「風を頼りながらの旅」を想像してください。
そんなゆったりとした時間がベルギーには流れています。
『ベルギー風だより』では、そんな魅力あふれるベルギーの様々な情報を発信していきます。

HOMEへ Wallonの街へ ベルギーひとりたび

« ベルギービールウィークエンド! | メイン | ディナンで頑張る日本人たち »

November 4, 2010

ベルギーブレックファストVol. 4


  hotchocolate_small.jpg11月2日(火)、「ベルギーブレックファストVol.4」を開催しました。

寒くなってきて朝起きるのがつらい時期にもかかわらず、会場にはたくさんのお客様にお越しいただき、ほぼ満席となりました。
ありがとうございました!








breakfast1102_2.jpg今回のテーマは"ホットチョコレート"。
朝食のメニューにもホットチョコレートが出されました。

ベルギー人とチョコレートの歴史やさまざまなチョコレートの食べ方をダミアンと大使館のクレールさんがトークで紹介。1時間足らずのトークでしたが、ベルギー人のチョコレートに対する熱い思い入れが伝わってきました。





19世紀にアフリカのコンゴを植民地として持っていたベルギー(当初は2代目の国王レオポルド2世が個人の財産で購入し、のちに国に寄贈)は、豊かな資源を持つコンゴからカカオを仕入れチョコレート大国になった歴史的いきさつや、現在のベルギーでは他の食品と比べチョコレートの税金が格段に安いなど(通常食品の消費税は20%、チョコレートは6%)、ベルギー人の生活にチョコレートがどれだけ深く入り込んでいるかを説明しました。

breakfast1102_1.jpg朝ごはんにチョコレートを食べることも多いそうですが、中でも印象的だったのが、

焼いたトーストに板チョコをのせてはさみ、チョコレートが少し溶けたら食べる、というもの。

朝から板チョコを食べるなんて、ちょっと衝撃です。

そして年を越したらすぐやってくる「バレンタインデー」。
一年のうち一番"ベルギー"という言葉を聞く時期かもしれません。

ベルギーおよびヨーロッパではバレンタインデーは、日本とは逆で、男性から女性にプレゼントを贈る日。
女性のみなさん、来年は是非男性にベルギーチョコレートをおねだりしてみては!?

次回のブレックファストは12月7日(火)、テーマは「ベルギーの子どもの日」です。


投稿者 opttokyo : November 4, 2010 10:22 AM

コメント

異文化や歴史を現代の生活に絡めて解説され、短いながらもとても興味深く読ませて頂きました。
ホールの様子もアットホームな雰囲気でステキです。

トーストに板チョコ!
考えたことなかったですが、おいしそう☆
さっそく試してみます♪

投稿者 浅野貴子 : November 24, 2010 6:22 PM

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
≪お問い合わせはこちら≫ opt@belgium-travel.jp 掲載内容に関するお問い合わせ、扱ってほしい企画、などをお寄せください。
Copyright(C) 2008 Belgian Tourist Office Wallonia・Brussels, Japan. All Rights Reserved