ブリュッセル
観光スポット

おすすめ!
(該当件数:27件)


聖ペトロ聖ギドン参事会教会 (Collégiale des Saints-Pierre et Guidon)
古い起源(10世紀頃)をもつ、ブラバント地方でもっとも重要な名刹のひとつ。現在の教会堂は14世紀から16世紀にかけてゴシック様式で建造されました。尖塔は19世紀に追加。聖ギドンの墓が安置された地下聖堂はロマネスク様式で、ベルギーでおそらくは最も古いものです。
住所 : Place de la Vaillance,B-1020 Bruxelles
芸術の丘 (Mont des Arts)
ブリュッセルの下町と山の手を結ぶフランス式庭園の公園で市民の憩いの場になっています。南東の丘の上からは素晴らしい眺望が楽しめます。南西側は王立図書館、東側は王立美術館、パレ・デ・ボザール(コンサートホール)、楽器博物館がある芸術広場です。
グランプラスおよび周辺

サン・ミッシェル大聖堂 (Cathédrale S.S. Michel et Gudule)
メッヘレン・ブリュッセル大司教区聖堂。前国王ボードワン1世とファビオラ王妃との結婚式もここで行なわれました。建物は13-15世紀の壮麗なブラバント・ゴシック様式です。カール5世とその家族から贈られたステンドグラスは16世紀ルネサンス様式。内陣にはブラバン公ジャン2世、アルベール大公、イザベル大公妃、オランダ総督シャルル・ド・ロレーヌなどの墓があります。
住所 : Parvis Sainte-Gudule, 1000 Bruxelles
URL : http://www.cathedralestmichel.be
グラン・プラス広場 (Grand-Place)
市の中心となる広場で、中世には馬上槍試合も行われた。1695年、ルイ14世率いるフランス軍の砲撃に遭い、広場を取り囲む建物のほぼ全てが破壊されたものの、5年後にはもとの姿を取り戻し、現在は毎日花市が立つほか、さまざまなイベントの会場として利用され、いつも人々で賑わう。かつてヴィクトル・ユゴーは「素晴らしく大きい広場」と呼び、ジャン・コクトーは「絢爛たる劇場」とたたえた。市庁舎を中心にギルドハウスが立ち並ぶ眺めは圧巻。
同所は、主として17世紀の歴史的建造物群(ギルドハウス、市庁舎、王の家、ブラバン公の館)が建築的・芸術的に見事な均衡を保っている点、また、建造物と公共の場としてのこの広場が、商業都市の成長と最盛を如実に表現している点などをもって世界遺産に登録された。
住所 : Grand-Place,Bruxelles
ブリュッセル市庁舎 (Hôtel de Ville de Bruxelles)
グラン・プラスにあるブリュッセルを代表する建造物のひとつ。15世紀に建てられたフランボワイヤン(後期フランス・ゴシック)様式の建物で、中央の塔の高さは96メートルある。先端の像は、ブリュッセルの守護聖人である大天使ミカエル。

住所 : Grand-Place - 1000 Bruxelles
電話 : +32(0)2 279 64 71
FAX : +32(0)2 279 64 45
王の家(ブリュッセル市立博物館) (Maison du Roi( Musée de la Ville de Bruxelles))
グランプラスの中にあり、市庁舎に向き合って建つ。16世紀にスペイン王カール5世の命で建てられたのに因み、現在の名があるが、王様が住んだことはない。フランス革命後は「人民の館」Maison du Peupleと呼ばれた。1695年に火災に遭い、1873年から1895年にかけて全体的にネオ・ゴシック様式に改築。現在は市立博物館として利用され、「小便小僧」の衣装の他、ブリュッセルの歴史に関する古文書、古地図、15~16世紀祭壇装飾、絵画、陶器、などが展示されている。
開館時間:火~日10:00-17:00
閉館日:月曜、1/1、5/1、11/1、11/11、12/25
料金:一般4€(最終入場は閉館15分前)
住所 : Grand-Place - 1000 Bruxelles
電話 : +32(0)2 279 43 50
FAX : +32(0)2 279 43 62
モネ劇場(ベルギー王立歌劇場) (Monnaie)
王立モネ劇場は通称「モネ劇場」と呼ばれ、300年の歴史と名声を誇るオペラ劇場です。 1152席を有しヨーロッパ屈指の劇場の一つに数えられています。伝統を踏まえながらも、EUの首都ブリュッセルという地の利を活かしあらゆる国の文化の流れを取り入れると共に、異色の人材、高田賢三、アントワープ・モードのドリス・バン・ノッテン、クリスチャン・ラクロアなどを衣装デザインに起用、受け入れることで、オペラ界に新風を巻き起こしています。 モネ劇場では、オペラだけでなく、コンサート、ダンス、ミュージカルなどが公演され、特に1992年ローザス・ダンスカンパニーをレジデンスカンパニーとして迎え、2002年には日本人指揮者・大野和士氏を音楽監督に迎えるなど、さらなる注目を浴びております。
住所 : 4, rue Léopold – 1000 Bruxelles
電話 : +32 (0)2 229 12 00
FAX : +32 (0)2 229 13 30
URL : http://www.lamonnaie.be
Mail : reservation@lamonnaie.be
パレ・デ・ボザール (Palais des Beaux-Arts)
1928年にオープンしたヴィクトル・オルタ設計の芸術複合施設。展覧会やコンサートなどが開催される。
住所 : Rue Ravenstein 23, 1000 Bruxelles
電話 : +32 (0)2 507 84 30
FAX : +32 (0)2 507 85 15
URL : http://www.bozar.be
王宮 (Palais royal)
国王が執務をする場所。かつてブラバン公の宮殿があった場所に建っている。現在の建物は18世紀にネーデルランド王オレンジ公ウィレム1世の治世下に再建された部分を基礎とし、その後1904年国王レオポルド2世によって内外装ともほぼ全面的にルイ16世様式に改築された。
ゴヤの作品をモチーフとした大タペストリーの掛かる「ゴヤの間」、ベルギー初代国王レオポルド1世の肖像画を数多く集めた「ルイ16世様式の間」、食器や銀器を展示した「青の間」のほか、建築の大家アルフォンス・バラによる壮麗な「玉座の大広間」などは見学の重要なポイント。収蔵されているルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスなどの肖像画作品も必見。 建物の両翼部分は18世紀に建てられたものでそれぞれに別館が付属している。右翼部分はベルビュー博物館として使用されている。王宮は、毎年夏の期間(7月末~9月初め)無料で一般公開される。
ブリュッセル公園に面する。国鉄ブリュッセル中央駅より徒歩。

料金:無料
開館時間:7~9月頃 火~日10:30~16:30
閉館日:月
住所 : Place des Palais - 1000 Bruxelles
電話 : +32(0)2 551 20 20
FAX : +32(0)2 512 53 72
URL : http://www.monarchie.be/site/fr/visites_palace.html
ブリュッセル公園 (Parc de Bruxelles)
王宮の正面にある公園。もともとはブラバン公の私有地でしたが、1830年にベルギー独立派とオランダ軍が最初に戦った場所でもあります。1835年、建築家ジンネの設計によってフランス庭園に造りかえられました。北面を国会議事堂、南面を王宮が取り囲んでいます。
週末は市民の憩いの場として、多くの人がピクニックや散歩に訪れます。
サン・ジャック地区

小便小僧 (Manneken-Pis)
17世紀に。J. デュケノワによって作られた噴水彫像。ブリュッセルの最長老市民と呼ばれ、「マヌカン・ピス」や「プチ・ジュリアン(ジュリアン君)」の愛称で親しまれている。今までに2度盗難に遭っている。世界一の衣装持ちとも言われており、世界中から贈られた衣装のコレクションはグランプラスにある王の家・ブリュッセル市立博物館で見ることができる。
ギャルリ・サンチュベール

ギャルリ・サンテュベール (Galeries St-Hubert)
ヨーロッパ最古のアーケードのひとつ。グラン・プラスの北東に続く瀟洒な商店街でガラス張りの屋根に覆わている。「女王」、「王」、「王子」の3つの通りがある。ネオ・クラシック様式とネオ・イタリア様式からなる、J.-P.クリュイズナールの設計で1846年から1847年にかけて建造された。
サブロン広場、ジュ・ド・バル広場、マロル地区

ノートル・ダム・デュ・サブロン教会 (Eglise N.-D. du Sablon)
場所:サブロン広場
ブリュッセルで最も美しいフランボワイヤン・ゴシック様式の教会。
住所 : Rue de la Régence38,B-1000 Bruxelles
グラン・サブロン広場 (Place du Grand-Sablon)
場所:サブロン広場
チョコレートの有名店やおしゃれなレストランが並ぶ広場。ヴィタメール、ノイハウス、ピエール・マルコリーニなど、ベルギーを代表するチョコレート店が店を構えています。
また土・日には骨董市が立ち、周辺にも骨董を扱う店が多くあります。サブロンという名は、昔ここが湿地の中の砂州だったことに由来しています。南東側はステンドグラスの美しいノートル・ダム・デュ・サブロン教会。
プチ・サブロン広場 (Place du Petit-Sablon)
場所:サブロン広場
グラン・サブロン広場のすぐ横にある公園。中世のギルドをあらわす48体のブロンズ像が立っています。
ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会 (Eglise N.-D. de la Chapelle)
場所:マロル地区
ブリュッセルの下町マロル地区にあるロマネスク・ゴシック様式の教会。ブリューゲル(父)の墓があることで有名。
住所 : Place de la Chapelle,B-1000 Bruxelles
ルイーズ広場周辺

ルイーズ通り (Avenue Louise)
ブリュッセルのアップタウン。 ルイーズ広場を角にした南東のルイーズ通りと北東のトワゾン・ドール通りAvenue Toison d'orと&ワーテルロー通りBoulevard Waterlooは、ブランドショップの立ち並ぶ高級ショッピング街です。
住所 : Avenue Louise
最高裁判所 (Palais de Justice)
J. ポラールの設計による、高さ100メートル以上、2万6千平米の面積をもつ巨大建造物。中世の絞首刑場跡に造られ、1883年に完成しました。 裁判所前の広場はブリュッセルの街を一望できるビューポイント。
ナミュール通り、マトンジェ、サン・ボニファス、フラジェイ

ノートル・ダム・ド・ラ・カンブル修道院 (Abbaye N.-D. de la Cambre)
1201年、ブリュッセルの貴婦人ジゼルの援助で設立されたシトー会修道院。最初の建物は宗教戦争の際に破壊されたが、16世紀に再建され、18世紀には大規模に増築された。ゴシック・レイヨナン様式とフランボワイヤン様式で建造された美しい付属教会堂と庭園を見学したい。
住所 : Avenue Franklin Roosevelt,1050 Bruxelles
EU、サンカントネール地区

パルラマンタリウム (Parlamentarium)
場所:EU
欧州議会(Parlement Européen)のビジターセンター。 EUの歴史を知ることができる。360度議会を映し出すデジタル映像や、ヨーロッパをバーチャル&インタラクティブで旅することができる設備、議員たちのメッセージを紹介するビデオなど、様々な趣向を凝らし広がるヨーロッパについて知ることができる。

