「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« ベルギーブレックファストVol. 4 | メイン | アサヒビール「世界ビール紀行」 »

November 11, 2010

ディナンで頑張る日本人たち


sax2.jpg先日本部のある女性とやりとりをしていた時のこと。

彼女はディナン在住なのですが、メールに「今(1週間くらい前)、家に日本人の女性を2週間くらい家に泊めている」と書いてありました。

4年に一度ディナンで開催される「国際サックスコンクール」がちょうど今月開催されており、その日本人の女性はコンクールに出場するために、本部の女性の家に泊っていたそうなのです。

(写真:ディナンにあるサックスのオブジェ)



ディナンは楽器サックスを発明したアドルフ・サックスの生まれ故郷。
ジャズに使われるためか今ではおそらくアメリカのイメージが非常に強いと思うのですが、実はベルギー生まれの楽器です。

sax1.jpgディナンでは4年に一度「国際サックスコンクール」を開催していて、今年がちょうどその年に当たり、今回で5回目になります。

今年は世界中から150人もの出場者が参加し、まさに明日とあさって(11月12・13日)ディナンの教会で決勝が行われます。

結局、その日本人の女性は準決勝を前に落選してしまったそうなのです。でもまだ21歳(!)だそうなので、また4年後にまた再チャレンジしてほしいものです。

別の日本人の男性は準決勝に残っているとのこと。ぜひ頑張ってくれることを祈っています!

ディナン国際サックスコンクール公式ウェブサイト
http://sax.dinant.be

(写真:サックスの生家の前に置かれたサックスの像)

投稿者 opttokyo : November 11, 2010 1:39 PM

コメント

サックスの発祥地“ディナン”。写真からもサックスの素敵な音色が聴こえてきそうな感じで、次回のベルギー旅行ではぜひ行ってみたいです。

投稿者 鈴木 豊 : November 12, 2010 8:01 AM

数年前、ディナンに行きました。クルーズ船に乗り、お城の見学をし、猫のお菓子を買い、とても、楽しかったです。が、サックスのモニュメントを見かけなくて、後で知り、残念でした。お城のガイドさんが、三ヶ国語で、とても、流暢に、面白く説明してくださって、観光客はみな、感激して、チップをはずんでいました。フランス語圏は、雰囲気がちがい、フランダース大好きな私も気にいりました。
また、他のワロン地方にも行きたいです。
安藤

投稿者 安藤摩利子 : November 17, 2010 11:26 AM

リエージュ在住です。日本人の方がディナンにいらしゃるんですね、ベルギーについていろいろ教えていただければうれしいです。
情報交換できませんでしょうか?よろしくお願いします。

投稿者 藤田玲子 : January 8, 2011 11:26 PM

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved