカレンダー4月 »

March 26, 2010

フランス語はすごいです!


francophonie2.jpg3月21日(日)に、飯田橋にある東京日仏学院で「Fete de la Francophonie」というイベントが開催され、私たちもブース出展で参加してきました。

Francophonie(フランコフォニー)とはフランス語を話す人たち、という意味。

ヨーロッパからはベルギー、スイス、また多くのフランス語を話す国を持つアフリカからは、カメルーン、コート・ジボワール、マダガスカル、マリなど、またケベックを持つカナダなどが出展し、それぞれの特産や名物料理をふるまっていました。
私たちのブースではベルギービールとルクセンブルクワインの試飲。


francophonie3.jpgフランス語を話す、または習っている日本人、フランス人やベルギー人、アフリカの人など、本当に様々な国の人がいるのに"フランス語"という一つの言語でつながることができるなんて、「フランス語のすごさ」を改めて感じました。

これもフランスがかつて植民地を多く持っていた歴史からですが、それが今でも続いているのはほんとにすごいことです。
フランス語を話す人たちには何か「誇り」のようなものを感じます。
フランス語が古くから世界共通語として外交の言葉に使われてきたということもあるのかもしれません。

ベルギーやフランスに旅行する際、ちょっとした単語だけでもフランス語で伝えると相手の反応が変わると思いますよ!

francophonie_cameroun2.jpgイベント当日、日中は比較的暖かかったのですが、夕方になると前日の大嵐の影響で風が強くかなり寒くなり、お客さんもブースにいる私たちも凍えながらのイベントでした。

それを少なからず救ってくれたのが、お隣のブースだったカメルーンのお料理とコーヒー。
様々なスパイスの入ったスープでじゃがいもとお肉を煮込んだスープは体が温まりました~。
コーヒーもカメルーン産。お客さんたちは寒風吹きすさぶ中、ありがたそうにコーヒーで暖をとっていました。

来年はホットチョコレート出そうか・・・、などと言いながらイベントは無事終わったのでした。

(写真上から:当局のブース、マリのブース、カメルーンのブースの様子)

投稿者 opttokyo : March 26, 2010 4:44 PM

コメント

日仏学院で本当はフランス語を学びたいのですが、近くにないこともあり、今はNHKのフランス語講座で何とか頑張っています。
自分としても将来、まずはベルギーで短期滞在を考えていた中、来月から始まるNHKのフランス語講座も内容が一新し、短期滞在がテーマになっているため、今からフランス語の勉強を楽しみにしています。
最終的には、短期滞在前に日仏学院のある都市部に引越しして発音等実際指導してくれる先生に教わる予定でいます。
フランス語の検定も受けたいし、フランス語を通じて僕の夢も広がるばかりです。

追伸:www.immoweb.be に、holiday というカテゴリーがあって、そちらに1ヶ月とかでも借りられる家などが出ていました。BXLには、マンスリーマンションがありますが、こちらも検討しても大丈夫でしょうか?

投稿者 鈴木 豊 : March 28, 2010 9:22 PM

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved