ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー南部の自然豊かな地方。
ゆったりとした時間が流れています。

東部ドイツ語圏

ベルギー観光局ワロン地方|東部ドイツ語圏

オート・ファーニュなど自然豊かなオランダ・ドイツとの国境地域

ワロン地方の東側、オランダやドイツに近い地域、リエージュ州の一部がドイツ語圏となっています。 ユーペンはカーニヴァルで有名な東部ドイツ語圏の代表的な町。また、ベルギーの最高地点ボトランジュなどのあるオートファーニュの湿原ではハイキングを楽しむこともできます。

東部ドイツ語圏に関する情報はこちら >>

Hautes Fagnes
オートファーニュ

オート・ファーニュ自然保護区
© JL.Flémal

はるか彼方にドイツとオランダを見晴らす、 氷河によって作られた広大な湿原自然保護区 。海抜600メートルのベルギーの最高地にある高層湿原で最も高いところで694メートルです。アルデンヌの森が連なる台地周辺一帯は気候が荒れやすく、降雨量は年間を通じて多く風が強いため、その気候は海抜1200メートルから1300メートル地帯に相当し、スカンジナビア半島と同じ植生、生物相が見受けられます。

観光スポット

オート・ファーニュ自然保護区

オート・ファーニュ自然保護区

1957年、正式にオート・ファーニュ自然保護区として認められ、その当時2041ヘクタールの広さでしたが、今では4000ヘクタールの大きさとなっています。リエージュ大学によって、研究所が設置されています。さらに1971年にはオート・ファーニュ=アイフェル自然公園Parc naturel Hautes Fagnes-Eifelとなり、保護へと大きな一歩を踏み出しました。湿地、草原、森林、谷、渓流など自然の変化に富んだ景観がほぼ手つかずの状態で残されています。 ボトランジュ自然公園センターでは、自然に関するビデオの上映や資料などの展示があります。ウォーキングツアーや自転車ツアーの予約も対応しています。

もっと知りたい

この台地は石英岩の土台からなり、所々で白色の石英岩の露頭が見られます。新生代第四紀のアルプス氷河の進行のなごりです。
気温が上昇した洪積紀、氷河は現在の位置まで退進し、動物たちのあるものは氷河とともに動き、あるものは北へ南へ移動しました。雪中生物は生き延びることができました。というのも平均気温6度という気象条件だけでなく、微粒の粘土質の地質にもよります。高地性と極地性の生物相として、昆虫類、蝶、蛾の類以外にも雷鳥、雄鹿類、狐、山猫などが棲息しています。

生育している植物のうち、とくに泥炭ゴケと呼ばれるミズゴケが一面に茂り、ミズゴケはその重さの10倍の水を含み泥炭となります。厚さ30センチから7メートルにもおよび、成長は100年で50センチから3メートルにもなります。その結果、沼が生まれます。水は酸性を示す。泥炭が掘り出された後、土地は乾燥し、ヒースやブルーベリーなどの植物にとって代わります。(かって泥炭は燃料として使われた。)
問題はいかにこの湿原を守るか、植性、生物相などを保護するかです。1万5千年から2万年前にかけて形成されたこの地域は(泥炭は7千年前頃生まれた)自然はそのまま残され、保存と保護が100年以上前から進められています。

ボトランジュ
Botrange

ボトランジュ
© JL.Flémal

アクセス:ブリュッセル中央駅からユーペンEupen行きICでヴェルヴィエVerviers下車、ヴェルヴィエからバス。所要時間約2時間15分。

ベルギーの最高地点(694m)。最高地点にはSignal de Botrangeと呼ばれる6mの塔があり、それを登るとちょうど700m地点となるようになっています。オートファーニュ湿原にあり、自然豊かな土地。ボトランジュ自然公園センターCentre Nature Botrange/では、ガイドツアー付ハイキングなども開催しています。

ボトランジュ自然公園センター
Centre Nature de Botrange
自然に関するビデオの上映や資料の展示があります。ガイドツアーなどもあります。
オーディオガイド+ビデオ料金:大人3竄ャ、子供1.20竄ャ、シニア2.50竄ャ
住所:Route de Botrange,131 B-4950 Robertville
Tel. +32 (0)80 44 03 00 - Fax +32 (0)80 44 44 29
E-mail:info@centrenaturebotrange.be
http://www.botrange.be/naccueil/en/

ページトップへ >>

Eupen
ユーペン(ドイツ語読みではオイペン)

ユーペン
© JL.Flémal

人口17.500人。1944年にドイツからベルギーに返還された歴史を持つベルギードイツ語共同体の中心地で、この地域の経済の中心です。リエージュから34km、またベルギーとオランダの国境から25kmに位置しています。ユーペンの祭りは有名で、主な見どころは、聖ニコラス教会(Eglise Saint-Nicolas)、ヴェドル川ダム、ユーペン博物館など。

ユーペンに関する詳しい情報はこちら >>

アクセス

ベルギー国鉄

ブリュッセルからEUPEN行きIC利用で約2時間、リエージュからは約40分。

観光スポット

ユーペン博物館
Musee de la ville d’Eupen, Eupener Stadtmuseum

Gaspert 52 B-4700 EUPEN
Tel・Fax : +32(0) 87 74 00 05
E-mail:Stadtmuseum.eupen@swing.be

開館:火~金.: 9:30-12:00, 13:00-16:00
土: 14:00-17:00
日: 10:00-12:00 , 14:00-17:00
この博物館ではユーペンの歴史を辿りながら、そのユニークな町の生活様式について知ることができます。
現在博物館として使用されている建物は、あるラシャ製造業者の家として実際に使われていたものです。館内はいくつかのセクションに別れており、それぞれで世界各国から集められた大時計や金銀細工品などが展示されています。
また最後のブースでは鮮やかな衣装で有名なカーニヴァルの展示を通して、ユーペンの伝統を学ぶことができます。
休館:月曜日、年末年始、カーニヴァルの期間中
入館料:大人1.5ユーロ、子供・シニア1ユーロ、(毎月第一日曜日無料)
ガイドツアー(仏語または独語):10ユーロ

チョコレート博物館”ジャック”
Musee du Chocolat Jacques, Schokoladenmuseum Jacques

Barry-Callebaut Belgium-Division Jacques Rue delindustrie16 Indusrtiestr.16-B-4700 EUPEN
Tel : +32(0)87/59 29 67
Fax : +32(0)87/59 29 29
E-mail:musee@chocojaques

ユーペンで開業した、ポピュラーなチョコ’ジャック‘の博物館兼ショップ。
以前チョコレート製造に使われていた道具やビデオを通し、その起源、歴史、製造方法などを学ぶことができます。
また、実際に使用されている工房を覗くこともでき、ジャックの製品がどのように生まれてくるのか目にすることができます。
併設しているショップ‘La Maison du Chocolat’では、プラリネをはじめ、ビスケットやマジパンなど種々のジャック製品が購入可能。
開館:月~金 9:00~17:00, 受付終了16:30
閉館:2010年は 8月31日、11月1日、11月11日、11月12日、12月26日~31日
入館料:13歳以上 2ユーロ、6~12歳 1ユーロ
ガイドツアー:3ユーロ(所要1時間、10名以上要予約、チョコレート試食付)

ページトップへ >>

Malmédy
マルメディ

クワルメ
© JL.Flémal

町の歴史は7世紀にさかのぼり、修道院の設立とともに始まります。スタヴロ・マルメディ修道院のもと公国として栄えてきたがナポレオン敗北後に分離しました。毎年開催されるクワルメCwarméと呼ばれるカーニヴァルの祭りは有名です。

マルメディに関する詳しい情報はこちら >>

アクセス

ブリュッセル中央駅からユーペンEupen行きICでヴェルヴィエ・セントラルVerviers Central駅下車、そこからL(ローカル)列車にて一駅行ったヴェルヴィエ・パレVerviers Palais駅からバス。所要時間約2時間40分。

陶器博物館
Musée de la Poterie, Topfereimuseum

Burgstrasse 103-B-4730 Raeren
Tel: +32(0)87/85 09 03
Fax: +32(0)87/85 09 02

14世紀に建てられた古城を利用した陶器の博物館。15世紀から18世紀頃までラエレンはライン地方で最も陶器作りで有名な町でした。そしてこの博物館は1963年にオープンしました。
所蔵品は15世紀から18世紀のラエレン産の陶器を中心に、ローマ陶器、現代陶器まで、2000点以上におよびます。城も一見の価値あり。
開館:火~日 10:00~17:00
休館:月
入場料:大人 2.5ユーロ、グループ12~18歳、シニア 1.5ユーロ、11歳以下無料
ガイドツアー:25ユーロ(最大25人まで)

ページトップへ >>

Sankt Vith
サンクト・ヴィット

12世紀ごろに町がおこり、14世紀頃作られた城壁が今も残っています。第二次世界大戦の際、ドイツ軍による空爆で町の大部分が破壊されてしまいましたが、その後再建されました。

ザンクト・ヴィットに関する詳しい情報はこちら >>

ザンクト・ヴィット地域博物館
Musée de la Vie Régionale, Heimatmuseum

Zwischen Venn und Schneife,
Schwarzer Weg 6 -B-4780 Sankt Vith
Tel : +32(0)80/22 92 09

この地域の伝統を伝える博物館。建物は19世紀に建てられた住居を使用し、調度品や衣服、職人の工具、農具などが展示されています。
開館:月~木 13:00~17:00、金 13:00~16:00、土 14:00~16:00、日14:00~17:00 (グループで予約場合は上記の時間以外でも可)
入館料:大人 1ユーロ、子供または6人以上のグループ 0.75ユーロ
ガイドツアー:12.40ユーロ(一週間以上前に予約)

ページトップへ >>

スポーツ

ブーテンバッハ湖
© JL.Flémal

美しい豊かな自然により、バカンスの地として知られる東カントン地方は、ベルギー有数の水上スポーツのメッカでもあります。ブーテンバッハ湖 Le lac de ButgenbachやロベールヴィルダムBarrage de Robertvilleでは、広大な湖でヨットやカヤック、釣りなどを楽しむことができます。周辺にはレストランやホテル、キャンプ場も整備されており、家族や友人と充実した休日が過ごせます。

Centre sportif et touristique Worriken D.G.G.
Tel: +32 (0)80/44 69 61 - +32 (0)80/44 42 44
E-mail: info@worriken.com
http://www.worriken.be

ページトップへ >>

ベルギー観光局ワロン地方

ベルギー観光局ワロン地方
Belgian Tourist Office Wallonia

ベルギー観光局

Belgian Tourist Office Wallonia

Hot News

データ読み込み中…