ワロン地方
観光スポット

(該当件数:142件)


フランダース地方とワロン地方の鐘楼
約30を数えるフランダース地方とワロン地方の鐘楼は、封建社会から商業を中心とした自治都市社会への移行期にあたる中世末期において、当時の政治的宗教的要求に順応した都市建築形態の素晴らしい例を提供する。
これらの塔はいずれも都市の中心部に位置し、たいていの場合市庁舎に付属するが、教会に付属する場合もある。新たに得られた都市の独立を象徴するとともに現世と聖性との連関も象徴する。

■フランダース地方 ■ワロン地方
・アールストの鐘楼と助役館
・アントワープの聖母大聖堂と市庁舎
・ブルージュの鐘楼と市場
・デンデルモンドの鐘楼付き市庁舎
・ディクスミュイドの鐘楼付き市庁舎
・エクローの鐘楼付き市庁舎
・ゲントの鐘楼と繊維ホールと旧牢獄
・ヘレンタルスの旧市庁舎と繊維ホール
・イーペルの鐘楼と繊維ホール
・コルトレイクの鐘楼
・ルーヴェンの聖ベテロ教会と鐘楼
・リールの市庁舎と鐘楼
・ロレニンゲの鐘楼付き旧市庁舎
・メッヘレンの鐘楼つき旧ホールと
 聖ロンバウツ教会の鐘楼
・メーネンの鐘楼と市庁舎
・ニウポールトの市場と鐘楼
・オウデナールドの望楼付き市庁舎
・ローゼラーレの市庁舎と市場と鐘楼
・シント・トルイデンの塔付属市庁舎
・ティールトの鐘楼とホールと助役の間
・ティーネンの聖ゲルマヌス教会(尖塔)
・トンゲレンの聖母教会(尖塔)
・ヴュルヌの鐘楼つき大邸宅
・ズートルーの聖レオナルドゥス教会
・バンシュの市庁舎付鐘楼
・シャルルロワの市庁舎付き鐘楼
・モンスの鐘楼
・ナミュールの鐘楼
・タンの鐘楼
・トゥルネーの鐘楼

エノー州

デュポン醸造所 (Brasserie Dupont)
団体(35人以上)のみ見学可。文書にて要予約。
1人あたり4€。見学+ビデオ(英仏蘭独伊西のみ)+試飲。
セゾンビールや有機ビールで有名。「セゾン・デュポン」「モワネット」「ビオレジェール」「セゾン・ビオロジック」などを製造。
住所 : Rue Basse 5, 7904 Tourpes
電話 : +32 (0)69 67 10 66
FAX : +32 (0)69 67 10 45
URL : http://www.brsserie-dupont.com
モンスのデュカスの祭り(ユネスコ無形遺産)
場所:モンス
2005年11月25日、パリで開催されたユネスコ世界遺産会議で新たに登録。
エノー州モンスで毎年聖霊降臨祭の翌日曜日に行われる。降臨祭は年によって日にちは変わるが、復活祭から50日目に当たる5月初旬から6月上旬の日曜日に行われる。
中世ヨーロッパにおいてペストが大流行した際、現在モンスの町の守護聖人である聖女ウォードリューの加護により人々がペストから救われたことを祝って14世紀頃始められた祭り。
祭りでは聖女ウォードリューの聖遺物箱を乗せた黄金の馬車が練り歩いた後、ドゥドゥDoudouという音楽がなる中、リュムソンLumeçonと呼ばれる聖ジョルジュとドラゴンの戦いが繰り広げられる。
モンスの鐘楼 (Beffroi de Mons)
場所:モンス
ベルギーに存在する唯一のバロック様式の鐘楼。1662年建造。エノー伯の城跡に近い小公園の中に立っています。内部には49個もの鐘があります。87mの塔の頂からは、モンスの町並みやボリナージュの工業地帯、風にそよぐ郊外の牧草の波までが一望のもとに見わたせます。1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。
モンスの鐘楼 (Beffroi de Mons)
場所:モンス
1662年の建設でベルギーにある唯一のバロック式の鐘楼。塔の高さは87mあり、モンスの町から郊外の平原まで見渡せる。
アットル城 (Château d'Attre)
場所:モンス
アットルの領主フランソワ・フィリップ・ゴムニーが1752年に建造。建築当時のままに保存されたベルギー唯一の城。ロカイユ様式の内装が素晴らしい。
どの部屋にも18世紀の椅子、箪笥、テーブル、コンソール、ガラス器、磁器、その他の小装飾品が配置され、16~18世紀の絵画で美しく飾られている。幻想的な人口岩を用いた庭園も興味深い。
アトの南東4km、モンスの北西18km。
料金:一般5.50 EUR
開館時間:4~6、9~10月の日祝、7~8月の木~火10:00~12:00、14:00~18:00
住所 : Château d'Attre avenue du Chateau 8 - 7941 Attre
電話 : +32(0)68 45 44 60
FAX : +32(0)68 45 44 60
URL : http://www.brugelette.be/tourisme/attre.htm
エコシンヌ・ラレン城 (Château d'Ecaussinnes Lalaing)
場所:モンス
エノーのボードゥアン五世によって1184年に建造されたのが始まり。
エコシンヌ家、ラレン家、クロイ家、ヴァン・デル・ブルク家などが所有し、その度に改築された。
現在館内ではガラス器、磁器、陶器、古銭、絵画、彫像などの豊かなコレクションを展示。菜園も興味深い。
国鉄Ecaussinnes駅下車。
モンス近郊

料金:一般5 EUR
開館時間:4~6、9~10月は土日祝、7~8月は木~月10:00~12:00、14:00~18:00
住所 : Château Fort d'Ecaussines-Lalaing 7191 Ecaussines-Lalaing
電話 : +32(0)67 44 24 90
FAX : +32(0)67 44 24 90
URL : http://www.chateaufort-ecaussinnes.be/
聖ウォードリュ参事会教会 (Eglise Collégiale Ste-Waudru)
場所:モンス
エノー伯の娘、聖女ウォードリュが7世紀に創設した修道院礼拝堂に由来。現在の建物は15世紀に着工し、予定よりもずっと低い塔が完成したのは17世紀でした。しかし、この端正なブラバント・ゴシック様式の教会は、同じ様式の教会としてはベルギー屈指の美しさを誇っています。内部の装飾も贅を尽くしたもので、なかでも16世紀に地元の彫刻家ジャック・デュ・ブルックの作った数多くの彫刻は見ごたえがあります。また、一隅に置かれている「黄金の馬車Car d'Or」(1780)は三位一体の祝日に市内を行進します。
グラン・オルニュ (Grand-Hornu)
場所:モンス
1810年に建造された旧ボリナージュ炭坑複合施設。現代美術館MAC'sを併設。
2012年に世界遺産に登録。
開館時間: 火~日10:00-18:00
閉館日: 月、12/25、1/1
料金: 一般6€、15名以上の団体4€ 車椅子可
住所 : 82, rue Sainte-Louise - 7301 Hornu
電話 : +32(0)65 65 21 21
FAX : +32(0)65 61 38 97
URL : http://www.grand-hornu.be
モンスの市庁舎 (Hôtel de Ville)
場所:モンス
グラン・プラスに面する堂々としたゴシック様式のファサードをもつモンス市のランドマークです。1458年に建造され、16~19世紀に改築されました。正面入口左側に「前哨の猿」とよばれる起源不明の鉄の彫刻があります。触ると幸福になると言われ、誰もが触るので、頭はいつもぴかぴかです。
市長の庭 (Jardin du Mayeur)
場所:モンス
市庁舎の裏にある庭園。噴水の水を道行く人にひっかけようとする悪戯っ子をあらわした、ゴベール作の彫刻「ロピウールの噴水」があります。
ゴッホの家 (Maison Van Gogh)
場所:モンス
画家ヴァン・ゴッホが1879年から1880年まで暮らした家。当時そのままに保存されている。
開館時間: 火~日12:00~18:00
閉館日: 月、年末年始
料金: 一般5€、10名以上の団体2.50€ 車椅子可
住所 : 3, rue du Pavillon - 7033 Cuesmes
電話 : +32(0)65 35 56 11
URL : http://www.mons.be
フランソワ・デュースベルグ装飾博物館 (Musée des Arts décoratifs François Duesberg)
場所:モンス
19世紀に建てられた旧ベルギー銀行の建物を利用。1775年から1825年にかけての高級装飾品を展示。磁器、ファイアンス陶器、金銀細工、時計、彫刻品、ブロンズ像などの豊富なコレクションがあります。
開館時間: 火~日13:30-18:00
閉館日: 月
料金: 一般5€、15名以上の団体2.50€ 車椅子可
住所 : 12, square F. Roosevelt - 7000 Mons
電話 : +32(0)65 84 16 56
FAX : +32(0)65 84 40 70
モンス美術館 (Musée des Beaux-Arts de Mons)
場所:モンス
16世紀から今日までの作品を蒐集。とくに19世紀以降のモンスおよびエノー州の芸術家たちの作品を中心に展示しています。
開館時間: 火~日12:00-18:00(土は10:00-12:00/14:00-18:00)
閉館日: 月、1/1~2、11/1、12/25~26
料金: 一般2.50€、団体1.25€
住所 : 8, rue Neuve - 7000 Mons
電話 : +32(0)65 40 53 06
FAX : +32(0)65 34 77 63
URL : http://www.mons.be
新石器時代の燧石採掘坑 (Spiennes)
場所:モンス
モンスに近いスピエンヌの新石器時代の燧石採掘坑は100ヘクタール以上の規模を持ち、ヨーロッパ最大かつ最古の採掘坑で、約5千年前より採掘が行われていた。
新石器時代は人間の文化的技術的進化におけるひとつの決定的な変革の段階にあたるが、スピエンヌの遺跡は、16メートルにも及ぶ立坑、掘削に使用された多様な手段など、先史時代の人間の優れた応用力と工夫の知恵を示す多くの例証によってそのことを明確に示す。
現在一般見学不可。
モンスから6km。
トゥルネーの鐘楼 (Beffroi de Tournai)
場所:トゥルネー
ベルギー最古の鐘楼。1188年、フランス王フィリップ・オーギュストがトゥルネー市民に鐘楼建設の権利を与えたことに基いて着工されました。第2段目以上は13世紀の建造。内側の257段の階段とそれに沿って配置されたすべての部屋が見学可。16~19世紀に鋳造された43個の鐘がおさめられています。72mの高さがあり、テラスからは大聖堂や旧市街の素晴らしい眺めが楽しめます。1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。夏期にはカリヨンコンサートが開催されます。
トゥルネーの鐘楼 (Beffroi de Tournai)
場所:トゥルネー
1188年に着工された、ベルギー最古の鐘楼である。階段に沿って配置された部屋を見学できるので体力があれば登ってみたい。
トゥルネーのノートル・ダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame)
場所:トゥルネー
12世紀前半に建造されたロマネスク様式の極めて大規模な身廊、多様な柱頭彫刻群、5つの鐘楼を担う交差廊を持つトゥルネーのノートル・ダム大聖堂は、イル・ド・フランス地方、ライン地方、ノルマンディー地方からの建築様式の短期間における相当な影響を示す。
またセーヌ川以北の大建築物の好例であるその建築規模は、のちに現れるゴシック大聖堂の規模を予告する。さらに13世紀に再建された後陣が純粋なゴシック様式であることから、ロマネスクとゴシックの二様式を併せ持つ。
トゥルネーのノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame de Tournai)
場所:トゥルネー
美しい5つの塔をもつ12~13世紀の大聖堂。ベルギーで最も重要な大建造物の一つです。長さ134m、幅66mもあります。身廊と交叉部がロマネスク様式、内陣がゴシック様式。ステンドグラスも素晴らしく、また6世紀の初代司教聖エルテールにまつわるタペストリーや遺物も必見です。2000年にユネスコ世界遺産に登録されました。
ベルイユ城 (Château de Beloeil)
場所:トゥルネー
ヨーロッパ有数の貴族リーニュ家の14世紀以来の居城。
25haの広大な18世紀フランス庭園によっても有名。15~19世紀の美術品、2万巻の蔵書がある。
1680年にリーニュ家のクレール・マリー・ド・ナッソーが建造したのが始まり。1900年に大火があり、本館が焼失したが、幸い調度、タペストリー、磁器などの美術品等は災禍を逃れた。その後フランス人建築家サンソンによって再建され現在に至る。
トゥルネーの東南東30km。

料金:一般5.00 EUR、20名以上の団体4.75 EUR
開館時間:4/1~5/14の土日祝と5/15~10/15の毎日13:00~18:00、団体は予約により通年10:00~18:00可。
住所 : Château de Beloeil 11, rue du Château - 7970 Beloeil
電話 : +32(0)69 68 94 26
FAX : +32(0)69 68 87 82
URL : http://www.beloeil.be/
チョコレート工房「レ・ジャルダン・デュ・ショコラ」見学 (Chocolatier Les Jardins du Chocolat)
場所:トゥルネー
トゥルネー市観光局ではプラリネ、トリュフ、オランジェットなどのチョコレート製造と試食を合わせた見学プログラムを用意しています。
聖ブリス教会 (Eglise St-Brice)
場所:トゥルネー
12~13世紀の建築。1940年に大火にあっています。この教会付近にあるヒルデリヒ王の墓から300匹の黄金の蜜蜂が発見され、ナポレオンの戴冠式のとき、マントの装飾になったといわれます。
聖クインティヌス教会 (Eglise St-Quintin)
場所:トゥルネー
グラン・プラスの西側に立つ教会。何度も修復されていますが、最も古い部分は12世紀に遡るロマネスク様式です。
織物ホール (Halle aux Draps)
場所:トゥルネー
グラン・プラスに面するルネサンス様式の瀟洒な建物。画家ファン・デン・ステーンの描いた設計図に基いて、1610年にカンタン・ラットがトゥルネー産青石を用いて建造しました。1881年に一度崩壊しましたが、その3年後、元の姿のままに再建。内部にはギャラリーに囲まれた有蓋の広い空間があり、現在は展示会場として利用されています。
考古博物館 (Musée d'Archéologie)
場所:トゥルネー
17世紀に建てられた旧公営質屋を転用。第四期、ガロ・ロマン期、メロヴィング期の3部門に分けて展示。石棺、トゥルネー磁器、トゥルネー・タペストリーなど。ガロ・ロマン期はグラン・プラスからペルデュ通にかけての大墓地からの出土品を、メロヴィング期は市庁舎公園と聖ブリス教会の2ヶ所に付属した墓地からの出土品を中心に展示。
開館時間: 水~月10:00-17:30(11~3月は10:00-12:00/14:00-17:00、11~3月の日は午後のみ)
閉館日: 火、聖金曜日、11/1・11、12/24、1/1・2
料金: 一般3.5€、20名以上の団体1.50€
住所 : 8, rue des Carmes - 7500 Tournai
電話 : +32(0)69 22 16 72
URL : http://www.tournai.be/
装飾美術歴史博物館 (Musée d'Histoire et des Arts décoratifs)
場所:トゥルネー
18~19世紀のトゥルネー産磁器の豊富なコレクション。ビュフォンの禽鳥絵食器一式など。
開館時間: 水~月10:00-17:30(11~3月は10:00-12:00/14:00-17:00、11~3月の日は午後のみ)
閉館日: 火、聖金曜日、11/1・11、12/24、1/1・2
料金: 一般3.5€、20名以上の団体1.50€
住所 : 50, rue Saint-Martin - 7500 Tournai
電話 : +32(0)69 33 23 53
URL : http://www.tournai.be/
民俗博物館 (Musée de Folklore)
場所:トゥルネー
かつてのトゥルネー市民の邸を博物館として公開。農家の台所や薬局、商店など、トゥルネー地方の昔の雰囲気を再現。
開館時間: 水~月10:00-17:30(11~3月は10:00-12:00/14:00-17:00、11~3月の日は午後のみ)
閉館日: 火、聖金曜日、11/1~2、11/1・11、12/24、1/1・2
料金: 一般3.50€、20名以上の団体2€
住所 : 32-36, réduit des Sions - 7500 Tournai
電話 : +32(0)69 22 40 69
URL : http://www.tournai.be/
トゥルネー市タペストリー織物博物館 (Musée de la Tapisserie et des Arts du Tissu)
場所:トゥルネー
建築家ブルーノ・ルナールが設計したネオ・クラシック様式の館を利用して1990年に開館。タペストリーや織物に関する常設展や企画展を開催するだけでなく、修復や製作の工房として、また現代テキスタイルアートの可能性を探る場所としての機能も備えています。15~18世紀のトゥルネーにおけるタペストリー生産の黄金期を中心に、1940年代のソンヴィルやデルフールに代表される「フォルス・ミュラル」派の作品や、最新の織物作品を展示。修復作業の見学もできます。
開館時間: 水~月10:00-17:30(11~3月は10:00-12:00/14:00-17:00、11~3月の日は午後のみ)
閉館日: 火、聖金曜日、11/1・11、12/24、1/1・2
料金: 一般3.50€(オーディオガイド付)、20名以上の団体2€
住所 : Place Reine Astrid - 7500 Tournai
電話 : +32(0)69 23 42 85
URL : http://www.tournai.be/
トゥルネー美術館 (Musée des Beaux-Arts)
場所:トゥルネー
ブリュッセルの美術蒐集家アンリ・ヴァン・キュトセム氏(†1904)より市へ寄贈された美術品を中心に展示。1928年に開館しました。アールヌーヴォーの巨匠ヴィクトル・オルタ設計の建屋。ロベール・カンパン、ファン・デル・ウェイデン、ゴッサール、ブリューゲルなどのプリミティヴ派、スネイデル、ルーベンス、ヨルダーンス、ワットーといった17~18世紀の大画家、マネ、モネ、スーラ、ゴッホなどの印象派その他を展示。ガレー、ピオン、デュムーラン、ルロワ・グラールといったトゥルネー出身画家のコーナーもあります。
開館時間: 水~月10:00-17:30(11~3月は10:00-12:00/14:00-17:00、11~3月の日は午後のみ)
閉館日: 火、聖金曜日、古着市の日、11/1~2、11/11、11/15、12/24~26、12/31~1/3
料金: 一般3.5€(オーディオガイド付)、20名以上の団体2€
住所 : Enclos Saint-Martin - 7500 Tournai
電話 : +32(0)69 22 20 43
URL : http://www.tournai.be/
トル橋 (Pont des Trous)
場所:トゥルネー
13世紀に築かれた市壁の名残でエスコー川に架かっています。1940年に英国軍により爆破され、1947年に修復工事が行われましたが、その際、船舶の通行を考慮して2.4m高く建造されました。頂上から素晴らしい眺めが楽しめます。内部にレストランもあります。
シャルルロワの市庁舎付き鐘楼 (Beffroi de Charleroi)
場所:シャルルロワ
シメイ城 (Château de Chimay)
場所:シャルルロワ
ルネサンス様式の城でもとシメイ家が所有、のちにクロイ家の所有となり、19世紀初頭にリケ家の所有となり現在に至る。
1935年に火災にあったがその後改修された。中世の主塔、ゴシック様式の暖炉、ネオクラシック様式の劇場を備える。
劇場は現在もコンサート等に利用されている。
有名なシメイビールの生産工場はすぐそば。
シャルルロワの南50km。

料金:一般6 EUR、20名以上の団体5 EUR
開館時間:ガイド付き見学のみ、復活祭~9月10:00、11:00、15:00、16:00、10~3月は要予約
住所 : Château de Chimay 14, rue du Chateau - 6460 Chimay
電話 : +32(0)60 21 44 44
FAX : +32(0)60 21 23 24
URL : http://www.chateaudechimay.com/
カジエの森 (Le Bois de Cazier)
場所:シャルルロワ
シャルルロワの郊外、マーシネル(Marcinelle)にあるかつての炭坑跡。この炭坑は19世紀から20世紀まで主要なエネルギーであった石炭を産出し、シャルルロワの産業と繁栄を支えた。現在は産業博物館、1956年8月8日館、ガラス博物館、アトリエがある。
開館時間:2013年1月2日~12月30日
火~金:09:00~17:00、土日:10:00~18:00
料金:大人一般6€、団体5€、18歳未満および学生4.50€、6歳未満無料
住所 : Rue du Cazier 80, 6001 Charleroi
電話 : +32 (0)71 88 08 56
FAX : +32 (0)71 88 08 57
URL : http://www.leboisducazier.be/
アンギャン城の庭園 (Parc du Château d'Enghien)
場所:アンギャン
名門ダランベール家の庭園。
1630年から1665年にかけて造られた。面積は180ha以上。植物やエコロジーを中心とした「自然」コース、歴史に重きをおいた「公園」コース、様々な花や植物を見学できる「庭園」コースの3ルートがある。
国鉄Enghien駅下車。

料金:一般3 EUR、25名以上の団体2 EUR
開館時間:4~10月の毎日10:00~18:00、11~3月の土日10:00~17:00

住所 : avenue Elisabeth - 7850 Enghien
URL : http://www.enghien-edingen.be/
オブシー (Aubechies)
見どころ
・St-Ghislain abbey farm (1778)
・gîte in pure Tournai style
・old de Bruycker castle
・Bruyère farm
・Stiévenart farm
・Notre-Dame des Champs chapel buttermilk fountain

見学 & アクティビティ
・Aubechies Archéosite 069/67 11 16
・Domus Romana 069/67 11 16
・St-Géry Romanesque church 067/67 13 01 (Mr. Coulon)

ショップ
・Les Vins du Vert Marais, apéritif of Aubechies, 069/68 74 19

レストラン
・Le Curoir, 069/67 13 11 ou 0495/30 36 99
・Taverne Saint-Géry, 069/67 12 74 (M. Coulon)

宿泊
・Gîte Ajiste, 069/67 10 75. Réservation OT Beloeil, 069/68 95 16

インフォメーション
・Aubechies Archéosite 069/67 11 16
・Beloeil Tourist Bureau 069/68 95 16
・Tournai Tourist House 069/35 42 85

村への地図  村のパノラマ
サントル運河のボートリフト (Les Quatre Ascenseurs hydrauliques du Canal du Centre)
場所:ウデン・ゴニィー
ユネスコ世界遺産。
建造当初から現在に至るまで稼働中のものとしては世界でも唯一の4つの巨大なボート・リフトで、1888-1917年、ムーズ川とエスコー川のそれぞれのドックを連絡してドイツからフランスへの直通幹線を実現するために、その間(ラ・ルヴィエール~ティウ間)に存在する67mの高低差を解消する手段として建造された。
ヨーロッパ19世紀の運河建設・水工学発達のひとつの頂点を示す傑出した建造物であり、毎年4万人が訪れる。しかし最近すぐそばを平行する新運河に単独で全高低差を解消する超巨大なストレピ=ティウのボート・リフトが完成してからはその存続が危ぶまれていた。
98年の登録にはボート・リフトばかりでなく、運河上の橋梁、付属建築物などの関係施設をも含むラ・ルヴィエール、ル・ルーの敷地全体が対象となっており、このことで炭坑を主軸に工業化したベルギー・サントル地方の19世紀の産業風景がそのまま遺されることになった。

Canal du Centre Boat Trips
見学(ボート乗船)は要予約。
住所 : Rue Tout-Y-Faut 90, 7110 Houdeng-Goegnies
電話 : +32(0)64 84 78 31
FAX : +32(0)64 28 11 01
URL : http://www.hainaut.be
スネッフ城 (Château de Seneffe)
場所:スネッフ
金融業、インド貿易、仏軍との取引などにより莫大な富を築いたジュリアン・ドゥペストル伯爵が1763年~68年に建てた城。
建築家ロラン・ブノワ・ドゥウェズが設計。城館の他、温室、新古典様式の小劇場、22haの見事なフランス庭園がある。
1978年から銀器博物館として利用され、17~18世紀のヨーロッパ産銀器約800点が展示されている。
ブリュッセルの南南西40km、シャルルロワの北西20km。国鉄Manage駅の北北東5km。

料金:一般4.96 EUR、60歳以上3.72 EUR
開館時間:火~日10:00~18:00
閉館日:月、12/25、1/1
住所 : 6, rue Lucien Plasman - 7180 Seneffe
電話 : +32(0)64 55 69 13
FAX : +32(0)64 55 69 35
URL : http://www.chateaudeseneffe.be/
ラニー (Ragnies)
場所:ラニィー
見どころ
・The Romanesque St-Martin church, the baroque stalls from Oignies Abbey
・The presbytery in classical style (1770)
・The Mascart family house, known as the “Spanish House”
・Henquin farm, known as the pink farm
・Old Semal farm

見学 & アクティビティ
・Biercée distillery (guided visits) 071/50 00 50
・Escafène farm (educational farm, gallery of the painter Anne-Marie Lorge) 071/53 45 14

ショップ
・du Chêne farm (force-feeding of Mulard ducks) 071/53 50 42
・Biercée distillery (Eau de Villée and several others sorts of spirits) 071/50 00 50
・Escafène farm (butcher’s on the farm) 071/53 45 14

レストラン
・La Part des Anges 071/33 00 33
・Du Chêne farm 071/53 50 42
・Biercée Distillery 071/50 00 50
・De l’Escafène farm 071/53 45 14

宿泊
・Mrs. Thiébaut (guestrooms) 071/53 35 81
・La Gentilhommière du Château de Ragnies (gîtes and guestrooms) 071/53 30 20

インフォメーション
・Vicquy à Ragnies (non-profit) 071/53 43 98
・Thuin Tourist Office 071/59 54 54
・Sambre and Thudinie Valley Tourist House 071/59 54 54

村への地図  村のパノラマ
バンシュの市庁舎付鐘楼 (Beffroi de Binche)
場所:バンシュ
バンシュのカーニバル(ユネスコ無形遺産) (Carnaval de Binche)
場所:バンシュ
2003年11月7日パリ本部で開かれたユネスコ「人類の口承および無形遺産の傑作」第2回宣言で、ベルギー・エノー州バンシュのカーニバルが「傑作」に指定された。
「人類の口承および無形遺産の傑作」は、単に「ユネスコ無形遺産」とよばれることもある。 毎年、告解日曜から火曜までの3日間、ブリュッセルの南59kmの小さな町バンシュで行われる、ヨーロッパで最も有名なカーニバル。特に道化師「ジル」が登場する最終日がクライマックス。ジルの起源は、1549年にこの地方を統治していたハンガリーのマリーが催した宴に、当時征服したインカ帝国の服装をした踊り手を登場させたのが始まり。1m近い大きなダチョウの羽飾りがついた帽子をかぶって、木靴を踏み鳴らしながら踊る。
国際カーニバル仮面博物館 (Musée international du Carnaval et du Masque)
場所:バンシュ
地元バンシュのジルをはじめ、ベルギー各地、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、南米までの仮面とカーニバルに関する多くの資料を展示。
開館時間: 火~金9:30-17:00、土日10:30-17:00
閉館日: 月、灰の水曜日、11/1、12/24~1/2
料金: 一般6€、20名以上の団体5€ 車椅子可
住所 : 10, rue Saint-Moustier - 7130 Binche
電話 : +32(0)64 33 57 41
FAX : +32(0)64 34 14 30
URL : http://www.Museedumasque.be
アトの巨人祭り(ユネスコ無形遺産) (La Ducasse d’Ath)
場所:アト
2005年11月25日、パリで開催されたユネスコ世界遺産会議で新たに登録。 毎年8月第4週末にエノー州の町アトで行われるお祭り。1日目は旧約聖書上の人物に見立てた4mの巨人像による「結婚式」や「戦い」などを再現。2日目はさまざまな巨人が町を行進する。
ノートル・ダム・ア・ラ・ローズ ミュージアム (Musée Hôpital Notre dame à la Rose)
場所:レシーヌ
1242年に「神の家」として設立され、1980年まで実際に使用されていた中世の施療院。診療所、病室、チャペル、食堂といった15の部屋の見学が可能。過去の貴重な聖具、医療器具、調剤道具、ゴシック様式の家具、貴重な美術品、錫製品、陶磁器、金細工製品等の展示。
開館時間: 土・日・祝14:00-18:30(4月第1週末から10月最終週末)
閉館日: 11~3月
料金: 7.5€(オーディオ・ガイド付)
住所 : Place Alix de Rosoit - 7860 Lessines
電話 : +32(0)68 33 24 03
FAX : +32(0)68 33 24 03
URL : http://www.notredamealarose.com/
ナミュール州

ジャンブルーの鐘楼 (Beffroi de Gembloux)
ナミュールとルーヴァン・ラ・ヌーヴの中間に位置するジャンブルー(Gembloux)にある鐘楼。高さ35mのこの鐘楼は、2005年世界遺産に登録された。
かつてはSaint-Saveur教会の塔であったが、19世紀初頭に正式に鐘楼となった。その起源は10世紀にさかのぼる。
鐘楼は47の鐘から成り、2009年に修復された。
ナミュールの鐘楼 (Beffroi de Namur)
場所:ナミュール
ユネスコの世界無形遺産に登録されたベルギーの鐘楼群のうちの一つ。聖ピエール教会の鐘楼としてあった物が1745年の教会の火災によって、ナミュールの町の城壁の一部として1388年に建設された聖ジャック塔に移され、1746年から城壁の開門、閉門の時を鐘が告げていた。高さ20メートルの聖ジャック塔は14世紀の軍事的建造物の重要な遺産でもある。
アンヌヴォワ城 (Château d'Annevoie)
場所:ナミュール
随所に噴水を配した12ヘクタールのすばらしい庭園。
もともと17世紀にアロワ家がここに城を建てたのが始まりだが、1758年にシャルル・アレクシ・ド・モンペリエが城主となったときから城と庭園の様はがらりと変わった。
フランスやイタリアを広く旅して城館や庭園設計の知識を深めたこの人物は、天才的な創造力と技術を駆使して機械を一切使用しない噴水庭園をこの地に造成した。イタリア式、イギリス式、フランス式などの数々の区画に分かれたうるおいあふれる庭々が見学者をいつも新鮮な驚きに誘う。
ナミュールの南南西18km、ディナンの北8km。

料金:一般6.20 EUR、20名以上の団体4.50 EUR
開館時間:4/1~9/15毎日9:30~18:30、9/16~11/1毎日9:30~17:30
閉館日:11/2~3/31
住所 : 47, rue des Jardins - 5537 Annevoie
電話 : +32(0)82 61 11 78
FAX : +32(0)82 61 47 47
URL : http://www.jardins.dannevoie.be/
コロワ・ル・シャトー城 (Château de Corroy-le-Château)
場所:ナミュール
ヴィアンデン伯が1270年に築いた城。
13世紀の城館建築の特徴を良く保存する。内部には多くの美術工芸品が展示。現在も人が住む。
ナミュールの北西約15km。Gembleux駅の南西4km。

開館時間:5~9月の日10:00~12:00、14:00~18:00(7~8月は土も開館)
住所 : Château de Corroy-le-Chateau 5032 Corroy-le-Chateau
電話 : +32(0)81 63 32 32
FAX : +32(0)81 63 33 75
URL : http://www.ftpn.be/
ナミュール城塞 (Citadelle de Namur)
場所:ナミュール
ムーズ川とサンブル川の合流点に位置する広大な敷地(8ha)にある城塞。
武器博物館、地下道見学などを含む約2時間の見学コースがある。カフェテリアや宴会場の利用のほか、団体向けの食事手配も可。ナミュール市の中心。

料金:一般6 EUR、団体5.25 EUR
開館時間:4~9月は毎日、10月は土日祝11:00~18:00
住所 : 8, route Merveilleuse - 5000 Namur
電話 : +32(0)81 22 68 29
FAX : +32(0)81 22 93 66
URL : http://www.citadelle.namur.be/
ナミュールの城砦 (La Citadelle de Namur)
場所:ナミュール
古代にも城砦があったと記されていますが、現在の城址は17世紀のもの。ルイ14世やオラニエ公ウィレムが所有していたこともあります。第2次大戦ではドイツ軍が間近まで迫りました。全体で8haもある広大な庭園になっていて、森林博物館や野外劇場もあります。もちろん頂上から見た渓谷や街並みは絶景です。ミニトレインに乗って楽に見学できます。
ナミュール考古学博物館 (Musée Archéologique de Namur)
場所:ナミュール
ナミュール州にかかわる先史時代からガロ・ロマン、メロヴィング朝時代にわたる考古学資料の展示。建物はかつて食肉業者の会館です。
ナミュール古典美術館 (Musée des Arts Anciens du Namurois)
場所:ナミュール
中世とルネッサンス期の彫刻、絵画、銅細工を展示しています。建物は17世紀の貴族の館です。19世紀ナミュールの画家、ロップスの展示室を併設しています。
13世紀のモザン美術の傑作と言われる「ユーゴー・ドワニー」の宝物が展示されている。
開館時間:火~日10:00-18:00
閉館日: 月、12/24・25・31、1/1
料金: 一般3€(常設のみ)、5€(常設・企画展)
住所 : 24, rue de Fer - 5000 Namur
電話 : +32(0)81 22 00 65
FAX : +32(0)81 22 72 51
URL : http://www.province.namur.be/Internet/sections/culture/musee_des_arts_ancie/
フェリシアン・ロップス美術館 (Musée Félicien Rops)
場所:ナミュール
ナミュール出身の前印象派画家フェリシアン・ロップスの生家に近い18~19世紀の館に1000点を超える作品が収蔵されています。
開館時間: 火~日10:00-18:00
閉館日: 月(7~8月は開館)、12/24・25・31、1/1
料金: 一般3€
住所 : 12, rue Fumal - 5000 Namur
電話 : +32(0)81 22 01 10
FAX : +32(0)81 22 54 47
URL : http://www.museerops.be/
グロスベーク・ド・クロワ美術館 (Musée Groesbeeck de Croix)
場所:ナミュール
17~18世紀の素晴らしい邸宅を美術館に転用。家具、ファイアンス陶器、ガラス器、クリスタル製品、銀器といった17~19世紀の美術品、工芸品を集める。フランス庭園も興味深い。
開館時間:火~日10:00-12:30/13:15-17:00
閉館日: 月、年末年始(12/25から)
料金: 一般3€
住所 : 3, rue Joseph Saintraint - 5000 Namur
電話 : +32(0)81 23 75 10
FAX : +32(0)81 23 75 17
ギー・デルフォルジュ氏の香水アトリエ見学 (Parfumerie de Guy Delforge)
場所:ナミュール
城塞内に、国際コンクールで多くの賞に輝いた香水クリエイターのギー・デルフォルジュ氏のアトリエがあります。香水調合についてのデモンストレーション見学の他、香水の購入ができます。
ノートルダム女子修道院 (Trésor d'Hugo d'Oignies-Institut des soeurs de Notre-Dame)
場所:ナミュール
13世紀初頭の修道士金工師だったユゴーが制作した福音書カバー、聖餐杯、聖遺物箱などの秘宝が展示されています。「ベルギー七つの傑作」の一つ。
フレイール城 (Château de Freÿr)
場所:ディナン
16世紀頃より煉瓦で建造されたムーズ地方ルネサンス様式およびルイ十五世様式の城。
あたり一面にスネイデルの壁画(狩猟図)を施した玄関ホール、ロココ様式の小礼拝堂、など内部も興味深い。
18世紀に造られた3段テラスのフランス庭園も美しい。1675年にルイ十四世がディナン攻囲の際に滞在したことでも知られる。
ムーズ川を挟んだ対岸にある2箇所の見晴台(Dinant - Beauraing N95)から庭園の全景が一望できる。
ディナンの南西6km。国鉄Anseremme駅の南西5km。

料金:一般6 EUR、20名以上の団体5 EUR
開館時間:予約なしのガイド付き見学4~9月の土日祝と7~8月の火~金11:00、14:30、16:00、10~3月の日曜15:00
予約によるガイド付き見学は通年可(1団体20名まで125 EUR、それ以上は1名につき5 EUR)
住所 : 12, Freyr - 5540 Hastiere
電話 : +32(0)82 22 22 00
FAX : +32(0)82 22 83 23
URL : http://www.freyr.be/
ノートルダム教会 (Collégiale Notre-Dame)
場所:ディナン
12世紀の創立で、16世紀バロック式の鐘楼は今世紀初頭の復元。
ディナンの城砦 (La Citadelle de Dinant)
場所:ディナン
1050年に城が築かれましたが、現在の姿は19世紀以来のものです。山の高さは100メートルあり、ロープウェーか、16世紀につくられた石段で登ります。眺望はすばらしく、2キロ川下のブーヴィーニュBouvigneにあるクレヴクール城Château de Crévecoeurなども見渡せます。
ディナンの城塞 (La Citadelle de Dinant)
場所:ディナン
高さ100mの崖の上に建つこの砦へは400段の階段かロープウェイでアクセス。眼下を流れるムーズ川とディナン旧市街のすばらしい眺め。
レストランあり。
ディナン市の中心。

料金:一般5.20 EUR、20名以上の団体4.10 EUR 開館時間:4~10月は毎日、11~3月は土~木、1月は土日
ガイド付き見学のみ、10:00~17:00(4~10月は18:00)、20分毎に出発。
住所 : Citadelle de Dinant 5500 Dinant
電話 : +32(0)82 22 36 70
FAX : +32(0)82 22 65 04
URL : http://www.citadellededinant.be/
アドルフ・サックス通り (Rue Adolph Sax)
場所:ディナン
この町で生まれたサキソフォーンの発明者の名を冠した通り。特産の銅細工を売る店が軒を並べています。
セル (Celles)
見どころ
・St-Hadelin church (crypt, 11th-century stalls, 12th-century font and stained-glass windows, stone lectern),
・stone Calvary
・St-Hadelin hermitage and hill
・“Panther” tank (relic of the Battle of the Ardennes, December 1944)

見学 & アクティビティ
・Feudal castle of Vêves, 082/66 63 95

ショップ
・Gerlache bakery (St-Hadelin cake), 082/66 63 76,
・Ferrier butcher’s (Celles turnover, l’Ermite cheese, Celles ‘crotte’ cheese), 082/66 61 95,
・Rochefort Ardennes (cheeses and butter), 082/66 61 62
・Magasin Papyrus: cuvée Saint Hadelin, blonde et ambrée

レストラン
・« La Clochette », 082/66 65 35
・« Auberge de la Lesse », 082/66 73 02
・« Le Val Joli », 082/66 63 63
・« L’Ardenna », 082/66 68 58
・« Le Saint-Hadelin », 082/66 64 42

宿泊
・« La Clochette », 082/66 65 35
・« Auberge de la Lesse », 082/66 73 02
・« Le Fenil », 082/66 67 60
・« Pirli Farm», 0478/47 15 21

インフォメーション
・Celles Tourism and Culture (non-profit) 082/66 62 67
・Houyet Tourist Bureau 082/67 69 62
・Val de Lesse Tourist House 084/34 51 72

村への地図  村のパノラマ

ヴェーヴ城 (Château de Vêves)
場所:セル
どんな城よりも城らしい5つの円塔のシルエットで有名。
かつてディナンの人々によって破壊されたままとなっていた13世紀頃に起源をもつ城の残骸は、1410年以降、ボーフォール・ド・セル家によって現在の姿に変身した。外観は15世紀城館建築の趣を保つが、内部は17~18世紀に渡る徹底的な改造が施されている。
大広間のみが15世紀の様式で、その他はルイ十五世、ルイ十六世様式が中心。
現在も城主リードケルク・ボーフォール伯の細かな配慮による修繕等のおかげで美しい姿を保つ。
ディナンの南東6km。国鉄Gendron-Cellesの北4km。
住所 : 5, Noisy - 5561 Celles-Houyet
電話 : +32(0)82 66 63 95
FAX : +32(0)82 66 60 36
URL : http://www.chateau-de-veves.be/
クリュペ (Crupet)
見どころ
・Carondelet's castle and its vast dungeon (early 12th-century)
・St-Martin church
・St-Roch, St-Joseph and Ste-Marie chapels
・statue of the Sacred Heart, tombstone of the lords of Crupet
・mills
・shrine of the Holy Virgin

見学 & アクティビティ
・picturesque grotto dedicated to Saint Anthony of Padua (1903)
・« Art-Péro » art gallery, 0477/40 25 54

ショップ

・Mr WILMART, beekeeper, 083/69 00 35

レストラン
・« La Besace », 083/69 90 41
・« Le Moulin des Ramiers », 083/69 90 70
・« Le Pachis », tavern, 083/68 99 10

宿泊
・« Le Moulin des Ramiers », hôtel 4 étoiles, 083/69 90 70
・« Les Comognes de Crupet », gîte 2 épis, 083/69 00 35
・« Le Cyclo », gîte 2 épis, 083/69 92 75
・« La Maison du Meunier », charming guestrooms, 0476/43 44 55

インフォメーション
・Assesse Tourist Bureau, www.assesse.be, 083/66 85 78
・Namur Country Tourist House, 081/24 64 49

村への地図  村のパノラマ
ラヴォー・サン・タンヌ城 (Château de Lavaux-Sainte-Anne)
場所:ラヴォー・サン・タンヌ
13世紀頃ジャック・ド・ウェランがこの地に要塞を建てたのが城の起源。しかし現存するほとんどの部分は15世紀に城を所有したベルロ家のジャン一世とジャン二世によるもの。
円筒形の巨大な3本の隅塔と1本の主塔が印象的で、当時の優れた軍事建築の好例となっている。
1630年に城を購入したルーヴロワ男爵は城壁の一部を取り壊し、中庭のファサードをイタリア風に変更するなどした。19世紀に至っても様々に城主が変わり、ついには棄てられた状態となったが、1934年以降はルモニエ男爵夫人の尽力により、ふたたび美しい城としての生命を取り戻している。
現在は狩猟博物館として公開中。
ディナンの南東20km。

料金:一般5.50 EUR、20名以上の団体5.20 EUR
開館時間:毎日9:00~18:00(7~8月は19:00まで)
閉館日:1/1
住所 : 5580 Lavaux-Sainte-Anne
電話 : +32(0)84 38 83 62
FAX : +32(0)84 38 73 02
URL : http://www.chateau-lavaux.com/
ファニョル (Fagnolle)
見どころ
・Old presytery
・Cemetery enclosing wall
・Wash house
・Sacrifice stone and their sites
・Hospiteau farm (pre-17th century)
・Stone cottages (18th century)
・St-Martin and St. John of Compostela churches (16th-19th centuries)

見学 & アクティビティ
・Ruins of Fagnolle castle (12th century) 060/37 86 43

インフォメーション
・Socio-cultural centre 071/66 87 76
・Philippeville Tourist Office 071/66 89 85
・Vallées des Eaux Vives Tourist House 060/34 01 40

村への地図  村のパノラマ
モゼ (Mozet)
見どころ
・Royer farm (1614), presbytery (1760)
・Douxflamme farm (1289)
・Old Mozet castle

見学 & アクティビティ
・La Préhistorique in Goyet (grottoes, museums) 081/58 85 45

宿泊
・Au Moulin (guestrooms) 081/58 16 01
・Tour de Royer (gîte) 081/58 83 57
・Domaine de Mozet (holiday centre) 081/58 84 04

インフォメーション
・Municipal administration of Gesves 083/67 03 00
・Gesves Tourist Office 0479/23 39 16
・Namur Country Tourist House 081/24 64 49

村への地図  村のパノラマ
ヴィエルヴ・シュール・ヴィロワン (Vierves-sur-Viroin)
見どころ
・Some thirty 18th- and 19th-century houses
・Old presbytery
・Prestigious castle of the Lords of Hamal in classical style
・Viroin valley
・Washhouse
・Saints Rufin and Valère church (1788) and its treasure
・Mausoleum of the Lords of Vierves
・Old station

見学 & アクティビティ
・Marie Victorin Nature Centre 060/39 98 78
・Botanical gardens and medicinal plants 060/39 11 80

ショップ
・Divigeco (limited co-operative society-plants and aromatic herbs, apéritifs) 060/31 13 83

レストラン
・Le Petit Mesnil 060/39 95 90
・Le Nuton (café) 060/39 15 71
・Café de la Gare 060/39 90 76

宿泊
・Le Petit Mesnil (hotel) 060/39 95 90
・La Bergerie (gîte) 060/39 00 62
・Le Chabot (gîte) 060/45 61 39
・Au Rovi tot (gîte) 0473/71 27 65
・Le gîte du Parc 0497/10 21 70
・Le Thym Sauvage (gîte) 060/21 19 27
・L’Hélianthème (gîte) 060/39 02 81
・Gîte of young people for the Environment 060/39 91 80
・Le Relais Verlaine (accommodation centre) 060/39 98 24
・Les amis du cheval et de la nature (gîte for groups) 060/39.95.55
・La Croisette (gîte) 0497/05.59.95


インフォメーション
・Viroinval Tourist Bureau 060/31 16 35
・Eaux Vives Valleys Tourist House 060/34 01 40

村への地図
トン・サムソン (Thon-Samson)
見どころ
・Heart of the village in limestone
・Castle-farm (14th century)
・St-Remy church (18th century)
・Superb stucco ceilings in the Louis XV spirit
・Polychrome oak altar (18th)
・Baroque altarpiece (17th)
・Confessionals (18th)
・Crystal chandelier (19th)
・Presbytery
・Samson and les Demoiselles rocks
・Nature reserve

ショップ
・Marie-Rose Warzée (painter and sculptor) 081/58 21 60

レストラン
・Léon et Les Jardins du Luxembourg 081/58 86 51
・Le Samson 081/58 96 67

宿泊
・Maison Couleurs, Nature (guestrooms) 081/21 06 38

インフォメーション
・Samson Valley Tourist Office 081/58 90 57
・Andenne Tourist Bureau 085/84 96 40
・Namur Country Tourist House 081/24 64 49

村への地図  村のパノラマ
スールム (Soulme)
見どころ
・The church (with its choir, nave, Romanesque 11th-century tower and its baptism fonts)
・Traditional houses and farms
・The “Monks’ Farm"
・The old mill and its bread-oven
・Hermeton valley

見学 & アクティビティ
・Romanesque church (by request) 082/21 47 38
・Falgeotte farm 082/67 72 10
・Henry farm (permanent exhibition about butter) 082/67 83 34

ショップ
・Mr. Henry (cheeses) 082/67 83 34,
・Mr. Gilbert (farm produce) 082/67 72 10

レストラン
・Comptoir de Pays 082/67 88 32

宿泊
・Le Narcisse (gîte) 082/67 82 08
・Mr. Anceau (gîte) 082/67 72 86

インフォメーション
・Doische Cultural Centre 082/67 81 15
・Doische Tourist Bureau 082/74 49 42
・Eaux Vives Valleys Tourist House 060/34 01 40

村への地図  村のパノラマ
ロンプレ (Lompret)
見どころ
・The Saint-Nicolas church built in neo-Gothic style (1879)
・The remains of the feudal castle of which remains but a tower datinf fromXVth century
・The traditionnal dwellings
・The sign-posted walds
・The cliff
・Les ifs et la Vallée des OiseauxLe Site du Franc bois

レストラン
・A l'Eau Blanche, 060/21 18 64

宿泊
・« Hotel de Franc Bois », 060/21 44 75
・« Gite de Lompret », 060/21 24 96
・« Gite La Filature », 060/21 20 17
・« Bois de Lompret », flat 5/7p., 03/669 92 57

インフォメーション
・Chimay Promotion, 060/21 54 04
・Tourist Information Office of Chimay, 060/21 18 46
・Maison du Tourisme de la Botte du Hainaut, 060/21 98 84

村への地図  村のパノラマ
ファラエン (Falaën)
見どころ
・Splendid castle-farm (17th-century)
・church (1848)
・old flour mill
・brewery and station
・Notre-Dame de la Salette chapel
・Monseu chapel

見学 & アクティビティ
・Museum of the Gastronomic Brotherhoods (Castle-farm) 082/69 96 26
・Ruins of Montaigle castle and its archeological museum 082/69 95 85
・"Draisines de la Molignée" 082/69 90 79

ショップ
・Mrs. De Graef (painter) 082/69 92 99
・Mrs. Gardin (painter) 0474/54 53 28
・Mrs. Igot (painter and embroiderer) 082/69 93 08
・Mrs. Lionele (painter) 0473/61 45 01
・Mr. Pochet (jeweller) 082/69 94 79
・Mr. and Mrs. Frippiat (cheesemakers) 082/69 93 88
・Mrs. Ferange-Delhaye (cheese and chocolate) 082/69 90 11

レストラン
・Le Chession 082/22 54 00
・Relais de Montaigle 082/69 95 49
・Hotel-Camping Cobut 082/69 92 51
・La Fermette 082/68 86 68
・Castle-farm 082/69 96 26
・L’Aller Simple 082/22 44 83

宿泊
・Hotel-Camping Cobut 082/69 92 51
・Aux Bruyères (gîte) 082/69 93 12
・Le Chession (gîte and guestrooms) 082/69 96 34
・Montaigle gîtes 082/69 95 85
・Chenois farm (gîte) 082/69 92 62
・de Foy farm (gîtes) 0473/61 43 77
・Casabo (guestrooms) 082/69 98 69
・La Forge (camping) 082/69 91 36

インフォメーション
・Falaën castle-farm 082/69 96 26
・Onhaye Tourist Office 082/69 95 15
・Upper Dinant Meuse Tourist House 082/22 28 70

村への地図  村のパノラマ
ソソワ (Sosoye)
見どころ
・Nativité de la Bienheureuse Vierge Marie church (18th century)
・Tithe-barn with its immense red-tile roof
・The chalky lawn of Ranzinelle (site of great biological interest with its diverse fauna)

見学 & アクティビティ
・"Draisines de la Molignée" 082/69 90 79

レストラン
・Les Montagnards 082/69 91 38

宿泊
・La Closerie Rognac (gîte) 081/81 15 33
・La Molignette (gîte) 069/55 98 55
・La Pêcherie (gîte) 082/69 90 12
・La Baronnerie (gîte) 082/69 90 12
・La Chevalerie (gîte) 069/55 98 55
・Les Douglas (gîte) 069/55 98 55
・La Vigne (gîte) 071/39 03 96
・Le Refuge (furnished tourist rooms) 082/69 90 12

インフォメーション
・Anhée Meuse-Molignée Tourist Office 082/61 39 00
・Dinant Upper Meuse Tourist House 082/22 28 70

村への地図  村のパノラマ
トゥアンの鐘楼 (Beffroi de Thuin)
場所:タン
ブラバン・ワロン州

エルジェ・ミュージアム (Musée Hergé)
場所:ルーヴァン・ラ・ヌーヴ
「タンタンの冒険」の作者エルジェの創作にフィーチャーしたミュージアム。
開館時間: 火~金10:30-17:30、土日10:00-18:00(最終入場閉館1時間前)
閉館日: 月、1/1、11/1・11、12/25
料金: 一般9.50€、学生7€ 7~14歳の子供5&euro、15名以上の団体7€
住所 : Rue du Labrador 26 - 1348 Louvain-La-Neuve
電話 : +32(0)10 488 421
FAX : +32(0)10 455 777
URL : http://www.museeherge.com
ワーテルロー蝋人形館 (Musée de Cire)
場所:ワーテルロー
ワーテルローの戦いの主要人物(1949年に制作)の蝋人形館。
開館時間: 4~9月は毎日9:30-19:00、10月は10:00-18:00、11~3月は土日祝10:00-17:00
料金: 一般1.75€、20名以上の団体1.50€ 車椅子可
住所 : 315, route du Lion - 1410 Waterloo
電話 : +32(0)2 384 67 40
FAX : +32(0)2 387 17 90
ナポレオン博物館 (Musée du Caillou)
場所:ワーテルロー
ライオン像の丘から南へ5km、ナポレオン一世の参謀本部が置かれた場所。
開館時間: 毎日4~10月10:00-18:30、11~3月13:00-17:00
閉館日: 1/11、12/25
料金: 一般2€、団体1.25€
住所 : Chaussée de Bruxelles 66 - 1472 Vieux-Genappe(Waterloo)
電話 : +32(0)2 384 24 24
FAX : +32(0)2 387 22 64
ウェリントン博物館 (Musée Wellington)
場所:ワーテルロー
ワーテルローの戦いで、英国の将軍ウェリントンが司令部を設置した場所。ウェリントンが使用したベッド、手紙、戦闘の資料が展示されている。日本語のオーディオガイドあり。
開館時間: 毎日、4~9月9:30-18:30、10~3月10:00-17:00
閉館日: 1/1、12/25
料金: 一般5€、団体3€(最小20名)ナポレオン博物館、蝋人形館、ヴィジターセンター、パノラマ館、ライオンの丘とのコンビネーションチケットは一般12€、団体8€
住所 : 147, Chaussée de Bruxelles - 1410 Waterloo
電話 : +32(0)2 354 78 06
FAX : +32(0)2 354 22 23
URL : http://www.Museewellington.com
ワーテルロー・パノラマ館 (Panorama de la Bataille de Waterloo)
場所:ワーテルロー
ライオン像の丘のふもとにある円型の建物。幅12メートル、長さ110メートルの巨大なカンバスに1815年の戦闘場面が詳しく描かれている(ルイ・デュムーラン作)ほか、20分の映画を上映。
開館時間: 毎日、4~10月9:30-18:30、11~3月10:00-17:00
閉館日: 1/1、12/25
料金:一般2.73€、20名以上の団体1.98€
住所 : 252-254, route du Lion - 1420 Braine-l'Alleud
電話 : +32(0)2 385 19 12
FAX : +32(0)2 385 00 52
URL : http://www.waterloo1815.be
フォロン・ミュージアム (Fondation Folon)
場所:ラ・ユルプ
ブリュッセルから約20分のラ・ユルプにある。ベルギーのアーティスト、ジャン・ミシェル・フォロンの水彩、彫刻、ポスター、イラスト等約300点を展示。
開館時間: 火~日10:00-18:00
閉館日: 月、1/11、12/25
料金: 一般9€、学生・シニア6€ 車椅子可
住所 : Ferme du Domaine de La Hulpe Drève de la Ramée - 1310 La Hulpe
電話 : +32(0)2 653 34 56
FAX : +32(0)2 653 00 77
URL : http://www.folon-art.com
ラ・ユルプ城 (フォロン財団) (La Hulpe (Fondation Folon))
場所:ラ・ユルプ
ブリュッセルから約20分。
人気イラストレーター、ジャン・ミシェル・フォロンの水彩、彫刻、ポスター、イラスト等約300点を展示。

料金:一般7.50 EUR、団体5 EUR 開館時間:火~日10:00~18:00 閉館日:月、1/11、12/25
住所 : Ferme du Domaine de La Hulpe Dreve de la Ramee - 1310 La Hulpe
電話 : +32(0)2 653 34 56
FAX : +32(0)2 653 00 77
URL : http://www.folon-art.com/
メラン (Mélin)
見どころ
・18th-century presbytery, organ of Notre-Dame de la Visitation church
・the “Cense” of the Lord
・la Hesserée farm
・la Place farm
・Awans farm
・many traditional homes
・presbytery, Gobertange stone quarry
・St-Antoine de Sart-Mélin chapel
・Ste-Marie-Madeleine de Gobertange chapel

ショップ
・Mr. Bernard (Gobertange stone-cutter and dealer) 010/81 04 29
・Mrs. Gerlache (mural decorator) 010/81 25 65
・Mr. Kengen (painter) 010/81 57 97
・Mr. Lahy (wrought iron art) 010/81 21 82
・Mr. Meilhot (baker) 010/81 37 33

レストラン
・Villa du Haut Sart 010/81 40 10
・Panier St-Antoine 010/81 45 70

宿泊
・Cense du Seigneur (gîte) 010/81 31 92

インフォメーション
・Mélin Village Quality (non-profit) 010/81 01 65
・Jodoigne Tourist Office 010/81 15 15
・Brabant Hesbaye Tourist House 010/22 91 15

村への地図  村のパノラマ
リエージュ州

ヴァル・デュー修道院醸造所 (Brasserie de I’Abbay de Val-Dieu)
団体(12~18人)の見学のみ。要予約。大人3€ ヴァル・デュー修道院内部にある醸造所。
住所 : Val-Dieu 225, 4480 Aubel
電話 : +32 (0)87 68 75 87
FAX : +32 (0)87 68 79 58
URL : http://www.val-dieu.com
アーキオフォーラム考古学博物館 (Archéoforum)
場所:リエージュ
リエージュの9000年に及ぶ歴史をサウンド、ビジュアルの最新テクノロジーを使って展示。リエージュゆかりの聖人、聖ランベールの地下納骨堂、ガロ・ロマン時代の劇場遺跡や大聖堂近くにあった教会や建物の遺跡など。
開館時間: 火~金9:00-17:00、土日祝10:00-17:00
閉館日: 月、1/1、12/25
料金: 一般5.5€、団体(10-25名、要予約)4€
住所 : Place Saint-Lambert - 4000 Liege
電話 : +32(0)4 250 93 70
FAX : +32(0)4 250 93 79
URL : http://www.archeoforumdeliege.be
聖ポール大聖堂 (Cathédrale St-Paul)
場所:リエージュ
主として16世紀の建築ですが、古い部分もあります。宝蔵室Trésorにある聖ランベルトゥスの聖遺物箱Reliquaire de Saint Lambertは、高さ1.5メートルの黄金と銀でできた壮麗なものです。
ジュエ城 (Château de Jehay)
場所:リエージュ
水濠に格子紋様のファサードを映す姿がロマンチックで印象的。
現在の城館はヘルマン・ド・サール家が16世紀に建造した。18世紀に城を所有したヴァン・デン・ステーン家は内装に大規模な変更をもたらした。1860年には中庭がネオゴシック様式に変更。この中庭にはさらにアルフォンス・バラの装飾が加えられている。
家具、食器、タペストリー、絵画等の豊かなコレクション。数々のブロンズ像を配したイタリア庭園も面白い。
リエージュの南西20km。
国鉄Haute-Flone駅の北西2km。

料金:一般5 EUR、団体4 EUR
開館時間:5~9月の土日11:00~18:00、6月の水14:00~17:00、7~8月の火~金14:00~18:00、9月の火~水14:00~17:00、団体は予約により4~10月可
住所 : 1, rue du Parc - 4540 Amay
電話 : +32(0)85 31 17 16
FAX : +32(0)85 32 84 64
URL : http://culture.prov-liege.be/home.go
モダーヴ城 (Château de Modave)
場所:リエージュ
ワロン地方で最もすばらしい城のひとつ。
モダーヴ家、オートペンヌ家、サン・フォンテーヌ家が暮らした13世紀に遡る中世の城塞基部を利用しつつ、1658年にマルシャン伯が全面的にフランス様式に改築した城。峨々たる懸崖に威容を見せる。
内装も素晴らしく、なかでもジャン・クリスティアン・アンシュによる32貴族の家系図をあらわした135平米の天井スタッコ彫刻は西欧でも唯一の作例。
その他、タペストリーや各種調度やモダーヴ城オリジナルのジアン窯ファイアンス陶器のコレクションも興味深い。
入館料にはオーディオガイド利用も含まれる。
12/25前後の特別公開日はクリスマスデコレーションが美しい。
城内の付属小礼拝堂では日本人カップルの挙式も可。
附設の施設(400?)はレセプション、セミナー等にレンタルできる。
レストラン・カフェテリア有。
ナミュールの東35km。ユイの南東10km。 リエージュ近郊

料金:一般6 EUR、25名以上の団体5 EUR
開館時間:4/1~11/16、12/25前後の数日間、1/1の9:00~18:00
閉館日:11/17~3/31(団体は予約により可)
住所 : Château des Comtes de Marchin 4577 Modave
電話 : +32(0)85 41 13 69
FAX : +32(0)85 41 26 76
URL : http://www.modave-castle.be/
聖バルテルミー教会 (Eglise St-Barthélemy)
場所:リエージュ
11世紀に建造の始まったロマネスク様式の建物。レニエ・ド・ユイが12世紀にお制作した真鍮製の洗礼盤が収蔵されています。「ベルギー7つの傑作」の一つ。
聖ジャック教会 (Eglise St-Jacques)
場所:リエージュ
正面はロマネスク様式ですが、本体は15~16世紀に建てられた後期ゴシックです。内部の装飾が見事です。
聖バルテルミー参事会教会の洗礼盤 (Les Fonts baptismaux de la Collégiale St-Barthélemy)
場所:リエージュ
ルニエ・ド・ユイによるロマネスク(モザン)美術の第一級作品でベルギーの7至宝のひとつに数えられている。
開館時間: 毎日10:00-12:00/14:00-17:00(日曜は午後のみ)
料金: 一般1.25€
住所 : Place St-Barthélemy - 4000 Liège
電話 : +32(0)4 223 49 98
ラ・バット市 (Marché de la Batte)
場所:リエージュ
毎週日曜日8:00~14:00
ムーズ河岸ラ・バットで開かれる大規模な朝市。骨董品、日用品、食品など。
ビューラン山 (Montagne de Bueren)
場所:リエージュ
ワロン民族博物館の東にある石段を373段のぼると、リエージュ周辺を一望できます。この階段は、15世紀の貴族ヴァンサン・ド・ビューランを記念して1875年に作られました。城砦跡には病院や公園があります。
クルティウス博物館 (Musée Curtius)
場所:リエージュ
裕福なスペイン人クルティウスが17世紀初頭に建てた邸宅。家具、彫刻のほかムーズ川一帯の考古学的出土品や、中世の美術などを展示しています。
アンサンブール博物館 (Musée d'Ansembourg)
場所:リエージュ
1740年ごろに建てられた個人邸宅が、内装、家具などすべて手を加えられずに残っています。装飾芸術の典型といえる見事なものです。
武器博物館 (Musée d'Armes)
場所:リエージュ
主として小型火器を集めた博物館としては世界的なもの。リエージュは14世紀ごろから武器の生産で知られ、現在も武器製造学校があります。この建物は18世紀の邸宅で、ナポレオンが立ち寄ったこともあり、アングルが描いた「第一執政時代のナポレオン像」も展示されています。
現代美術館 (Musée d'Art moderne et d'Art contemporain)
場所:リエージュ
1905年万博の際に建てられた旧パレ・デ・ボザールを利用。1850年以降の作品、ピカソ、ゴーガン、モネなど約750点を収蔵、展示。
開館時間: 火~土13:00-18:00、日11:00-16:30
閉館日: 月、5/1、11/1~2、11/11、12/24~26、12/31~1/1
料金: 一般5€
住所 : 3, parc de la Boverie - 4020 Liège
電話 : +32(0)4 343 04 03
FAX : +32(0)4 344 19 07
URL : http://www.mamac.org
モザン美術館 (Musée d'Art religieux et d'Art mosan)
場所:リエージュ
中世ヨーロッパ、フランドル地方、イタリア、ドイツ、フランスの絵画、織物、彫刻作品とモザン美術(中世初期にムーズ川流域に発展した美術)の主な作品を展示。
開館時間: 火~土11:00-18:00、日11:00-16:00
閉館日: 月、5/1、5/8、11/1~2、11/11、11/15、12/24~26、12/31~1/1
料金: 一般2.5€、10名以上の団体1.25€
住所 : 1, rue Mère Dieu - 4000 Liège
電話 : +32(0)4 221 42 25
URL : http://membres.lycos.fr/maramliege
ワロン美術館 (Musée de l'Art wallon)
場所:リエージュ
アンリ・ブレスからルネ・マグリット、ランベール・ロンバールからポール・デルヴォーにいたる、16~20世紀のワロン地方出身の芸術家の作品(絵画、彫刻)を展示。
開館時間: 火~土13:00-18:00、日11:00-18:00
閉館日: 月、5/1、11/1~2、11/11、12/24~26、12/31~1/1
料金: 一般5€、10名以上の団体3€ 車椅子可
住所 : 86, Féronstrée - 4000 Liège
電話 : +32(0)4 221 92 31
FAX : +32(0)4 221 92 32
URL : http://www.liege.be/svcommu/culttour/musees/communau/martwa.htm
ワロン民俗博物館 (Musée de la Vie wallonne)
場所:リエージュ
建物は17世紀のフランシスコ会修道院のもの。ワロン文化圏の生活が理解できるように、日用品や家具などが集められ、職人の工房や炭坑が再現されています。付属のメゾン・シャマールでは、人形芝居が上演されます。
開館時間: 火~日9:30-18:00
閉館日: 月、1/1-8、5/1、11/1、12/25
料金: 一般5€、最大15名の団体4€
住所 : Cour des Mineurs - 4000 Liège
電話 : +32(0)4 237 90 40
URL : http://www.liege.be/visitelg/musees/noncommu/viewallo.htm
ガラス美術館 (Musée du Verre)
場所:リエージュ
古代フェニキアから現代にいたるガラス器約九千点を展示しています。クルティウス博物館の別館。
君主司教宮殿 (Palais des Princes-Evêques)
場所:リエージュ
皇子司教の住んでいたところ。現在の建物は16世紀ルネサンス様式のもので、南側のみ18世紀の再建。回廊の柱頭には奇妙な彫刻が施されていますが、これはエラスムスの「痴愚神礼讃」に想を得たものといわれます。現在は州政府庁舎、裁判所としても利用されています。
市庁舎 (Hôtel de Ville)
場所:スパ
この建物は1760年にリエージュ出身の建築家によって建てられました。その後イギリスの実業家ジョン・コッケリルによって買収され工場として使用されていました。
聖ルマクル教会 (L’Eglise de Saint Remacle)
場所:スパ
聖ルマクルは7世紀の聖人で、スタヴロ・マルメディ修道院を建てた人物。もともと15世紀からこの教会は建てられていましたが、現在の教会の建物は1885年のもの。
カジノ (Le Casino)
場所:スパ
現在の建物は、それまであった娯楽施設が火事で焼失したため1920年に建てられました。外観はネオクラシック様式、内装は様々なスタイルを用いて作られています
スパ・フランコルシャン・サーキット (Le Circuit de Spa-Francorchamps)
場所:スパ
毎年9月にF1のベルギーグランプリや24時間耐久レースが行われます。オー・ルージュEau Rouge(フランス語で“赤い水”)と呼ばれる急坂はレーサー達から高い評価を得ています。
住所 : Route du Circuit, 55 B-4970 Francorchamps
電話 : +32/87 27 51 38
FAX : +32/87 27 52 96
URL : http://www.spa-francorchamps.be
ピエール・ルグラン (Le Pouhon Pierre-le-Grand)
場所:スパ
最も有名な源泉で、スパの町中にある。炭酸が強い。源泉は建物の中にあり、開館時間が決められています。
イースターの休日、4月~10月 毎日 10.00 - 12.00, 13.30 - 17.00
1月~3月、11月~12月 平日 13.30 - 17.00
週末、祝日 10.00 - 12.00, 13.30 - 17.00
源泉 (Les Sources)
場所:スパ
スパの町周辺の自然豊かな森の中に源泉が点在しています。 - Source de la Reine 王妃の泉 - Source de Tonnelet トヌレの泉 - Sources de la Sauveniere et de Groesbeeck ソヴニエールとグロースベークの泉 ソヴニエールの泉はスパ最古の源泉。以前はスパの源泉の中で最も多くの人が訪れました。 グロースベークの泉はソヴニエールのすぐ横。 - Source de la Geronstere ジェロンステールの泉硫黄を含み、呼吸器系器官に良いとされている。 - Source de Barisart バリサールの泉
テルム・ド・スパ (Les Thermes de Spa)
場所:スパ
以前使用されていた建物は19世紀に建てられたもの。ネオクラシック様式の外観は重厚な雰囲気で数々の著名人を受け入れてきた歴史を感じさせます。 現在のテルム・ド・スパは、ホテルRadisson SASと直結するケーブルカーで山を登ったところにあり、水の爽やかさを思わせる建物。コースを選び、エステなどを受けることができます。
蚤の市 (Marché aux puces)
場所:スパ
毎週日曜日、7時公園(Parc de Sept-heures)にて
08.00 - 13.00
シャトー・デ・テルム (Château des Thermes)
場所:ショーフォンテーン
プールやエステなどを備えた宿泊もできる施設。
住所 : Rue Hauster 9 B-4050 Chaudfontaine
電話 : +32/4 367 80 67
FAX : +32/4 367 80 69
URL : http://www.chateaudesthermes.be/
アストリッドの泉 (La Source Astrid)
場所:ショーフォンテーン
観光案内所、あるいはショフォンテーヌMonopoleに申し込みをすれば、訪問・試飲可。
アルベール王子の泉 (La Source Prince Albert)
場所:ショーフォンテーン
18世紀初め頃から知られる36.6度の源泉。
フルマリエの館 (Le Pavillion Fourmarier)
場所:ショーフォンテーン
1961年にこの源泉を整備したリエージュ大学教授のフルマリエ氏から名前をとっています。
スタヴロ修道院 (Abbaye de Stavelot)
場所:スタヴロ
内部に以下の3館があります。
●スタヴロ・マルメディ修道院所領博物館
Musée de la Principauté de Stavelot-Malmédy
聖レマクルスによる創設からフランス革命に至るまでのスタヴロ修道院の歴史を紹介。
●スパ・フランコルシャン・サーキット博物館
Musée du Circuit de Spa-Francorchamps
「世界一美しいサーキットコース」として国際的に有名なスパ・フランコルシャンの歩みを紹介。修道院のロマネスク様式のカーヴを利用して数々のレーシングカーを展示。
●ギヨーム・アポリネール資料館
Musée Guillaume Apollinaire
1899年にスタヴロでヴァカンスを過ごしたフランス詩人ギヨーム・アポリネール(1880-1918)を紹介。書籍、写真のほか、芸術家たち(ピカソ、マリー・ローランサン、ヴラマンクなど)との交流を伝える書簡を展示。 なお、考古学遺跡、回廊と中庭、ミュージアムショップ、観光局、ミュージアムカフェは入場自由。カフェではビール、チーズ、ハムなどの特産品が食事できます。
スタヴロ修道院 (Abbaye de Stavelot)
場所:スタヴロ
内部に以下の3館があります。 スタヴロ・マルメディ修道院所領博物館 Musée de la Principauté de Stavelot-Marmedy
聖レマクルスによる創設からフランス革命に至るまでのスタヴロ修道院の歴史を紹介。
スパ・フランコルシャン・サーキット博物館 Musée du Circuit de Spa-Francorchamps
「世界一美しいサーキットコース」として国際的に有名なスパ・フランコルシャンの歩みを紹介。修道院のロマネスク様式のカーヴを利用して数々のレーシングカーを展示。
ギヨーム・アポリネール資料館 Musée Guillaume Apollinaire
1899年にスタヴロでヴァカンスを過ごしたフランス詩人ギヨーム・アポリネール(1880-1918)を紹介。書籍、写真のほか、芸術家たち(ピカソ、マリー・ローランサン、ヴラマンクなど)との交流を伝える書簡を展示。 なお、考古学遺跡、回廊と中庭、ミュージアムショップ、観光局、ミュージアムカフェは入場自由。カフェではビール、チーズ、ハムなどの特産品が食事できます。
開館時間: 火~日10:00-18:00
閉館日: 月、12/25、1/1、四旬節の第4日曜
料金: 3館通し券一般8.50€、65歳以上、6~18歳7€団体6€ 車椅子可
住所 : 4970 Stavelot
電話 : +32(0)80 88 08 78
FAX : +32(0)80 88 08 77
URL : http://www.abbayedestavelot.be/
聖セバスチャン教会 (Eglise St-Sébastien)
場所:スタヴロ
18世紀建造。モザン美術の傑作「聖レマクルスの聖遺物箱」(1268)があります。リエージュゆかりの聖レマクルスや聖ランベルトゥスなどが彫刻されています。また、リエージュの金銀細工師ジャン・ゴーザン作の胸像型聖遺物箱(1624)も安置されています。これにはスタヴロのかつての修道院長聖ポポンの聖遺物が納められています。
聖ルマクル広場 (Place St-Remacle)
場所:スタヴロ
取り囲む建築と石畳が美しい広場。スタヴロの自由を象徴したペロンの噴水(1769)があります。
ブレニー炭坑 (Blegny-Mine)
場所:ブレニー
かつて栄えた炭鉱の地下坑道の探訪。地上には炭鉱関連の博物館がある。
開館時間: 個人は、2/14-11/28の週末と4/5-9/10の毎日。団体は、2/14-12/23日の毎日。
料金: 一般8.8€、15名以上の団体7.65€(要予約)
住所 : 23, rue Lambert - 4670 Blegny
電話 : +32(0)4 387 43 33
FAX : +32(0)4 387 98 28
URL : http://www.blegnymine.be
ラインハルトシュタイン城 (Château de Reinhardstein)
場所:ロベールヴィル
もともとリュクサンブール公国北部の防御のためにリュクサンブール公ウェンセスラスの命を受けたルノー・ド・ウェイムが1354年に建造した城。
1550年以降、ウイーン会議の主催者として著名なメッテルニッヒ宰相の父(駐ブリュッセルオーストリア全権大使)の代まで一族が3世紀に渡って所有したが、19世紀にほぼ廃墟の状態で売却され、1965年よりオーヴェルロープ教授によって全面的に修改築された。
今日は1966年より教授とともに修復作業に携わってきたドフォッサ氏が家族と城に暮らしながら館長を務める。
騎士の間や礼拝堂はとくに素晴らしい。それぞれの間には教授の古物コレクションが所狭しと並ぶ。
マルメディの北東10km。