<開館時間>
月:13:00~18:00
火・水:9:00~20:00
木・金:9:00~18:00
土・日:10:00~17:00
※グッズショップ、カフェテリアのオープンは上記開館時間と同じ
<閉館日>1/1、5/1、11/1、12/24・25・31
<入館無料> <最寄駅>地下鉄1または5号線Maelbeek駅下車
地下鉄2または6号線Trône駅下車
中心部からバス27または38番でPlace Luxembourg下車
住所 : Rue Wiertz 60, 1047 Bruxelles
電話 : +32 (0)2 283 22 22
URL : http://www.europarl.europa.eu/visiting/en/parlamentarium
Mail : parlamentarium@europarl.europa.eu
独立50周年記念門(サンカントネール門) (Cinquantenaire)
場所:サンカントネール地区
ベルギー独立50周年を記念して、1880年に建築家シャルル・ジローによって1904年から1905年に建設されました。3つのアーケードを擁し、上部には青銅の巨大な像、凱旋の像があります。デッキ部分にのぼり見晴らしを楽しむこともできます。記念門の両翼の建物は博物館群。歴史美術博物館、クラッシックカーのコレクションで知られる自動車博物館(オートワールド)、反対側は軍事博物館。この一帯は通称「サンカントネール公園」と呼ばれます。最寄り駅は地下鉄のMerode駅またはShuman駅。
住所 : Parc du Cinquantenaire
その他地域

国立コーケルベルグ大寺院 (Basilique Nationale du Sacré-Cœur (Basilique de Koekelberg))
場所:バジリック
世界で5番目に大きい寺院。1905年に着工され、完成するまでに65年もかかった。アール・デコ様式。テラスに登ればブリュッセルの素晴らしいパノラマが楽しめる。
住所 : Parvis de la Basilique1, 1081 Bruxelles (Koekelberg)
ブリュッセル郊外

アトミウム (Atomium)
1958年ブリュッセル万博のシンボルタワー。そのデザインは鉄の分子の1650億倍の模型。一番上の球にある展望台までエレベーターで上がればブリュッセル市の全域を見渡せる。
開館時間:毎日10:00-18:00
料金:一般11€、シニア(65歳以上)8€、団体(最少人数20名)9€
住所 : Square de l'Atomium, 1020 Bruxelles
電話 : +32 (0)2 475 47 75
FAX : +32 (0)2 475 47 79
URL : http://atomium.be/
ブルパーク (Bruparck)
アトミウムに隣接する公園。中にはヨーロッパの主要な建造物のミニチュアのテーマパークであるミニ・ヨーロッパ、プール、映画館、レストランなどがある。
住所 : Boulevard du Centenaire 20,B-1020 Bruxelles
電話 : +32 (0)2 474 83 83
FAX : +32 (0)2 474 83 96
URL : www.bruparck.com
Mail :
ラーケン聖母教会 (Eglise N.-D. de Laeken)
建築家ポラールの設計によって建てられたネオ・ゴシック様式の教会で、地下聖堂には王家の墓がある。付属墓地には著名人の墓も多い。
住所 : Parvis Notre-Dame, B-1020 Bruxelles
ミニ・ヨーロッパ (Mini-Europe)
ロンドンのビッグ・ベン、ブリュッセルのグランプラス、フランスのエッフェル塔、アテネのアクロポリスなど、約350のヨーロッパの重要なモニュメントを1/25のミニチュアで再現している。レストラン、カフェテリア有り。
開館時間/閉館日: 季節により異なる。要確認。
料金: 一般13.80€、11歳以下の子供10.30€ 車椅子可
住所 : Bruparck, 1, Avenue. du Football, 1020 Bruxelles (Laeken)
電話 : +32(0)2 478 05 50
FAX : +32(0)2 478 26 75
URL : http://www.minieurope.com
ラーケン王宮 (Palais de Laeken)
毎年4月~5月にかけて数週間のみ一般公開される王室の居住区内にある温室。ブリュッセル市内北部ラーケン地区にある。温室はアルフォンス・バラ設計によるアールヌーヴォー様式の建物で「ガラスの宮殿」とも呼ばれます。アフリカや世界各地からの珍しい植物が集められています。

ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia

資料ダウンロード・お問合せの方はこちら

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia