ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル|古城

●古城

ブリュッセルの古城 >>

ワロン地方の古城 >>


ブリュッセル
王宮 Palais royal/Koninklijk Paleis
ネーデルラント王オレンジ公ウィレム一世の時代に再建された部分(1820年~1829年)を基礎としながらも、レオポルド二世時代にも内外装ともにほぼ全面的な改装が施されている(1904年)。ゴヤの作品をモチーフとした大タペストリーの掛かる「ゴヤの間」、ベルギー初代国王レオポルド一世の肖像画を数多く集めた「ルイ16世様式の間」、食器や銀器を展示した「青の間」のほか、建築の大家アルフォンス・バラによる壮麗な「玉座の大広間」などは見学の重要なポイント。収蔵されているルーベンス、ヴァン・ダイク、ヨルダーンスなどの肖像画作品も必見。ブリュッセル公園に面する。国鉄ブリュッセル中央駅より徒歩。

所在地:place des Palais - 1000 Bruxelles/Paleizenplein - 1000 Brussel
Tel: +32(0)2 551 20 20 Fax: +32(0)2 512 53 72
料金:無料
開館時間:7~9月頃 火~日10:30~16:30
閉館日:月

http://www.monarchie.be/site/fr/visites_palace.html

シャルル・ド・ロレーヌ宮
  Palais de Charles de Lorraine/Paleis van Karel van Lotharingen
旧ナッソー館のあった敷地に1757年より建造された宮殿。シャルル・ド・ロレーヌは1744年から1780年にかけてのオーストリア領ネーデルラント総督。ロカイユ様式と新古典様式による内外装が素晴らしい。館内には18世紀博物館があり、18世紀におけるオーストリア領ネーデルラントとリエージュ皇子司教領での暮らしにかかわる展示がある(銀器、磁器、学術研究用機器、楽器など)。会場のレンタル可。国鉄ブリュッセル中央駅より徒歩。王立美術館からすぐ。

所在地:1, place du Musée - 1000 Bruxelles/Museumplein 1 - 1000 Brussel
Tel: +32(0)2 519 53 71 Fax: +32(0)2 519 55 95
料金:一般3 EUR
開館時間:火~土13:00~17:00(土は10:00~)、毎月第1日曜10:00~17:00
閉館日:月日祝、8月、12/25~1/1
http://charlesdelorraine.kbr.be/

[top]
ブリュッセル近郊
ガースベーク城 Kasteel Gaasbeek
13世紀に建築、19世紀に再建。16室が19世紀調の内装になっている。現在では博物館として開放。周りを40haの森が取り囲む。ブリュッセルの南西12km。

所在地:Kasteelstraat 40 - 1750 Gaasbeek
Tel: +32(0)2 532 43 72

ベールセル城 Kasteel Beersel
14世紀初期に建造された3つの塔のある城。1929~38年に17世紀の資料に基づき修復。木立と濠に囲まれている。ブリュッセルの南南西10km。国鉄Holleken駅の西3km。

所在地:Lotsestraat 1 - 1650 Beersel
Tel: +32(0)2 331 00 24

http://www.beersel.be/


ワロン地方
ブリュッセル近郊/ブラバン・ワロン
ラ・ユルプ城 (フォロン財団 Fondation Folon)
ブリュッセルから約20分。人気イラストレーター、ジャン・ミシェル・フォロンの水彩、彫刻、ポスター、イラスト等約300点を展示。

所在地:Ferme du Domaine de La Hulpe Dreve de la Ramee - 1310 La Hulpe
Tel: +32(0)2 653 34 56 Fax: +32(0)2 653 00 77
料金:一般7.50 EUR、団体5 EUR
開館時間:火~日10:00~18:00
閉館日:月、1/11、12/25

http://www.folon-art.com/

[top]

トゥルネー、モンス、シャルルロワ近郊/エノー州
ベルイユ城 Château de Beloeil
ヨーロッパ有数の貴族リーニュ家の14世紀以来の居城。25haの広大な18世紀フランス庭園によっても有名。15~19世紀の美術品、2万巻の蔵書がある。1680年にリーニュ家のクレール・マリー・ド・ナッソーが建造したのが始まり。1900年に大火があり、本館が焼失したが、幸い調度、タペストリー、磁器などの美術品等は災禍を逃れた。その後フランス人建築家サンソンによって再建され現在に至る。トゥルネーの東南東30km。

所在地:Château de Beloeil 11, rue du Château - 7970 Beloeil
Tel: +32(0)69 68 94 26 Fax: +32(0)69 68 87 82
料金:一般5.00 EUR、20名以上の団体4.75 EUR
開館時間:4/1~5/14の土日祝と5/15~10/15の毎日13:00~18:00、団体は予約により通年10:00~18:00可。

http://www.beloeil.be/

アットル城 Château d'Attre
アットルの領主フランソワ・フィリップ・ゴムニーが1752年に建造。建築当時のままに保存されたベルギー唯一の城。ロカイユ様式の内装が素晴らしい。どの部屋にも18世紀の椅子、箪笥、テーブル、コンソール、ガラス器、磁器、その他の小装飾品が配置され、16~18世紀の絵画で美しく飾られている。幻想的な人口岩を用いた庭園も興味深い。アトの南東4km、モンスの北西18km。

所在地:Château d'Attre avenue du Chateau 8 - 7941 Attre
Tel: +32(0)68 45 44 60 Fax: +32(0)68 45 44 60
料金:一般5.50 EUR
開館時間:4~6、9~10月の日祝、7~8月の木~火10:00~12:00、14:00~18:00

http://www.brugelette.be/tourisme/attre.htm

アンギャン城の庭園 Parc du Château d'Enghien
名門ダランベール家の庭園。1630年から1665年にかけて造られた。面積は180ha以上。植物やエコロジーを中心とした「自然」コース、歴史に重きをおいた「公園」コース、様々な花や植物を見学できる「庭園」コースの3ルートがある。国鉄Enghien駅下車。

所在地:avenue Elisabeth - 7850 Enghien
料金:一般3 EUR、25名以上の団体2 EUR
開館時間:4~10月の毎日10:00~18:00、11~3月の土日10:00~17:00

http://www.enghien-edingen.be/

エコシンヌ・ラレン城 Château d'Ecaussinnes Lalaing
エノーのボードゥアン五世によって1184年に建造されたのが始まり。エコシンヌ家、ラレン家、クロイ家、ヴァン・デル・ブルク家などが所有し、その度に改築された。現在館内ではガラス器、磁器、陶器、古銭、絵画、彫像などの豊かなコレクションを展示。菜園も興味深い。国鉄Ecaussinnes駅下車。

所在地:Château Fort d'Ecaussines-Lalaing 7191 Ecaussines-Lalaing
Tel: +32(0)67 44 24 90 Fax: +32(0)67 44 24 90
料金:一般5 EUR
開館時間:4~6、9~10月は土日祝、7~8月は木~月10:00~12:00、14:00~18:00

http://www.chateaufort-ecaussinnes.be/

スネッフ城 Château de Seneffe
金融業、インド貿易、仏軍との取引などにより莫大な富を築いたジュリアン・ドゥペストル伯爵が1763年~68年に建てた城。建築家ロラン・ブノワ・ドゥウェズが設計。城館の他、温室、新古典様式の小劇場、22haの見事なフランス庭園がある。1978年から銀器博物館として利用され、17~18世紀のヨーロッパ産銀器約800点が展示されている。ブリュッセルの南南西40km、シャルルロワの北西20km。国鉄Manage駅の北北東5km。

所在地:6, rue Lucien Plasman - 7180 Seneffe
Tel: +32(0)64 55 69 13 Fax: +32(0)64 55 69 35
料金:一般4.96 EUR、60歳以上3.72 EUR
開館時間:火~日10:00~18:00
閉館日:月、12/25、1/1

http://www.chateaudeseneffe.be/

シメイ城 Château de Chimay
ルネサンス様式の城でもとシメイ家が所有、のちにクロイ家の所有となり、19世紀初頭にリケ家の所有となり現在に至る。1935年に火災にあったがその後改修された。中世の主塔、ゴシック様式の暖炉、ネオクラシック様式の劇場を備える。劇場は現在もコンサート等に利用されている。有名なシメイビールの生産工場はすぐそば。シャルルロワの南50km。

所在地:Château de Chimay 14, rue du Chateau - 6460 Chimay
Tel: +32(0)60 21 44 44 Fax: +32(0)60 21 23 24
料金:一般6 EUR、20名以上の団体5 EUR
開館時間:ガイド付き見学のみ、復活祭~9月10:00、11:00、15:00、16:00、10~3月は要予約

http://www.chateaudechimay.com/

[top]

ナミュール、ディナン近郊/ナミュール州
コロワ・ル・シャトー城 Château de Corroy-le-Château
ヴィアンデン伯が1270年に築いた城。13世紀の城館建築の特徴を良く保存する。内部には多くの美術工芸品が展示。現在も人が住む。ナミュールの北西約15km。Gembleux駅の南西4km。

所在地:Château de Corroy-le-Chateau 5032 Corroy-le-Chateau
Tel: +32(0)81 63 32 32 Fax: +32(0)81 63 33 75
開館時間:5~9月の日10:00~12:00、14:00~18:00(7~8月は土も開館)
http://www.ftpn.be/

ナミュール城塞 Citadelle de Namur
ムーズ川とサンブル川の合流点に位置する広大な敷地(8ha)にある城塞。武器博物館、地下道見学などを含む約2時間の見学コースがある。カフェテリアや宴会場の利用のほか、団体向けの食事手配も可。ナミュール市の中心。

所在地:8, route Merveilleuse - 5000 Namur
Tel: +32(0)81 22 68 29 Fax: +32(0)81 22 93 66
料金:一般6 EUR、団体5.25 EUR
開館時間:4~9月は毎日、10月は土日祝11:00~18:00

http://www.citadelle.namur.be/

アンヌヴォワ城 Château d'Annevoie
随所に噴水を配した12ヘクタールのすばらしい庭園。もともと17世紀にアロワ家がここに城を建てたのが始まりだが、1758年にシャルル・アレクシ・ド・モンペリエが城主となったときから城と庭園の様はがらりと変わった。フランスやイタリアを広く旅して城館や庭園設計の知識を深めたこの人物は、天才的な創造力と技術を駆使して機械を一切使用しない噴水庭園をこの地に造成した。イタリア式、イギリス式、フランス式などの数々の区画に分かれたうるおいあふれる庭々が見学者をいつも新鮮な驚きに誘う。ナミュールの南南西18km、ディナンの北8km。

所在地:47, rue des Jardins - 5537 Annevoie
Tel: +32(0)82 61 11 78 Fax: +32(0)82 61 47 47
料金:一般6.20 EUR、20名以上の団体4.50 EUR
開館時間:4/1~9/15毎日9:30~18:30、9/16~11/1毎日9:30~17:30
閉館日:11/2~3/31

http://www.jardins.dannevoie.be/

ディナン城塞 Citadelle de Dinant
高さ100mの崖の上に建つこの砦へは400段の階段かロープウェイでアクセス。眼下を流れるムーズ川とディナン旧市街のすばらしい眺め。レストランあり。ディナン市の中心。

所在地:Citadelle de Dinant 5500 Dinant
Tel: +32(0)82 22 36 70 Fax: +32(0)82 22 65 04
料金:一般5.20 EUR、20名以上の団体4.10 EUR
開館時間:4~10月は毎日、11~3月は土~木、1月は土日、ガイド付き見学のみ、10:00~17:00(4~10月は18:00)、20分毎に出発。

http://www.citadellededinant.be/

フレイール城 Château de Freÿr
16世紀頃より煉瓦で建造されたムーズ地方ルネサンス様式およびルイ十五世様式の城。あたり一面にスネイデルの壁画(狩猟図)を施した玄関ホール、ロココ様式の小礼拝堂、など内部も興味深い。18世紀に造られた3段テラスのフランス庭園も美しい。1675年にルイ十四世がディナン攻囲の際に滞在したことでも知られる。ムーズ川を挟んだ対岸にある2箇所の見晴台(Dinant - Beauraing N95)から庭園の全景が一望できる。ディナンの南西6km。国鉄Anseremme駅の南西5km。

所在地:12, Freyr - 5540 Hastiere
Tel: +32(0)82 22 22 00 Fax: +32(0)82 22 83 23
料金:一般6 EUR、20名以上の団体5 EUR
開館時間:予約なしのガイド付き見学4~9月の土日祝と7~8月の火~金11:00、14:30、16:00、10~3月の日曜15:00、予約によるガイド付き見学は通年可(1団体20名まで125 EUR、それ以上は1名につき5 EUR)

http://www.freyr.be/

ヴェーヴ城 Château de Vêves
どんな城よりも城らしい5つの円塔のシルエットで有名。かつてディナンの人々によって破壊されたままとなっていた13世紀頃に起源をもつ城の残骸は、1410年以降、ボーフォール・ド・セル家によって現在の姿に変身した。外観は15世紀城館建築の趣を保つが、内部は17~18世紀に渡る徹底的な改造が施されている。大広間のみが15世紀の様式で、その他はルイ十五世、ルイ十六世様式が中心。現在も城主リードケルク・ボーフォール伯の細かな配慮による修繕等のおかげで美しい姿を保つ。ディナンの南東6km。国鉄Gendron-Cellesの北4km。

所在地:5, Noisy - 5561 Celles-Houyet
Tel: +32(0)82 66 63 95 Fax: +32(0)82 66 60 36

http://www.chateau-de-veves.be/

ラヴォー・サン・タンヌ城 Château de Lavaux-Sainte-Anne
13世紀頃ジャック・ド・ウェランがこの地に要塞を建てたのが城の起源。しかし現存するほとんどの部分は15世紀に城を所有したベルロ家のジャン一世とジャン二世によるもの。円筒形の巨大な3本の隅塔と1本の主塔が印象的で、当時の優れた軍事建築の好例となっている。1630年に城を購入したルーヴロワ男爵は城壁の一部を取り壊し、中庭のファサードをイタリア風に変更するなどした。19世紀に至っても様々に城主が変わり、ついには棄てられた状態となったが、1934年以降はルモニエ男爵夫人の尽力により、ふたたび美しい城としての生命を取り戻している。現在は狩猟博物館として公開中。ディナンの南東20km。

所在地:5580 Lavaux-Sainte-Anne
Tel: +32(0)84 38 83 62 Fax: +32(0)84 38 73 02
料金:一般5.50 EUR、20名以上の団体5.20 EUR
開館時間:毎日9:00~18:00(7~8月は19:00まで)
閉館日:1/1

http://www.chateau-lavaux.com/

[top]

リエージュ近郊/リエージュ州
ジュエ城 Château de Jehay
水濠に格子紋様のファサードを映す姿がロマンチックで印象的。現在の城館はヘルマン・ド・サール家が16世紀に建造した。18世紀に城を所有したヴァン・デン・ステーン家は内装に大規模な変更をもたらした。1860年には中庭がネオゴシック様式に変更。この中庭にはさらにアルフォンス・バラの装飾が加えられている。家具、食器、タペストリー、絵画等の豊かなコレクション。数々のブロンズ像を配したイタリア庭園も面白い。リエージュの南西20km。国鉄Haute-Flone駅の北西2km。

所在地:1, rue du Parc - 4540 Amay
Tel: +32(0)85 31 17 16 Fax: +32(0)85 32 84 64
料金:一般5 EUR、団体4 EUR
開館時間:5~9月の土日11:00~18:00、6月の水14:00~17:00、7~8月の火~金14:00~18:00、9月の火~水14:00~17:00、団体は予約により4~10月可

http://culture.prov-liege.be/home.go

モダーヴ城 Château de Modave
ワロン地方で最もすばらしい城のひとつ。モダーヴ家、オートペンヌ家、サン・フォンテーヌ家が暮らした13世紀に遡る中世の城塞基部を利用しつつ、1658年にマルシャン伯が全面的にフランス様式に改築した城。峨々たる懸崖に威容を見せる。内装も素晴らしく、なかでもジャン・クリスティアン・アンシュによる32貴族の家系図をあらわした135平米の天井スタッコ彫刻は西欧でも唯一の作例。その他、タペストリーや各種調度やモダーヴ城オリジナルのジアン窯ファイアンス陶器のコレクションも興味深い。入館料にはオーディオガイド利用も含まれる。12/25前後の特別公開日はクリスマスデコレーションが美しい。城内の付属小礼拝堂では日本人カップルの挙式も可。附設の施設(400?)はレセプション、セミナー等にレンタルできる。レストラン・カフェテリア有。ナミュールの東35km。ユイの南東10km。

所在地:Château des Comtes de Marchin 4577 Modave
Tel: +32(0)85 41 13 69 Fax: +32(0)85 41 26 76
料金:一般6 EUR、25名以上の団体5 EUR
開館時間:4/1~11/16、12/25前後の数日間、1/1の9:00~18:00
閉館日:11/17~3/31(団体は予約により可)

http://www.modave-castle.be/

ラインハルトシュタイン城 Château de Reinhardstein
もともとリュクサンブール公国北部の防御のためにリュクサンブール公ウェンセスラスの命を受けたルノー・ド・ウェイムが1354年に建造した城。1550年以降、ウイーン会議の主催者として著名なメッテルニッヒ宰相の父(駐ブリュッセルオーストリア全権大使)の代まで一族が3世紀に渡って所有したが、19世紀にほぼ廃墟の状態で売却され、1965年よりオーヴェルロープ教授によって全面的に修改築された。今日は1966年より教授とともに修復作業に携わってきたドフォッサ氏が家族と城に暮らしながら館長を務める。騎士の間や礼拝堂はとくに素晴らしい。それぞれの間には教授の古物コレクションが所狭しと並ぶ。マルメディの北東10km。

所在地:4950 Ovifat-Robertville
Tel: +32(0)80 44 68  Fax: +32(0)80 44 69 99
料金:一般5.5 EUR
開館時間:ガイド付き見学のみ。6/15~9/15の日祝、復活祭、キリスト昇天祭、聖霊降臨祭14:15~17:15、7~8月の木土15:30

http://users.skynet.be/sart/ch/index.htm

[top]

リュクサンブール州
ロッシュ・アン・アルデンヌ 城塞の廃墟
古くは9世紀頃に起源をもつとされる中世の城塞の廃墟。現存する城塞は主として12世紀のナミュール伯アンリの手によるもの。円塔や地下牢などの中世城塞の特徴をよく遺す。デュルビュイの南東20km、マルシュ・アン・ファメンヌの東南東18km。

所在地:6980 La Roche -en-Ardenne
Tel: +32(0)84 36 77 36
料金:一般3.50 EUR、団体2.50 EUR
開館時間:4~6、9~10月の毎日10:00~12:00、14:00~17:00、7~8月の毎日10:00~19:00、11~3月の月~金13:30~16:30、土日10:00~12:00、14:00~16:00
閉館日:雪、雨氷の日は閉館

http://www.laroche.be/

ブイヨン城 Château Fort de Bouillon
ベルギーで最も保存がよく、最も古い城のひとつ。第一次十字軍を指揮したゴッドフロワ・ド・ブイヨン伯の持城。伯は十字軍出発にあたり、この城をリエージュ司教オトベールに売却した。立地、防御ともに優れていたため、18~19世紀もなお仏軍、蘭軍によって要塞として使用されつづけた。様々に工夫を凝らした数多くの部屋を擁する城内をほぼ一巡できる見学コースがある。国鉄Paliseul駅の南西14km、ディナンの南東54km。

所在地:Chateau Fort, B.P. 13 - 6830 Bouillon
Tel: +32(0)61 46 62 57 Fax: +32(0)61 46 42 12
料金:一般4 EUR、20名以上の団体3.50 EUR
開館時間:1~2、12月は月~金13:00~17:00、土日10:00~17:00、3、10~11月は10:00~17:00、4~6、9月は月~金10:00~18:00、土日10:00~19:00、7~8月10:00~19:00
閉館日:1/1、12/25

[top]

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル

ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル
Belgian Tourist Office Wallonia - Brussels

ベルギー観光局

ベルギー観光局
ワロン・ブリュッセル本局

ブリュッセル観光局

ブリュッセル本局

Hot News

データ読み込み中…

スタッフブログ「風だより」

データ読み込み中…