料金:一般5.5 EUR
開館時間:6/15~9/15の日祝、復活祭、キリスト昇天祭、聖霊降臨祭14:15~17:15、7~8月の木土15:30
ガイド付き見学のみ。
住所 : 4950 Ovifat-Robertville
電話 : +32(0)80 44 68
FAX : +32(0)80 44 69 99
URL : http://www.users.skynet.be/sart/ch/index.htm
クレールモン (Clermont-sur-Berwinne)
見どころ
・St-Jacques-le-Majeur church (17th-century) and its cemetery,
・Place de la Halle,
・old Town Hall (1888) and traditional “Meuse-Renaissance” houses,
・Ste-Anne chapel

見学 & アクティビティ
・Remember Museum 39-45, 087/44 61 81 (by reservation)

ショップ
・Thimister farm butcher's, 087/44 52 73

レストラン
・« Le Charmes-Chambertin », 087/44 50 37
・« La Table du Sud », 087/39 80 71
・« Au renouveau », tavern, 087/44 65 27

宿泊
・« Gîte des Bruyères », 087/68 84 48
・« Gîte Côté Berwinne », 087/68 13 59
・« Gîte La Fermette Bleue », 087/30 03 26

インフォメーション
・Tourism information Point (summer) , 087/44 68 76
・Municipal Administration , 087/44 65 16 (winter)
・Pays de Herve Tourist Point, 087/69 36 70

村への地図  村のパノラマ
ソワロン (Soiron)
見どころ
・St-Roch church (1723) and its Louis XIV-style furniture
・Soiron castle
・Its park and its farm
・The Moraithier site
・Sclassin castle
・Old presbytery
・Several 17th-century residences
・Old communal brewery
・The thistle drier
・Several shrines
・Fountain
・Washhouse

ショップ
・Mrs. Thonnard (Soiron tin) 087/46 07 95
・Mr. Mazzocco (liqueurs) 087/46 35 01
・Espace Christie (Art Gallery) 087/88 01 86

レストラン
・Le Vieux Soiron 087/46 03 55
・Bakery-Confectioner’s 087/46 22 45
・Le Duo (café) 087/46 05 49
・Au bon coin (café) 087/46 02 89

インフォメーション
・Vesdre Country Tourist House 087/30 79 26

村への地図  村のパノラマ
デニェ (Deigné)
場所:デニエ
見どころ
・18th-century stone cottages
・fountains
・shrines and crosses
・hall

見学 & アクティビティ
・« Aywaille Monde Sauvage », 04/360 90 70

レストラン
・« La Tête de Boeuf », Deigné, 04/263 68 98
・« La Villa des Roses », Aywaille, 04/384 42 36
・« La Gourmandine », Aywaille, 04/384 60 23
・« Le Shérazade », Aywaille, 04/ 361 13 88
・« L’Aures », Aywaille, 04/384 60 50
・« La Chine », Aywaille, 04/384 62 08
・« Le Dragon Gourmet », Remouchamps, 04/384 72 70
・« La Casa Nostra », Remouchamps, 04/384 69 45
・« Le Pré Ardennais », Remouchamps, 04/384 44 72

宿泊
・« La Villa des Roses », hotel in Aywaille, 04/384 42 36
・« La Gourmandine », hotel in Aywaille, 04/384 60 23
・« Comme un Poème », guestrooms in Aywaille, 0494/83 78 68
・« Bay-Hubin », guestrooms in Aywaille, 04/384 56 19
・« Le Clos des Ecureuils », gîte in Remouchamps, 04/384 66 85
・« Le Gîte Cocoon », Hameau de Sur la Heid, 04/382 20 50

インフォメーション
・Aywaille Tourist Office, 04/384 84 84
・Ourthe-Amblève Country Tourist House, 04/384 35 44

村のパノラマ
オルヌ (Olne)
見どころ
・The village hall and its brick and limestone facade
・St. Sebastien church
・Numerous 17th and 18th century residences
・The “La Neuville” site
・The entity formed by St. Hadelin church and Place du Fief
・Vallon and the manorial estate of Froidbermont

イベント
・“Olne in yesteryear” (crafts and folklore festival)
・“St. Hadelin Festival” (open-air music event)
・“Great Witch Bonfire”

ショップ
・Mr Frédéric Pirotte (chocolate maker and caterer), 087/26.70.87
・Mr Debougnoux (butter, cottage cheese an eggs) 087/26.71.60

レストラン
・Tavern « Les Montagnards » 087/77.24.98

宿泊
・Rooms in the manorial estate (board and lodging) 087/ 37.76.77
・Régine Spits board and lodging 04/355.02.93
・Le Petit Château du Colonel (board and lodging) 087/37.67.94

インフォメーション
・Municipal Administration of Olne 087/26.02.72 - info@olne.be
・Herve Country Tourist Office 087/69.36.70

村のパノラマ
カーニバル博物館 (Musée du Cwarme(Carnaval))
場所:マルメディ
ワロン地方に伝わる珍しいカーニバルに関する展示。衣装、写真、映像、ポスター等。
開館時間: 火~日14:00-17:00
閉館日: 月、12/24~25、12/31~1/1、カーニバル期間
料金: 一般2.5€、団体2€
住所 : 11, Place de Rome - 4960 Malmédy
電話 : +32(0)80 33 70 58
FAX : +32(0)80 33 92 32
URL : http://www.malmedy.be/fr/musees.htm
リュクサンブール州

ブイヨン城 (Château Fort de Bouillon)
場所:ブイヨン
ヨーロッパで戦争が頻発していた中世、防衛のための城として建設。ベルギーで最も古い城と言われ、1096年第一次十字軍を指揮したゴッドフロワ・ド・ブイヨン伯の居城。現在は城内をガイドと共に見学でき、頂上の塔からはブイヨンの町を一望できます。名物となっている鷹匠の実演も見逃せません。夜にはライトアップされ高台に浮かび上がる城のロマンチックな表情を楽しむことができます。
開館時間:12月~2月 平日 13:00~17:00(週末 10:00~17:00)
3月、11月 毎日 10:00~17:00
10月 平日 10:00~17:00( 週末 10:00~17:00 休日 10:00~18:00)
4月~6月、9月 平日 10:00~18:00 (休日 10:00~18:30)
7月、8月 毎日 10:00~18:30
閉館:12月25日、1月1日
入館料:大人5.9ユーロ、シニア5.1ユーロ、学生4.3ユーロ、4歳~12歳4ユーロ
URL : http://www.bouillon-sedan.com
ブイヨン城 (Château Fort de Bouillon)
場所:ブイヨン
ベルギーで最も保存がよく、最も古い城のひとつ。
第一次十字軍を指揮したゴッドフロワ・ド・ブイヨン伯の持城。伯は十字軍出発にあたり、この城をリエージュ司教オトベールに売却した。立地、防御ともに優れていたため、18~19世紀もなお仏軍、蘭軍によって要塞として使用されつづけた。
様々に工夫を凝らした数多くの部屋を擁する城内をほぼ一巡できる見学コースがある
。国鉄Paliseul駅の南西14km、ディナンの南東54km。

料金:一般4 EUR、20名以上の団体3.50 EUR
開館時間:1~2、12月は月~金13:00~17:00、土日10:00~17:00、3、10~11月は10:00~17:00、4~6、9月は月~金10:00~18:00、土日10:00~19:00、7~8月10:00~19:00
閉館日:1/1、12/25
住所 : Chateau Fort, B.P. 13 - 6830 Bouillon
電話 : +32(0)61 46 62 57
FAX : +32(0)61 46 42 12
妖精の里 (La Ferme des Fées)
場所:ブイヨン
ブイヨンから近いアルデンヌの森の中にある人形の展示場。スモワ川の靄から生まれたといわれる妖精エルフや、森の精などをはじめとする手作りの人形の数々。19世紀の生活風景展示など。販売あり。
開館時間: 毎日
閉館日: 7~8月は火、それ以外の月は火水
住所 : 1, Mont de Zatrou - 6830 Les Hayons
電話 : +32(0)61 46 89 17
公爵博物館 (Le Musée Ducal)
場所:ブイヨン
ブイヨンを愛する市民が建てた、4つの建物からなる博物館。最も古いものは17世紀の後半に造られ、ブイヨン政府の邸宅としても使われていました。館内は古い家具で飾られ、当時の雰囲気を味わいつつブイヨンの歴史を知ることができます。
開館時間:イースターから11月15日、学童長期休暇中の毎日10時~18時(10月、11月は10:00~17:00)
料金:大人4ユーロ、シニア3.5ユーロ、学生3ユーロ、小人2.5ユーロ ブイヨン城見学とセット 大人8ユーロ、6歳~12歳4.8ユーロガイドツアー(仏語、蘭語、独語、西語、英語):20ユーロ(要予約)
住所 : Rue du Petit 1-3 B- 6830 Bouillon
電話 : + 32 (0) 61 46 41 89
FAX : + 32 (0) 61 46 41 99
URL : http://www.museeducal.be/
ブイヨンツーリストトレイン (Trains touristiques de Bouillon)
場所:ブイヨン
ブイヨンの町を40分かけてゆっくり廻ります。ブイヨン城や町に残る伝承を聞きながら、美しい景色を眺めることができます。
営業日: 3月~6月 土、日、祝日 7月~8月 毎日 9月~11月15日 土・日・祝日
(20人以上の場合は通年で予約可) ※時刻表は集合場所に掲示
集合場所: フランス橋Pont de Franceまたはリエージュ橋Pont de Liège
料金: 大人4.7ユーロ、6歳~12歳2.3ユーロ
電話 : +32 (0)61 46 70 04
FAX : +32 (0)61 46 70 04
URL : http://www.ttb.be
Mail : ttbouillon@skynet.be
郷土資料館
場所:デュルビュイ
16世紀に建てられた穀物取引所
デュルビュイ伯の城館 (Château de Duruby)
場所:デュルビュイ
のちにルクセンブルグ伯の城館になった建物です。(見学不可)
サン・タムール ジャム工房 (CONFITURERIE SAINT-AMOUR)
場所:デュルビュイ
野生の花や果実を材料に、約40種類の手作りジャムのほか、アロマビネガー、薬用クリームなどを生産しています。 工房の隣とデュルビュイ中心部にある2軒のショップでは、工房の生産品のほか、蜂蜜、ピクルス、ビール、植物エッセンスなども販売しています。工房は見学も可能。
お問い合わせ:+32 (0) 86 / 21.12.76 または +32 (0) 86 / 21.21.42
電話 : +32 (0) 86 /21.12.76
ダイアモンド博物館 (Diamantissimo)
場所:デュルビュイ
火曜、水曜日定休(7月、8月除く)
住所 : rue de la Prévôté, 2
電話 : +32 (0) 86 /21.31.92
ロッシュ・アン・アルデンヌ 城塞の廃墟 (Les ruines du château féodal de La Roche)
場所:デュルビュイ
古くは9世紀頃に起源をもつとされる中世の城塞の廃墟。
現存する城塞は主として12世紀のナミュール伯アンリの手によるもの。円塔や地下牢などの中世城塞の特徴をよく遺す。
デュルビュイの南東20km、マルシュ・アン・ファメンヌの東南東18km。

料金:一般3.50 EUR、団体2.50 EUR
開館時間:4~6、9~10月の毎日10:00~12:00、14:00~17:00、7~8月の毎日10:00~19:00、11~3月の月~金13:30~16:30、土日10:00~12:00、14:00~16:00
閉館日:雪、雨氷の日は閉館
住所 : 6980 La Roche-en-Ardenne
電話 : +32(0)84 36 77 36
URL : http://www.laroche.be/
バストーニュ歴史センター (Bastogne Historical Center)
場所:バストーニュ
「バルジ大作戦」の舞台で、第2次大戦の将軍たちの蝋人形の胸像、制服、武器の展示や、記録映画を上映。
開館時間: 毎日、3~4月10:00-17:30、5~9月9:30-18:00、10~12月10:00-17:30、1・2月は要問合せ。
閉館日: 1・2月、12/24~25、12/31
料金: 一般8.50€、15名以上の団体7€ 車椅子可
住所 : Colline du Mardasson - 6600 Bastogne
電話 : +32(0)61 21 14 13
FAX : +32(0)61 21 73 73
URL : http://www.bastognehistoricalcenter.be
シャルドヌー (Chardeneux)
見どころ
・Meuse-style church and its fine belfry,
・old wash-bridge
・old presbetery
・court of justice
・chapel of the Nativity of the Holy Virgin

ショップ
・Bebette butcher’s (home-made cold meats and Belgian blanc-bleu beef) 086/32 19 65
・Wood toysmake « La Rochette », 0494/45 65 92

レストラン
・Comptoir de Pays « Li Bèrôdi », by reservation, 086/34 44 07 ou 086/34 43 42
・Auberge du Pont -Lavoir, 0496/57 66 25

宿泊
・Guestrooms and camping at Dodet farm 086/34 40 43,
・“Li Cwepi and Li P’tit Cinsy” (gîtes) 086/34 40 51,
・Auberge du « Pont-Lavoir » , 0496/57 66 25
・La Maison d'à Côté, gîte rural et équestre (Méan), 086/32 24 48

インフォメーション
・Asbl Chardeneux, 0476/36 44 07
・Somme-Leuze Tourist Office, 086/21 88 90
・Condroz-Famenne Tourist Office, 086/40 19 22

村への地図  村のパノラマ
トルニー (Torgny)
見どころ
・Fine farms
・neo-classical washhouse
・chapel standing near the hermitage,
・some fifty buildings dated from 1742 to 1882
・Montquintin site (ruin of a mediaeval castle),
・Romanesque church, panorama of the region

見学 & アクティビティ
・Ecoculture 063/22 96 49

ショップ
・Poirier du Loup cellars 063/22 05 38,
・Clos de l’Epinette cellars 063/58 21 58

レストラン
・Grappe d’Or 063/57 70 56
・La Romanette 063/57 79 58
・L’Empreinte du temps 063/60 81 80

宿泊
・La Grappe d’Or (hotel) 063/57 70 56
・La Romanette (guestrooms) 063/57 79 58
・L’Empreinte du temps (guestrooms) 063/60 81 80
・L’Escofiette (guestrooms) 063/57 71 70,
・Libell’ and Co (rooms in a private house) 063/45 78 18
・Les Amis de Torgny (gîte for groups) 063/44 56 52
・Camping on the farm 063/57 15 98
・M. Janssen-Zimmer (gîte) 063/57 05 19
・Gîte Saint-luc (guestrooms) 063/44 56 52
・Sens du Sud (guestrooms) 063/22 22 29

インフォメーション
・Le “Méridional” Tourist Office 063/57 83 81
・Gaume Tourist House 063/57 89 04

村のパノラマ
ユーロ・スペース・センター (Euro Space Center)
場所:トランジンヌ
実物大のスペースシャトルや宇宙飛行士の訓練機器など、宇宙開発に関するさまざまな展示、体験設備がある。個人、団体向けの宿泊設備も完備。
開館時間: 1/2・3、2/13-28、3/6・7・13・14・20・21・27・28、4/3-18・20-25・27-30、5/1-9・11・13-16・18-28・30、6/1-6・8-13・15-20・22-27・29・30、9/1-5・7-12・14-19・21-30、10/1-3・5-10・12-24・26-31、11/1-7・11-14・20・2127・28、12/4・5・11・12・18-23・26-30の10-17時。7・8月は毎日10-16時。
閉館日: 団体は予約により通年可。
料金: 一般11€、20名以上の団体9.5€
住所 : 1, rue devant les Hêtres - 6890 Transinne
電話 : +32(0)61 65 64 65
FAX : +32(0)61 65 64 61
URL : http://www.eurospacecenter.be
ラフォレ (Laforêt)
見どころ
・Schist cottages with their wide slate roofs
・The old listed washhouse
・Drinking trough
・The old forge
・Fountains
・Picturesque tobacco driers
・The Bridge of Claies

見学 & アクティビティ
・Pinocchio workshop (exhibition and marionette theatre) 061/27 11 70
・Serpolet grocery (shop and brewery) 0477/42 80 84

ショップ
・Mr. Tellier (painter and sculptor) 061/50 18 88
レストラン
・La Sapinière 061/50 11 69
・Le Moulin Simonis 061/50 00 81
・L’Epicerie du Serpolet 0477/42 80 84

宿泊
・La Sapinière (hotel) 061/50 11 69
・Moulin Simonis (hotel) 061/50 00 81
・La Bergerie (gîte) 061/50 06 30
・Pont d’Claies gîtes, 081/73 28 79
・La Tabatière (gîte) 082/66 63 72
・La Forge/Vieille Fontaine (gîtes) 02/360 03 65
・La Ferme (gîte) 061/50 06 60
・Au Bonheur des Anges (gîte) 061/50 18 88
・La Forestière (gîte for groups) 04/222 96 54
・L’Ecureuil (villa) 0477/69 40 08

インフォメーション
・Namur Ardenne Tourist House 061/29 28 27

村への地図  村のパノラマ

ソイェ (Sohier)
見どころ
・The castle and its vast park with exceptional tree species (private property)
・The school and presbytery
・St-Lambert church (1870)
・Two shutters from a 15th-century wooden polyptych
・Notre-Dame des Sept Douleurs chapel (known as Barzin chapel)
・Panorama from the Victory Cross

見学 & アクティビティ
・Museum of the Gastronomic Brotherhoods (Castle-farm) 082/69 96 26
・Ruins of Montaigle castle and its archeological museum 082/69 95 85
・"Draisines de la Molignée" 082/69 90 79

宿泊
・Altitude 320 (gîte) 084/38 83 98

インフォメーション
・Wellin tourist information bureau 084/43 00 45
・Haute-Lesse Country Tourist House 061/65 66 99

村への地図  村のパノラマ
ノーブルサール (Nobressart)
見どころ
・Some big Lorraine farms
・St-Jean-Baptiste church in neo-classical style (1845)
・Old mill, les Fontaines school
・Washhouses, fountain
・Notre-Dame des Sept Douleurs chapel (16th century)

見学 & アクティビティ
・“Voyage au cœur de l’Attert” visitor centre: guided visits of the village and surroundings (on request) 063/22 78 55
・Collection of agricultural machinery (by reservation) 063/21 75 17

ショップ
・Nobressart mill (honey and smoked trouts) 063/22 56 77

宿泊
・La Fermette and le Fenil (gîtes) 00352/80 95 19
・La Kwert (gîte) 063/21 70 31

インフォメーション
・Au Pays de l’Attert 063/22 78 55, Attert Tourist Office 063/22 26 17
・Arlon Country Tourist House 063/21 94 54

村への地図  村のパノラマ
ニィ (Ny)
見どころ
・17th-century castle-farm
・Presbytery
・Old mill
・Fountains
・Five chapels

見学 & アクティビティ
・1001 Nights grottoes 083/68 83 65
・Faber mill 084/36 78 42

ショップ
・Mr. Detroz (beekeeper) 084/46 77 08
・Castle-farm (breeding of Icelandic horses and of “Salers” cattle, home-made cheesemaking) 084/46 76 22

レストラン
・Au Fin Gourmet 084/46 67 56

宿泊
・Au Fin Gourmet (gîte) 084/46 67 56
・Du Ruisseau de la Naive (gîte) 084/46 74 56
・Les 2 et 3 Fontaines (gîtes) 084/46 64 00
・Castle-farm (gîte) 084/46 76 22
・L’Espinette (holiday village) 084/46 65 80

インフォメーション
・Hotton Tourist Office 084/46 61 22
・Ourthe and Aisne Country Tourist House 086/21 30 81

村への地図  村のパノラマ
ウェリス (Wéris)
見どころ
・ドルメンとメンヒルの遺跡 (紀元前3000年頃)
・聖ワルブルジュ教会 L'Eglise romane Sainte-Walburge (11世紀)
・シャトーフェルム Le Château-ferme(17世紀)
・伝説の残る石 : « バイヤールの足跡Pas de Bayard », « 悪魔の寝床Lit du diable » « ピエール・ヘナ »
・パン焼き釜
・先史時代の巨石

見学&アクティビティ
・巨石博物館Musée des Mégalithes, 086/21 02 19 ou 086/21 33 14
・Centre d’exposition, 086/21 02 19

レストラン
・« La Pierre Levée », 086/21 36 75
・« Al Tiesse di Bwès », 086/38 71 63

宿泊施設
・ « Le Hourlay » à Morville/Wéris, gîte, 086/21 22 52
・« Les Dolmens », chambres d’hôtes 2 épis, 086/21 38 30
・« La Clé des Champs », gîte, 0495/53 30 84
・« La Grange », gîte, 0475/73 49 47
・« La Merise », gîte, 086/21 27 16
・« Côté Sud » à La Closerie, gîte 2 épis, 02/478 52 79
・ Gîte « Lamy », 086/21 27 45
・« La Maison du Druide », gîte 2 épis, 086/21.20.27
・« Au Charme du Passé », gîte 2 épis, 080/21 68 78
・« Les Gîtes ruraux des Tilleuls » à Oppagne/Wéris, 086/21 13 72
・« Les Buissons» , chambres d'hôtes, 0497/41 98 64

インフォメーション
・Musée des Mégalithes, 086/21 02 19 ou 086/21 33 14
・Office du Tourisme de Durbuy, 086/21 98 61
・Maison du Tourisme du Pays d'Ourthe et Aisne, 086/21 30 81

村への地図

ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia

資料ダウンロード・お問合せの方はこちら

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia